ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
得意
2018/03/15 08:26:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

おまたせ
2018/03/12 10:37:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
カーネクストはアフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースがごく普通にあります。

 

・一般的な乗用車はもちろん商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も国外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が当たり前になっています。

 

日本車の耐久性の高さは、過去数十年の実績が証明しているところです。



コメント(0)
トラックバック(0)

処分
2018/03/06 09:21:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

廃車でも買い取りできるようになった最大の要因は、自動車リサイクル券です。リサイクル券があることで、業者はコストを負担することなく廃車処分が可能になりました。そのため、お金になる部分を再販することで利益を生むビジネスモデルに変わったのです。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

マックス
2018/02/26 10:32:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
マスコミより身近な人の声ってかなり信頼できますからね。
¶¶それで調べてみたわけです(⇒マックスレンズ 口コミ クーポン
ÅÅÅÅÅ
♂♂以前からときどき雑誌にも載っていましたからね。
♂♂やはり知っている人は知っているということなんですよね。

コメント(0)
トラックバック(0)

処分
2018/02/21 09:56:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
でも、違うんです!

 

今ではそんなことはありません。

 

ディーラーで査定0円と言われた車、事故車、不動車、故障車、水没車でも、よほどのレアケースを除いて、どんな車も「買取」の対象となるんです!

 

古いから、動かないから、だから「処分料が必要」というのは昔の話です。

 

今はそういう車でもお金を受け取れる(買い取りしてもらえる)時代になったのです。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]