ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
2つの結婚行進曲。
2010/12/18 20:52:47 ブログカテゴリ 結婚 | 書庫 プランナーメモ
2010年12月18日(土) ブラッド・ピットの誕生日



今日は結婚式で演奏される、「結婚行進曲」について





「結婚行進曲」といえば


メンデルスゾーンの結婚行進曲

そして、

ワーグナーの結婚行進曲


が、代表的。



ドイツの作曲家
フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した結婚行進曲は

ウィリアム・シェークスピアの戯曲「真夏の夜の夢」の
劇付随音楽の中の1曲。

テンポが早くて全体的に華やかなイメージがあります。



同じくドイツの作曲家
リヒャルト・ワーグナーが作曲した結婚行進曲は
正確には「婚礼の合唱」といいます。


これはオペラ「ローエングリン」の中の一曲で
劇中の結婚式の場面で演奏される、混声合唱の
堂々とした華やかな曲となっています。



メンデルスゾーンの結婚行進曲より
おごそかなワーグナーの結婚行進曲は

式の入場に使われることが多く


逆に、退場には

華やかなメンデルスゾーンの曲が使われることが
多いようです。




ちなみに、ワーグナーの結婚行進曲が使われている
オペラ「ローエングリン」は

意外にも悲劇、なんだそう。

それも、かなり絶望的なストーリー

らしい。



本当に意外ですが
ストーリーと関係なくこの曲は
世界中で人気の結婚式の曲になっています。






コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

以外ですね。そんな曲が結婚式に使われているなんて!
2011/02/01 14:51:24 [ ブレスレットにも ]

>ブレスレットにもさん

コメントありがとうございます。

ホントに意外ですよね、知ってみると。

でもこの2曲とも、今では本当に
結婚式には欠かせない曲になっています。

2011/02/13 02:12:44 [ 西島本舞 ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。