ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ハジチを染める
2013/03/09 20:35:47 ブログカテゴリ 結婚 | 書庫 プランナーメモ

2013年3月9日(土)感謝の日


今日は「ハジチ」の話。

 

例えば、

結婚の時に4つのものを身に着けると
幸せになれるというサムシングフォーなど

幸せな結婚を願うジンクスや言い伝えは
世界にもたくさんありますし
ここ沖縄、石垣島にももちろんあります。

 


その中の一つが
沖縄での古くからの習慣で
結婚する女性が手の甲に入れていた入れ墨「ハジチ」。

 


ハジチを施すときの苦痛は

女性はこの苦痛に耐えてこそ
結婚後の家庭でのあらゆる苦しみも
克服できる


とされていたそうで

今の私たちにはその痛みの程は計り知れないけれど

手の甲に染められたハジチの模様には
そのひとつひとつに
結婚する女性への
結婚後の幸せを願った意味があることを知りました。

 


例えば
両手の親指に染められた「矢」の模様。

これは

一旦嫁いだならば
矢のように、帰ってきませんように。



両手の親指以外の4本の指には
「竹の葉(タキヌパー)」。

これは、節操を守るように。



右手の親指以外の4本の指の付け根には
■で表した「重箱(ズブリ)」の模様。

これは

厳格さを持って事に当たり
食に恵まれるように、の願い。



左手の親指以外の4本の指の付け根と
左手の甲の中央には、
大きさの違う「十字マンダナ」と「マンダナ―マ」。

これは機織りの道具を表したもので、
布織り上手になりますようにの想い。


他にも

左手手首のカザグルマの模様や
右手手首の五つ星(クデーマ)
右手の甲の中央にはツキンガナス(お月様)を表した
●の模様など。

 

 


いつの世にも、どこの国にも地域にも
結婚する花嫁の末永く続く幸せを願う
ジンクスや言い伝えがたくさんあります。



この島の幸せな結婚を願う「ハジチ」を取り入れた
ウエディングプロデュースやご提案も
私のプランナーの引き出しのひとつに入っています。



 



コメント(0)
トラックバック(0)