ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
かなしい 総理 市長
2010/05/25 09:10:37 ブログカテゴリ 失恋 | 書庫 全般
 あのナポレオンに戦争の無い国、大砲も刀も無い不思議な国、と驚かせた、琉球王国・・・
薩摩藩は無抵抗の琉球王国を統幕軍資金捻出の道具にしようと土足で踏みにじった。
第二次世界大戦、敗戦でわが子同然の沖縄を戦利品として異民族へ差し出した、長期間の蹂躙されてきたが、
 わが日本国の鳩山総理大臣沖縄から米軍基地を撤去する、と言って県民を騙したんだナ、日本国民なら戦後の長い間、今日まで沖縄を差別的立場に立てて来たのだから、これからは私達が替わります、沖縄の皆さんご苦労様でした、と言う事に成るのが人間だ! 日本人だよ! ・・・残念! これかからも沖縄の犠牲の上に の〜ほんと生きていたいのかナ?
 鳩山首相も抑止力効果を言うのだったら、日本が今、アジアの中の何処に居て何をすることが先決か毅然と決断する大切な時、言っている事が七変化のあまり、総理大臣の人間性まで考えさせる様では一国の戸主にはなれない! 国民の悲劇だ。
 社会安定度日本一と言わしめた石垣市、サラに是以上の日本一の石垣市にしたいと言って、先の市長選挙で有史以来の得票で颯爽と彗星の如く出現した「中山義隆市長」なんと最初の市政方針を盗用した、参考にしたと言う・・・自分の肉声でない事は市民に冒瀆だ、首長として以ての外だ、資質に甚だしく欠落する。
石垣市民は、前市政16年の実績の上に「ゆたか、安全、安定」を実感の上で、目が眩んだのか? 私は大好きな石垣島に人生の半分を過してきたが・・・帰ろうかなと童謡が浮かぶ・・・・悲しいね・・・。

コメント(0)
トラックバック(0)