ごーやーどっとネット沖縄 こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
毎日の練習に弱音を吐かず、監督・コーチの厳しい指導にもついてく部員、厳しさの中には愛がある。だからこそ部員は毎日ボールを追いかける。これから起こる部員の成長をこの目で一瞬一瞬見届けたい・・・少年期の彼らの青春の1ページ今スタートです。
少年野球〜本部少年野球クラブ〜秋季大会(2)
2010/11/08 00:00:00 ブログカテゴリ 本部町 | 書庫 秋季大会

少年野球〜本部少年野球クラブ〜秋季大会 その2 11月7日(日)

六年生最後の秋季大会 誰も最後だとは思ってもいなかった 試合後も思っていなかった・・・
だけど 監督 コーチの挨拶から 何度も最後だという言葉が 聞こえた・・・・
それでも最後だとは思いたくない 思えない  考えたくない 現実が辛いのかもしれない

部員の勇ましい顔しってますか彼らが普段見せない顔をお父さん お母さん 幾つしってますか
90分の試合の中で彼らが見せる顔 ドラマがあります

 
小さいけど一つ一つ丁寧にこなしていく
動揺する顔 見たことがない芯の強い少年です

いつの日か小さなお母さんを守ってくれるだろうな 








皆にいつも冷やかされたり、いたずらされている少年。
それって どういう事なのかしってますか 


それゃぁー 好かれてるからでしょう 
きれいなお母さんに今の内に沢山甘えてね。
かん高い声 マネージャーは忘れません。




頼りがいになる少年

悔しい思いを沢山してきたね 時に見せる涙・・・
流した数だけ 強くなれるよ・・・

お父さんは黙って いつも 見守っているんだね






お父さんは父母会長
お父さんに似て正義感強い少年
性格は優しくいつも片づけ等率先してますね。
卒業までキャプテンとして 頑張ろう。
いい感じでビッチャーできたね。






目力の強い無駄な言葉を言わない少年

入部は遅かったけど どうにか追いついてこれたかな
イメージトレーニングをするようになったね







ずっーーーと故障をしていて 最近復活
だけど今は我慢がまん・・・
もう少し体を休めて 来年から力を見せて欲しい。

休んだ分 心も成長していたね



        



内野部員には二人の五年
外野には一人の五年 三人が入っての試合

黙々とこなす技はたいしたもの。


何が私らにかけているのか 追及していくのが今後の課題だと
マネージャーは思う。
部員のマネージャーだとは思ってません。
すべてのマネージャーでいるつもりです。



今試合 雨がいたずらをしてくれるかもって いいように望んだ・・・
四点最初にとったが その後 四点とられた・・・・

野球って競技は難しすぎだなぁーーと実感 その中で戦う君たちは 成長しないはずがない
自然との天候の中で 初めてのグランドの状態 雨 風 太陽のあたり いろいろ計算して進めていく・・・
体育館ではない事・・・いろんな事を監督やコーチ お父さんから学んで 自分のものにしていく・・・
素敵だね野球少年は・・・こんな素敵な環境に感謝し 皆で育っていこう。

マネージャーより
我が本部少年野球クラブブログに立ち寄って頂きありがとうございます。
時には温かいコメント宜しくお願いします。優しい言葉だけ頂きたいと思います。
我が子のように見守っている監督に感謝感謝でありがとうございます。



コメント(4)
トラックバック(0)