八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
竹富島のデイゴの花
2008/04/19 20:33:10 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 

八重山毎日新聞にも デイゴの花の記事が載っていましたが、ここ数年デイゴの花が、開花しなくなり
 ました。 かつて八重山の入学式、卒業式の祝辞には必ずといってもいい程 デイゴの花が出てきた 
 し、式典を飾る大きな盛り花にも真紅のデイゴの花が、艶やかに飾られていました。郊外をバイクで走
 行する時に大木のデイゴのを見上げても葉のみ茂っていて、花が見えません。
 今日 久しぶりに竹富島に行ってきました。港から集落に行く道路のデイゴ並木にデイゴの花の咲いて
 いるのをみつけ 思わず写真を撮りました。ちらほらとしか咲いていませんが、ほとんどの木に花が
 咲いていました。 沖縄県の県花といえば、デイゴ。幻の花といわれる事なく、以前のように真紅の
 花を艶やかな咲き誇るように。 八重山の経済復興 と共に重ね合わせて願いを託しています。
 右の写真の花は、アメリカデイゴ 強健で毎年たくさんの花を咲かせます。



コメント(0)
トラックバック(0)

平和の文化と子ども展 お母さん達の声
2008/04/19 12:31:07 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

子供達の瞳は、無垢なベビーブルー 透明な青の石垣ブルーの海の色です。
 大人になっても 透明なベビーブルーの瞳でいて欲しい。 世のために人のためにお役にたつような
 優しい大人になって欲しい と願う親の気持ち 想いは 子供たちの心にきっと強く深く伝わって
 行く事でしょう。島を離れて都会へと旅立った子供達へ 石垣島の透明なブルーの海をいつまでも
 忘れないでね。平和の文化と子ども展を観て 感動したお母さん達の声をお世話になった方から
 電子メールで戴き、あまりにも素晴らしいので 紹介させて戴きます。

 ・子ども展2日目の声をお届け致します。・?展示場内の雰囲気に心打たれました。来場者が子供達への平和を祈る心で満ちあふれ、何か温かいものに包み込まれているような気持ちになりました。?自分の子育てを振り返りながらひとつひとつの絵やデーターを観て納得したり子供を信じていなかったこと等が思い出され反省しました。?展示会と聞いて、文章をたくさん読まなければいけないのかと思っていましたが、イラストや写真でとてもわかりやすパネルでした。また、言葉がこんなにも心を動かすものかと、てとも感動しました。子供達は本当に人類の宝ですね。?写真に写っている子供達の笑顔と目を見ることで逆に私がいやされ、励まされました。?とてもよかった。負けてはいけないと思いました。一字一字ゆっくりと全部読みました。すごいね〜池田先生の詩。すごいと思う。?子ども展をみて、自分は石垣でごはんも食べられて、学校にも行けていつもふつうに過ごせているけど、世界のいろんな国では今日死ぬかもしれない生活をしていて、自分がどんだけ幸せかわかりました。これからも、感謝の気持
ちを忘れずに一日一日を大切にいきたいです。そして、募金などのできる機会があれば、自分のもっているお金の3分の1を募金したいです。感動の声が2日目も広がっております・ さあ〜今日、明日と残す2日となりました。展示は午後8時半までです。明日の最終日は午後4時まで。全市民に是非見せてあげたいですね。



コメント(0)
トラックバック(0)

平和の文化と子ども展を観て
2008/04/19 00:57:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

石垣市民会館 中ホールにて開催されている 平和の文化と子ども展を観てきました。
 会場いっぱいに 大きなパネルで 判りやすくテーマごとに 説明されていました。
 part1 日本に住む子どもたち part2 同じ地球に住む子どもたち
 part3 いのち輝く子どもたち part4 子どもの幸福のために

 パネルの中で一番 心に残ったのを抜粋して紹介します。

 子どもは、自分の事をどう見ている?
 〜自分に自信を持つ。自分に価値があると思う。自分を尊敬する。〜
 子どもが、このように自己を肯定する事は、人格の発達や成績の向上、周りの人達とよい
 人間関係を築く事。また精神的な安定にも繋がっていきます。自己肯定の心は、自己を受け入れ
 好きになる事から形づくられていきます。
 自分の事を[好き]という子どもは、自分の事を[優しい] [人に好かれる] [理解しあえる友達がいる]
 [自分には良いところがある]というように自分を肯定的に見ています。
 自己肯定は、他者との関わりから子どもの成長において、人との関わりは大事な要素です。
 自己を肯定する心は、身近な人間関係の中で育っていきます。他者と尊敬し信頼しあう関わりあい
 を持つ事によって、自分を好きになり 他人をも好きになって 互いの[存在価値]を認め合う事が
 できるようになるのです。

 他にも素晴らしいパネルもたくさんありました。 人として生まれ、自分を愛し人を愛し
 人生を謳歌し 心に平和がある。 それは、宗教を問わず全ての人達の 望みだと思います。
 愛と優しさがあれば、この世は平和で戦争もありません。
 人を慈しむ豊かな心 かけがえのない愛する子どもたちと 平和の文化と子ども展を観て
 もう一度 その心を思い出しませんか?

 写真は、市民会館の中庭にある小さな池に咲いている蓮の花です。



コメント(0)
トラックバック(0)