八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
原風景を撮り戻そう!バスツアー
2008/04/20 23:51:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 

 今日は、島の未来を考える島民会議 主催の 原風景を撮り戻そう!バスツアーに参加しました。
 市内からバスで移動の間 ガイドの谷崎氏から コース予定の 大里、白保さんごの白保日曜市
 白保集落の佇まい、新川まいつばお嶽、文化財指定の入タ嵩西家住宅の説明 石垣島の地層の話
 などを 判り易く説明してくれました。お弁当と飲み物持参。
 皆さん、遠足気分で楽しそうに話を聞きながらの原風景をめざして、ショートトラベルです。
 まず白保日曜市に到着。白保の画像は、昔から大切に守られてきた集落の佇まいの写真と共に後日
 画像アップです。
 
 石垣島最後の里山 田園風景 大里は、若草色の草木が萌え、美しい原風景でした。
 ガイドの谷崎氏によると 昭和30年頃の原風景をそのまま残しているようです。湿地帯に咲く植物も
 初めて見るような植物が多く、谷崎氏が名前を教えてくれたり。のどかな丘陵地帯に松が一本そびえ立
 つ。大里部落の80才過ぎるおじいさんが、子供の頃にも松の木があったので、その木は樹齢100年は
 経っているでしょう。と教えてくれました。丘陵地帯を谷崎氏は、「かや場」と名前をつけました。
 かやが たくさん茂っている丘なので「かや場」らしいです。大里原風景辺りをしばし散策。
 若草の萌える香り 田園の水の香り 初夏を告げる花々の香り 場所により香りが違う。
 風が優しく通り過ぎる。 若草色の萌える 田園風景を眺める。
 すこぶる自分の五感と共鳴するような そして何故か ずっと以前にここに来たかのような 懐かしさ
 を感じました。      続く
 
 今日のバスツアーの参加者の写真展 「原風景を撮り戻そう!」写真展を石垣市立図書館にて開催
 予定だそうです。 5月8日〔木〕〜14日〔水〕 ← 島民会議の会員からの情報でした。



コメント(0)
トラックバック(0)