八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
今日は 島が熱く燃える日 豊年祭
2008/07/22 17:06:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 今日は八重山の各地にて いにしえから大切に継承されてきた 最大の祭り 豊年祭です 初夏のハーリーのどらの音から始まり 南の島は 熱き鼓動が響きわたり 豊年祭 そしてお盆のアンガマ と 賑わいを見せます。 写真は朝一番に近所の本名スーパーに買い物に行き 音を頼ってたどり着いた 字石垣のハタガシラの行列です。市内四ケ字の旗頭がマイツバおたけ前に集結 そして島の 熱く燃える 祭りが いよいよクライマックスを迎えます。携帯電話からの投稿でした。

コメント(0)
トラックバック(0)

カラスウリ
2008/07/22 00:08:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 自然散策大好き 野の花大好きなお友達から カラスウリの熟した赤い実の写メールが送られてきました。 まるでミニトマトのようです。 カラスウリの花も繊細な美しい花です。

コメント(0)
トラックバック(0)

明日は、石垣島の豊年祭
2008/07/21 21:20:08 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

明日 7月22日〔火〕は、島が熱く燃える日 いにしえから継承されてきた八重山の最大祭り

 豊年祭です。 市内の各字 新川・石垣・大川・登野城のお嶽では、祭り前になると地域の

 子供達や青年会や長老たちが集い 祭りの神前奉納の 棒術や獅子舞 婦人会の踊りなどの練習が

 毎夜 執り行われていました。

 石垣市の豊年祭の詳細は→http://islands.web.infoseek.co.jp/yaeyama/yonkaaza.htm

 今日の午前中に 新川のまいつばお嶽の前を通りかかると、夏の風物詩 豊年祭前に見られる

 大綱引き用の 綱の製作〔綱まかし〕をしていました。新川地区の人たちにより

 大きな綱が祭り前日にほぼ完成して、明日の祭りのクライマックス 大綱引きのスタンバイです。

 今ごろは、祭りの行われる四号線道路脇で、静かに明日の夜明けを待っているでしようか。



 旗頭の写真は、三年前の夕暮れに撮ったものです。 夕暮れ時の静寂な空間に見えますが

 牛若丸と弁慶の戦い そして大綱引き と祭りのクライマックスを迎え いよいよ終焉 という

 頃のものです。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

海からの贈り物 カメのペンダンド
2008/07/20 12:34:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 新しい作品を作りました。カメの甲羅にちゅらさんの島 小浜島のビーチで拾った優しい桜色の宝貝

 を使った南の島の夏のアクセサリーです。

 水晶とピンク珊瑚を組み合わせた 海からの贈り物 カメのペンダンドです。 

 
 パワーストーンの水晶と珊瑚は

 
 水晶  全てを浄化し、幸運を招く  無色透明な神秘的な魅力に満ちた石 クリスタル
     その結晶には、生命や聖霊が宿っているとされ、古代より霊石といわれてきました。

 珊瑚  潜在能力を開花させ、幸せを呼び込む
     母なる海からの贈り物 珊瑚 古代の人々は、海からやってきた美しいこの石には
     神経をリラックスしてくれるパワーがあると信じ、大切に利用してきました。

 商品のお問い合わせは 携帯電話 090-8294-0777



コメント(0)
トラックバック(0)

南島 美ら華でランチ♪
2008/07/17 19:50:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 初夏の昼下がりだったのでしょうか? 島の西方へのお仕事の帰りに少々遅い時間だったけど

 南島 美ら華〔ナントウ チュラハナ〕で昼食しました。

 数あるメニューに目移りするけど、ミックスフライ定食をオーダー。ソフトドリンク付きです。

 ニンニクで下味つけた新鮮な車海老や島の近海で採れた魚のフライ 衣がカリッと中はジューシー。

 しかもお味噌汁に車海老のエキスたっぷり入っていて、ゆし豆腐の具がまるで海老のすり身もどき

 です。他の日には、沖縄料理の定番 中身のおつゆが出てきました。



 お店のおすすめのメニューは「美ら華そば」で六種類の具→ソーキ・軟骨・三枚肉・八重山かまぼこ
 車海老・野菜炒め だそうです。夜は、居酒屋メニューでヤシガニ料理や山羊料理など
 お店は、具志堅用高記念館の構内にあります。

 メニューが女性に人気なのか 気さくに入り易いのか いつも女性客で賑わっているお店です。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]