八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
竹富島 ねぶた祭り
2008/08/30 19:13:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

日本の南の島、竹富島でこれから ねぶた祭りが、始まります。

 写真は、現地からの写メールが、送られてきました。色鮮やかな どでかいみこしの勇壮な祭り。

 久しく行ってない竹富島。祭り一色で島は、活気づいて賑わいをみせているでしょうね。



コメント(0)
トラックバック(0)

郷土芸能の夕べ 新城知子八重山舞踊稽古場
2008/08/30 17:18:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

昨夜は石垣市民会館中ホールにて、郷土芸能の夕べ 〔光扇会 新城知子舞踊稽古場〕がありました。

 八重山民謡の歌と三味線 優雅に舞う踊りの数々の集大成に うっとりと魅せられた芸能の夕べ。

 八重山の文化を知る 感性を豊かにする。 芸能の夕べは、地元に住む人も観光で来られる方にも

 お勧めしたいイベントです。  

 

 写真は、「打組サマーヨ」 



 斉唱 「かたみ節・海上節」



 フィナーレは、門下生一同と 地方の八重山民謡保存会研究所 出演者全員で「弥勒節」を合唱。



コメント(0)
トラックバック(0)

いにしえからのお菓子 タンナファンクルー
2008/08/30 11:19:07 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 沖縄のお菓子といえば、砂糖天ぷらやちんすこうが有名ですが、タンナファンクルーという名前

 の素朴な庶民の味のおやつもファンが多いです。 私の父も小さい頃は、最高のお菓子で特別の

 日しか食べられなかったようで、お気に入りのお菓子です。年寄りには、少し固い歯ごたえのある

 お菓子だけど、幼き頃を懐かしむ味なのかな?

 お友達の沖縄本島からのお土産に タンナファンクルーを戴きました。販売店が限定されているよう

 で、黒糖味のソフトなお菓子でした。パッケージに説明文があり

 タンナファンクルー お菓子の名前の由来は「玉那覇」方言で タンナファーと「色の黒い」 

 イルクルー  創始者のあだ名に発しています。主原料は、純黒糖、小麦粉、鶏卵で その風味が

 郷愁をよび、100年余の昔から庶民の健康食品として親しまれる沖縄の代表的な庶民文化〔菓子食品〕

 であります。

 タンナファンクルをお土産にあげたお友達は、いにしえ という言葉が大好きなようでよく使います。



コメント(1)
トラックバック(0)

郷土芸能の夕べ
2008/08/29 21:00:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 石垣市民会館 中ホールにて 郷土芸能の夕べ 新城知子八重山舞踊稽古場の 華麗な踊りの集大成。 写真は やぐじゃーま節

コメント(0)
トラックバック(0)

2008 竹富町長戦
2008/08/28 15:13:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

今朝の八重山毎日新聞のトップ記事は 竹富町長戦の事でした。 石垣島に住んでいても気になる

 竹富町長戦。 今回は、三つ巴の厳しい選挙で、小浜島の現職の大盛氏。西表島からは、二人。

 前職の 那根氏と 新人の川満氏。 あますことなく投票日まで、あと3日の攻防戦。

 勝利の美酒に酔うのは、どなたに? と気になるこの頃です。

 竹富町は、小浜島、竹富島、西表島、鳩間島、黒島、波照間島、新城島と7つの島からなっていますが

 方言や文化も異なります。特産品も島々によりオリジナリティーに富んでいます。

 日本の南の果てのエメラルドグリーンの海に浮かぶ 緑なす大地の島々は、まるで宝石のように

 きらきらと輝き美しい。 島の原風景といにしえから大切に継承されてきた祭り 温かい島んちゅの

 肝心〔方言で、チムグクルと読む〕も大切な八重山の誇れる宝物です。島の豊かなな自然環境と共存共

 栄しながら、安心して暮らせる治安のいい豊かな心と潤いのある生活 そこは、日本の桃源郷。

 そんな八重山の島創り  近い将来にみんなの笑顔が見えるよう。 
 
 竹富町の投票権があれば、ささやかな一票をギフトしたくなり、今日のお昼前に竹富町役場の構内に

 こぼれんばかりに咲き誇るゴールデンシャワーの花の写真を撮りました。 木漏れ日から柔らかい

 光 小さな蝶が乱舞する。 壮快なひとときでした。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]