八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
クジラからのメッセージ 〜地球を愛の惑星に〜
2009/03/20 02:20:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

先日久しぶりに 懐かしい友の家に遊びに行きました。

 お互いの近況を報告する内容が、あまりにも多すぎて  ^o^  早いテンポでしゃへべりまくり

 ました。 帰りしなにもらった 彼女からのギフトは 「クジラからのメッセージ」というタイトル

 のCDでした。 とても仲の良かった従姉妹の故 崎浜和子 さんの詩をもとにクジラからの意識で

 構成した真実の愛のメッセージ

 故 崎浜和子さんには、生前お会い出来なかったけれど 写真の和子さんの笑顔には、まぶゆいばかり

 の明るさと優しさを感じました。最近、石垣島で起きた暗いニュース 「一家心中事件」日本全国を

 震撼させて、島の人達が、つらくて悲しい思いをした事件。 亡くなったご家族にこの歌を聞かせた

 かった。勇気を持って、人生を謳歌して下さい。かけがえのない、ただ一つの命 慈しんで下さい。

 故 崎浜和子さんは、若くして病で亡くなられました。友人の話では、和子さんは、生前

 とても明るくて、その日、その日を慈しむように生きていた。生きる証として膨大な愛に満ち溢れた

 詩を残していたようです。和子さんから、愛する人々へのエールとして クジラからのメッセージを

 友人の息子さん 宮城拓矢君〔沖縄本島で音楽活動をしているミュージシャン〕が作曲をして完成した

 「クジラからのメッセージ」  作曲・歌 宮城拓矢
                 詩   崎浜和子

 愛しなさい。この声が届いたあなたに歌ってほしい。 忘れたの? 愛し方を
 始まりの場所 君といたじゃないか。今ではもう寄り添えないの? 
  君の声はまだまだ聞こえているのに 

     争いだらけの世界にいて、愛の花はどう咲くの?

 愛しなさい。この声が届いたあなたに歌って欲しい。
     愛しなさい。 僕らは、一緒にいるだけで幸せなんだよ。

 まばたきほどの、この時期を僕は待っていた。 待っていたんだよ。
  何が出来るだろう。愛ってなんだろう。 君を見ていると涙がこぼれた。

  僕らの望んだ世界は、始まりの場所に戻る事だった。

 愛しなさい。この声が届いたあなたに歌って欲しい。
  一つ一つが繋がりますように 愛の花が、咲き誇りますように

 愛しなさい。この声が届いたあなたに歌って欲しい。
  愛しなさい。僕らは一緒にいるだけで幸せなんだよ。

 
   愛しなさい。僕らは一緒にいるだけで幸せなんだよ。

  「クジラからのメッセージ」のCDのお問い合わせは 

    宮城ガーデン 0980-82-8626
 



コメント(2)
トラックバック(0)

小浜島 まいふなぁファーム
2009/03/15 01:49:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


 小浜島で集落を散策した時に目に付いた 可愛い♪かかしちゃん。 親しみやすい人なつっこい

 面立ちで通りかかる人に話し掛けているようです。 

 まいふなぁファーム 小浜小中学校と 大きな文字で書かれた看板を掲げてありました。

 まいふなぁ とは、八重山地方もしくは、 小浜島の方言で「良い子」という意味合いです。

 小浜小中学校の良い子たちの 手入れの行き届いた畑には たわわに実る麦の穂が風になびく。



 他にも さつまいも、ほうれん草など各種野菜が収穫の日を待っていました。  

          
 

 ファームの先に見えるは 小浜島のシンボルの大岳です

 のどかな美しい原風景の中で 子供たちが土を掘り起こし、種を巻く。

 芽が息吹き その成長過程を学ぶ。自分達で育てた野菜を収穫して学校給食の食材として

 活用する。 かかしちゃん達は、島の元気な子供達の来るのをずっと待っていて、お留守番している

 ようにも見えました。



コメント(0)
トラックバック(0)

映画 島の色 静かな声
2009/03/13 14:15:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 「島の色 静かな声」という映画を先日観てきました。
 石垣島のすぐ近くの 自然が手付かずに残る島 西表島で 自然界と共存共栄しながら
 染織の手仕事に携わる 石垣金星さん 昭子さん夫婦の生活を 紹介する映画でした。
 放映以前から かなり注目を浴びている話題の 映画のようで、たくさんのウェブサイトにてこの映画
 は、紹介されているので ここでは 簡潔に 観て思った事をショートにします。

 石垣島から眺める事の出来る 近くて遠き島に思いをはせる。ここは古代の息吹を感じる島。

 エネルギッシュな大地にしっかりと根付く木々の色彩の鮮やかさと島の人たちの営み

 そこで美しい天女の羽衣のような 石垣昭子さんの布は生まれる。

 逞しい島の日々の生活から色彩豊かな、こんなにも繊細な 布が生まれる。

 美しい自然環境と島の暖かい人たちとの関わりが、美しい物を生み出す原動力なのだろうか。

 昭子さんは、島の司〔神職〕の神衣装として、布を織り、琉球王朝の古文書を見て 復元したそうで

 芭蕉糸と麻、蚕の絹糸 が素材と話していた。手を押し当てた布の場所 「そこが神衣装を身につけた

 人の胸 心の場所になる。祈る心の場所。そんなイメージをしながら織っています。」と瞳を輝かせて

 湧き出る泉が如く話す。

 なんと詩情的な思いで製作活動をしているのだろうか と感動したワンシーン。

 ご主人の石垣金星さんが、子犬を抱きかかえて 「昔、犬は家畜でした。小さい頃可愛がっていた

 犬がいて、ある日学校から帰ると 犬の姿が見えない、名前を呼んでも出て来ない。その日の夕食に

 肉料理が出てきた。可愛がっていた犬が それになった。」と とうとうと呟く。傍らにいた昭子さん

 が 話しを聞き すすり泣くという映画のワンシーン。

 最後は昭子さんの織った神衣装を身に付けた 司〔神職〕の聖地〔お嶽〕にて祈り。

 祈りの後に地域の氏子達による 祖納地区に古くから伝わる 古謡を唄うシーンが印象的でした。

 一つ一つの言葉を大切に 感慨深く歌っていた。神歌なのでしょうか。島の人たちの島を大切に

 思う心 祀り事を大切にしている心 特別に思い入れのある歌のようで、もう一度聴いてみたい。

 日本の南の果て 美しい自然の宝庫の島 古代の息吹の感じる西表島の映画でした。



コメント(0)
トラックバック(0)

天文台 〔宇宙人〕一斉探査へ
2009/03/12 21:18:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 最新のYahooのトップニュースによると 全国の天文台が宇宙人を一斉探査へ 

 という SF映画のタイトルを観ているようなビックニュース。

 石垣島にも 日本に誇れる最新技術を持った 国立天文台と電波望遠鏡のVERAがあり

 宇宙人探査を始めるのでしょうか?

 写真は、石垣島 おもと山の中腹の聖地 ナルンガーラに隣接する 電波望遠鏡のVERA。

 ミステリアスな石垣島、パワースポットの探索はまだまだ続きます。

 下記は、最新のYahooニュースを転載しました。

 

 
「宇宙人」9月に一斉探査、日本の23天文台・施設が協力
3月12日16時13分配信 読売新聞


 地球外文明からの通信を探す「地球外知的生命体探査(SETI)」で、日本各地にある23の天文台・施設が協力する世界初の全国一斉観測が、9月10〜12日に行われる。

 総合本部の兵庫県立西はりま天文台(佐用町)が12日発表した。

 SETIは、宇宙から届く光や電波を解析して、地球外知的生命体からの信号がないかを調べる研究。1960年以来、米航空宇宙局などによる国際的観測が続けられている。

 今回は、同じターゲットの星を全国から一斉に光学、電波で観測して信号とノイズの区別などを行い、観測の精度を高める。電波観測は和歌山大などの5施設で実施。18の公開天文台が、目標の星を同時にビデオ撮影などして、地球の航空機や人工衛星、自然現象の影響がないか調べる。



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島 野のお花畑
2009/03/07 01:28:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 

先日の夏日和に 石垣の塩 へ納品の帰りしなに 野のお花畑で 花を摘みました。

 白い清楚なしゃりんばいの花や 浜ぼっすの花が、風に揺れる。

 名前の知らない 青いランのような花も愛らしい。



 春の息吹を感じる 石垣島の自然散策。 これからもっと 素晴らしい季節を迎えます。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 2 件を表示 ]