八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
今日の夕景
2009/08/31 22:35:52 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

夕暮れ時に久しぶりに サザンゲートブリッジの先 海浜公園に行きました。

  少し遅い時間で 夕日を見る事が出来なかったけれど 東の空に 放射状の不思議な

 雲がありました。 不思議な自然現象です。



  そして西の空は、沈む夕日の名残りなのか、黄金色の雲が、ダイナミックに夕空に輝いていました。



コメント(0)
トラックバック(0)

家のお守り 天官賜福紫微らん駕
2009/08/31 13:08:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

  天官賜福紫微らん駕
 

  沖縄では昔から、家の棟木に「てんかんしふく しびらんか」→天官賜福 紫微らん籠 と書く風習があります。福建省から渡来した中国人から伝わり、沖縄各地へ拡がり,八重山地方まで伝わったといわれています。 天官や北極大帝がらん籠に乗って、我が家にやってきて,力を合わせて家を守り栄えさせ、家族を幸福にして欲しいという、除災招福のおまじないの言葉だと言い伝えられています。

 現代でも赤がわらの家を建てる時、棟上げの時に書く所もあるようです。沖縄の古い民家の家を訪ねる機会があったら、天井の方まで見上げて下さいね。 幼い頃の思い出です。 実家の棟木にも書いてあり、今でもその文字が、鮮明に印象に残っていました。そのお札が欲しかったので、小さなサイズの板に父に書いてもらいました。棟木でなくて、小さな板に書く という戸惑いもあったはずですが、父は、家内安全 幸せを願い、心を込めて一字一字文字を書いてくれました。
  ずっと大切にしたい宝物です。

  二年前の冬に 父に書いてもらった 沖縄の家のお守り それをさらに小さなサイズにして

 復元してみました。 杉の板に蜜蝋ワックスを塗り、自然な風合いを かもしだす。

 小さなサイズですが、除災招福の強靭な力を持つ 家のお守りです。



コメント(0)
トラックバック(0)

かりゆし先生ちばる!のkidsがいた。!
2009/08/24 12:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

オヤケアカハチ 石垣島公開リハーサルの舞台に なんと!! あの小浜島ロケの

 かりゆし先生ちばる! のKidsが いたのには、びっくりしました。

 テレビ東京の ロングドラマ かりゆし先生ちばる! は、小浜島を長期ロケした

 番組で、公民館での撮影シーンを見学する機会がありました。

 その時に 笑顔で[こんにちわ〜。]と話し掛けた子供達。

 

 ドラマの理子ちゃんだけ東京から来た子なのでしょうか。

 他のkids達が オヤケアカハチに出演するウィング・キッズ・リーダー。

 再び島でその子達に会えたら嬉しいなぁ。テレビ東京の番組に島の子達が出演。

 島の子供達の活躍には、わくわくしてしまいます。

 

 市民会館の会場で 挨拶してた女の子。この子もかりゆし先生のkidsかな?

 テレビ東京のかりゆし先生ちばる!のビデオを 松井さんのお友達 ひとみちゃんから

 頂きました。有難うございます。 懐かしい小浜島の光景がたくさん出て楽しく観て

 います。

 ☆テレビ東京さん かりゆし先生ちばる! の番組終了後に ショートで沖縄の観光地やグルメ
  を紹介して戴き、有難うございます。最近の八重山地方の活気づきは、テレビ東京さんのお陰と
  深く 深く 感謝しています。感謝☆



コメント(0)
トラックバック(0)

オヤケアカハチ 石垣島公開リハーサル
2009/08/24 09:01:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

八重山地方の夏は、お祭り一色。 豊年祭がさった15日にマイツバお嶽にて執り行われ

 ました。 マイツバお嶽にゆかりのある 500年前に実在した八重山の英雄オヤケアカハチ

 は、今なお 島の人の心に生き続けているという。 奇しくも 豊年祭の翌日 16日に

 石垣市民会館にて [オヤケアカハチ 〜太陽の乱〜]東京公演のリハーサルの公開が

 ありました。小学四年生から高校三年生までの総勢70名のウィング・キッズ・リーダー達

 による ダイナミックな躍動溢れる舞台。一糸乱れぬダンスに かたずを飲み 見入る観客。



 島の子供達のエネルギッシュな公演は、東京で大盛況だったという。

 島の未来を担う 八重山の子供達の情熱は素晴らしい。島の誇れる宝です。

 大都会の東京公演で、観客の心に素晴らしいメッセージを託した事でしょう。

 オヤケアカハチ 〜太陽の乱〜 サブタイトルは、道標ーみちしるべ

 公開リハーサル終了後に 演出家の 平田太一氏が挨拶しました。



 その中で 心に残ったメッセージ [八重山は一つ。島の中で争う事なく 外に向けて

 大きく飛躍しましょう。] が印象的でした。

 八重山の豊年祭の執り行われる 聖域 マイツバお嶽の拝殿に掲げてある

 [平和光] 

 マイツバお嶽は、かつてのオヤケアカハチを討ち取った 長田大主の妹

 マイツバを祀った聖地であり、またこの敷地内に オヤケアカハチの妻、クイツバの小さな墓も

 ありツンダミの墓と云われ人々に見せしめに踏みつけされたようです。

 長田大主の妹はマイツバとクイツバ。 三兄弟の悲しい歴史のある マイツバお嶽。

 


 いにしえ人は、悲しい歴史 オヤケアカハチの乱が二度と来ない事を願い[平和光]の

 文字を拝殿に掲げたのでしょうか。現代人も願う 平和の心。

 遠く長い年月をかけて 人々の心に訴える [平和光] それこそ道標ーみちしるべかも

 しれない。

 ☆ 東京公演の後にリーダーズ11名が [北米沖縄県人会100周年記念イベント]に
    参加するために出発したそうです。嬉しい限りです。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

南の島の星祭り
2009/08/21 23:32:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

八重山地方の夏は、 豊年祭で始まり、これから多様なイベントが開かれ活気付いてきます。

 南の島の夜空に煌く満天の星達を祝福する祭り 南の島の星祭りも開催されました。


 南の島の星祭りとは〔下記は 南の島の星祭のサイトより抜粋〕
 石垣島をライトダウンしてみんなで楽しもう満天の天の川★
日本最南端の八重山地方は赤道に近く、殆どの星座を見ることができる。また、八重山地方では300年ほど前から星座観測を行い農耕を営んでいたことを示す「星図」と呼ばれる古文書も現存し、古謡や言い伝え等の「星の伝説」があることから「星文化の宝庫・八重山」とされる。これらの環境条件及び文化的背景を活かし、星空資源の魅力を楽しむことを趣旨に旧暦の七夕の時期に開催する。

 今日の夕暮れに 会場のサザンゲートに行ってみると たくさんの人達で賑わっていました。

 

 煌く星達も島の特産品として 新しい星にちなんだ石垣ブランドの商品を 石垣島特産品センターの

 ブースで 展示販売していて、たくさんの人達の注目を浴びていました。

 

 石垣の塩からは、満月の夜の星〔人は月と共に唄い海の生物達もまた月と共に息吹をあげるとロマンを

 感じるメッセージが裏ラベルにありました。

  

 素敵なボトルに入っていた 夜空の石垣島ドレッシング がおしゃれ。

 

 八重泉の 琉球泡盛 群か星〔ネーミングにため息がつく。感激☆〕

 たけだ植物園の スターフルーツ石鹸 〔石鹸に新しい風が吹いた。〕

 星にまつわる ロマンを秘めた 新しい島の特産品の集大成に石垣島の元気を改めて

 知りました。 今夜は、南の島の星祭の前夜祭で明日は、いよいよ島中こぞってライトダウンして

 みんなで夜空に煌く星達を祝福したいですね。

 昨夜は、ANAコンチネンタルホテルで 前前夜祭があり 夏川りみのコンサートや花火大会で

 賑わっていました。ホテル内の てぃんがーらに納品の帰りに眺めた美しい夕景にうっとり。

 


 


 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]