八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
大川青年会 アンガマ
2009/09/05 12:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

お盆の送りの日には、大川青年会のアンガマを すぐ近所の いしなぎ屋 の駐車場で見ました。

 市内の中心地とあって たくさんの人 人の中、アンガマは始まりました。

 アンガマ[美ら島物語のHPより抜粋]
旧盆の夜、石垣の市街地を歩いていると、賑やかな音がどこからか聴こえてくる。その音を頼りに辿ってゆくと、夜な夜な音を鳴らしながら練り歩く集団がいる。旧暦で行われる沖縄のお盆。
石垣地方に受け継がれる“アンガマ”は、あの世からの使者であるウシュマイ(お爺)とウミー(お婆)が花子(ファーマー)と呼ばれる子孫を連れて現世に現れ、家々を訪問。珍問答や踊りなどで祖先の霊を供養する独特の行事。
三線を弾き、太鼓を打ち鳴らし、笛を吹き、念仏を唱えながら、唄い、踊る。

 美ら島物語 アンガマは→http://www.churashima.net/shima/ishigaki/angama/index.html

 あの世から来たアンガマが、お盆に 線香を立てて、手を合わせる。

 

 ウシュマイ[お爺]とウミー[お婆]が、コップに注がれたお酒をストローで飲む。

  こんな珍しい ツーショットを今回 写真に撮る事が出来ました。♪

 ウシュマイと観衆のウィットに富んだ珍問珍答で周りの空気も和やかになる。

 鮮やかな朱色の花笠をかぶり、浴衣姿の花子[子や孫]達の踊りが、宴に華を添えて

 いました。

  

 



コメント(0)
トラックバック(0)

小浜島 お盆
2009/09/05 09:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

沖縄のお盆は、旧暦7月13日〜16日の四日間行われる。

 迎えの日の夕暮れ時に門前で わらを燃やして、ご先祖様をお迎えします。

 各家でご先祖様をお迎えして、ご仏前に 一年間家族全員が健康で幸せに暮らせて戴いた事に

 感謝の気持ちで手を合わせる。

 しばらくすると 遠くから お盆の ニィムッチャー[お盆の間 各家族を回りご先祖様に三味線や踊りで

 おもてなしする集団の事]の笛の音が、聞こえるのも風情がある。

 迎えの日に実家にも ニームッチャーが来られた。

 庭に敷きつめられたゴザに円陣をなし 三味線、太鼓、笛を吹く 若い衆は、白い着物姿。

 

 その中に テレビ東京の昼ドラ かりゆし先生ちばる! に出演している 民宿くらの オーナーの

 息子役のニィニィが、一生懸命に笛を吹いていました。


 


 座敷に入り、ご仏前に手を合わせる年長者は、黒い着物[クンズン→島の正装で、女性が家族のために

 糸を紡ぎ、藍を染め機を織る という長い工程で織られた貴重な島の伝統文化]を身にまとう。

 

 

   そして宴の始まり  

 愛知県出身の琉球大学在籍 鵜飼さんという チャーミングな女性が琉球舞踊を踊って戴き 

 宴を盛り上げてくれました。

     有難うございます。感謝☆

 家中に 三味の音 太鼓の音 笛の音が響き渡り、ご先祖様もさぞや喜ばれた事でしょう。

 そして、しばらくしたら ニッムッチャーの集団は、その場を離れ 他の家へと移動。

    宴は、延々と明け方まで続きます。



コメント(0)
トラックバック(0)