八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
オヤケアカハチ 〜太陽の乱〜
2009/12/08 08:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

 12月5日、6日に石垣市民会館大ホールにて 現代版組踊 オヤケアカハチ〜太陽の乱〜
 
 が公演されました。 出演した子供達は、総勢70名余 一糸乱れぬ子供達の完璧な迫力

 ある舞台に観客は、劇の世界の中に入っているかのように集中して観ていました。

 八重山の子供達の情熱、ダイナミックなエネルギーが、舞台で華やかに繰り広げられる。

 舞台でのド迫力に感動、興奮して一夜明けても、余韻も覚めやらず 

 ブログに書くのも躊躇してしまう程の素晴らしい子供達の舞台でありました。

写真は、公演終了後に市民会館の外で観客に笑顔でご挨拶のアカハチと

長田大主達。

昼の部以外の公演でのアカハチ役の根間さんが、トンチ役で

名演技。

 

 

 オヤケアカハチ 〜太陽の乱〜のサブタイトルは、☆道標☆

 八重山魂…… 八重山スピリッツ。 一人一人が、夜空に煌く満天の星のようなスター、主役です。

 かりゆし先生ちばるに出演していたキッズ達が高校生に混じって踊っていたのを見つけ、嬉しく

 なり心の中でエールを送りました。^^

   八重山魂を持った子供達 八重山の未来が明るく輝いているような逞しさを感じました。

 演出家の平田太一氏のエッセイを一部抜粋すると

  琉球の船を世界中に走らせたい。阿麻和利やアカハチの舞台に関わり続けた僕の想いは、
  益々強くなるばかりで 関わる子供達から夢をいつもいただいている。
  思えばアカハチも阿麻和利も海を道として世界中を舞台に活躍した一流の島人!
    その血は、僕にも そして八重山の子の中なも確かに流れている。

 発足して七年という 子ども演劇 オヤケアカハチは、今ではその名を世界中に響き渡り

 一つの八重山の歴史を作りました。人として生きる 道標を大衆の胸の奥まで浸透させて

 いった子ども達の力 それをサポートする周りの大人達に心から感謝致します。

 有難うございます。 これからも夢と希望の道標を創り続けて下さいね。

 



コメント(0)
トラックバック(0)