八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
ギャラリー アート逢謡
2010/01/28 11:53:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

石垣島の静寂な住宅街の一角に沖縄の赤瓦の民家をギャラリーにしたアート逢謡があります。

 明るい笑顔とユンタク〔お話〕で暖かくおもてなししてくれるのは、島んちゅのオーナーさん。

 石垣島大好きで足繁く島に通う人達は、アート逢謡を訪れてオーナーさんの暖かい明るい笑顔を

 見て、島に来た事を実感するそうです。 八重山は、観光土産が豊富で島の素材を使った素晴らしい

 特産品がありますが、暖かいおもてなしと島の祭りや文化、美味しいお店、などを教えてくれる人の

 心のぬくもりを旅する人達は求めて、島を訪れますでしょう。 数々のブランド化された特産品も

 島の誇れる宝ですが、暖かい島んちゅ〔石垣島に憧れて島に移住した人々も含む〕も誇れる宝。

 アート逢謡のオーナーさんに会うとそんな事を考えてしまいます。

 店内は、沖縄の版画家〔儀間ヒロシ〕さんの版画がたくさん飾られています。     一番インパ

 クトのあったパパイヤの木と沖縄女性の明るい色彩の版画は、近所の食事処みやびさんが買い取った

 そうです。他にも島のお年寄り手作りの民具 アンツク〔アダンの気根でバックを編みこむ〕の数々

 手前の右にある黒いアンツクは、泥染め。珍しいのは、マーニー〔聖地にある植物で神が降臨する

 といわれている〕のほうき。素材が入手困難で今はほとんど作る人がいないという。古い民具を

 オーナーさんが現代風にアレンジしたお店のオリジナルがほとんど。

 お店の入り口の植栽には、野のお花畑 春を告げるすみれの花が可憐に咲いていました。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

沖縄は薬草の宝庫 オオバギ
2010/01/26 09:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

亜熱帯地方に属する琉球列島は薬草が宝庫。たくさんの薬草が長寿の邦 沖縄ブランドとしてデビュー

 しました。郊外を原付バイクで走行すると道沿いの原野には、野生のパパイヤ、ノニ〔ヤエヤマアオ

 キ〕、月桃などが茂っている。加工すると商品となる資源が無尽蔵にあります。

 去年の5月に脚光を浴びたのは、〔オオバギ〕 島の原野のいたる所で見かける植物。

 沖縄ポッカコーポレーションと愛知のポッカコーポレーションが研究開発して特許申請したオオバギ

 抗菌抗酸化作用が豊富に含まれている。粉末製品を洗剤、除菌、消臭剤、薬用歯磨きなどの商品開発

 を手がけている。また沖縄産のプロポリスは、他の地域より特に品質が良く、抗酸化作用が豊富。

 国内では、沖縄にしか自生しないオオバギの実をミツバチがプロポリスの生成に使っているために

 品質の良いプロポリスが産出される。 足元をよく見ると、たくさんの宝物を見つける事が出来るかも

 しれませんね。 写真は、空港入り口の〔石垣島ショッピングセンター〕の店の入り口に高くそびえて

 いるオオバギを撮りました。  オオバギの抗菌作用を活用して我が家では、葉を煮出したエキスで

 拭き掃除などの除菌液にしています。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島 花咲く聖地にする人達
2010/01/23 09:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

八重山の最高峰 おもと山の中腹に鎮座する八重山の誇れる聖地 おもと大主神 島の人は

 ナルンガーラという。 信仰心の厚い人達が参拝に集う聖地…その聖地を一部の心ない人達が

 神に祈り、神の鎮座する聖地を紙や線香、お供え物を放置していく というのも悲しい現実です。

 そんな中、聖地ナルンガーラに足繁く通い、掃除して花を植えている島の女性達が、います。



 先日にブログで紹介した オヤケアカハチゆかりの地 大浜在住の大浜靖子さんを筆頭に島の

 信仰心厚い人達。 先週の日曜日は、掃除をして草むしり、花の苗植えの作業をされていました。



 男の子も水遣り おばあちゃんののお手伝い  さぞや神様も喜ばれていますでしよう。

 神の鎮座するナルンガーラ 蝶の舞う花が咲き誇る聖地 川のさわさわと流れる音が耳に心地良い。

  そこにいるだけで、人々は心安らぐ 癒しの聖地

 下記は、先日のブログ投稿を一部転載

 聖地 ナルンガーラをいつも掃除して掃き清めて、たくさんの花々を植えて育てる女性もおられます。

 没して450年余 今でも八重山の英雄として人々に知られている オヤケアカハチのゆかりの地である

 大浜の大浜靖子さんです。彼女は、毎朝出勤前のせわしい時間に ナルンガーラに行きその日1日の

 平穏を願い、掃除をされていると聞きました。また聖地に植えられた花も園芸屋さんから購入し続けて

 いるようです。大浜靖子さんは、おもとの神々、八重山の神々に心からの崇拝の念で聖地に通いつめ

 掃除をされ、また聖地ナルンガーラをさわさわと流れる川のせせらぎ 美しい緑が萌え 花々が咲く

 蝶が乱舞する 聖地にしたいという想いが強いでしょう。 素晴らしい無条件の愛



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島 もう一つの桜は南洋桜
2010/01/22 22:57:49 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

石垣島は、あとしばらくすると艶やかに咲く寒緋桜を眺める事が出来ます。

 本土の薄いピンクの桜の花 風が吹くと舞い散る繊細かつ優雅な桜と違い、南国の桜は、鮮やかな

 ピンク 強風や雨に打たれても散る事がない 強靭な逞しさ…八重山スピリッツ 八重山魂にも似て

 います。景気が低迷して暗い世相ですが、そんな中逞しく人々は明るい笑顔で、バイタリティ溢れて

 います。 〜明日の明るい未来を創るために〜

 そして石垣島で年中咲く桜は、ナンヨウ桜〔南洋桜〕 桜科ではないのですが、桜の花に似ている

 のでナンヨウ桜 別名 インド桜、テイキン桜  トウダイクサ科

      ナンヨウ桜の写真は、石垣島Mガーデンで撮りました。



コメント(0)
トラックバック(0)

今年の緋寒桜は
2010/01/20 23:47:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

1月 新しく年を迎えて、沖縄は桜の季節を迎えます。その季節になると民家の庭先の桜の木が

 気になり、花の姿を追う。 枝には、ふくらんだ硬い蕾があり花は、まだ通し と思っていました

 が、灯台元暮らし…近所の民家の庭先に青空に映えるピンクの桜の花を見つけました。

  今日は、半袖姿の夏日和の石垣島 先日の寒波からいきなり暖かくなったので、桜の木も 花の

 開花の時期遅すぎか と気がせいたかもしれませんね。^^ 自然の摂理は、正直です。

  沖縄の桜は、〔緋寒桜〕 バラ科サクラ属の落葉高木。

 日本列島を北上していくサクラ前線と違い沖縄の桜は、北から開花して南下していきます。

   今年の開花は遅いようです。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]