八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
新しき年を迎えて
2010/12/31 23:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

新年明けまして おめでとうございます。

 皆様にとって今年も更に 大いなる飛躍の年 輝ける黄金の年になるよう 日本のはるか南の

 小さな島 石垣島より 祈念致します。

 皆様の住む彼の地 大地こそ心のユートピア〔ニライカナイ〕。 明るい笑顔で豊かな心と豊かな日々

 の未来創りを 一歩一歩共に築きあげていきましょう。 

  昨年は、大変お世話になりました。有難うございます。 皆様の爽やか笑顔に会いたくて、今年も

 全力疾走したい所存です。 皆様の笑顔が、元気の源。 

  笑顔の微笑み返しをさせて下さいませ。 今年もよろしくお願い致します。

                       平成23年 元旦   マーメイド 花城勤子



コメント(0)
トラックバック(0)

世界へ鳴り響け 平和の鐘
2010/12/31 22:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

晦日の竹富島 プチショートトラベル 集落内にある「平和の鐘」が、目に付きました。

 日本列島の各地にて除夜の鐘の音と共に 今年もとどこおりなく終え、新しき年を迎えます。

 その音を聞き、人は感慨深げに今年起きた出来事を振り返って己を見つめるひとときです。

 竹富島の平和の鐘 明日の大晦日には、その鐘が鳴り響くだろうなぁ…と鐘を見上げると

 平和への想いが託された碑文がありました。早速、家に帰りパソコンで調べてみたら心に響く

 平和への熱き想いが、この鐘には、託されていました。宗教や価値観が異なっていても 人々の

 平和への想い、人々の幸せを想う心は、一つです。 人々の心が、相整え一つになり 天界の神々へ

 の祈りが届く事を願うこの頃。皆様にとって、新しき年が更に明るく耀ける年である事を願ってます。

  今年は、大変お世話になりました。有難うございます。  良い年をお迎え下さい。

 下記は 竹富島ゆがふ館 竹富ウェブログから抜粋

 平和の鐘
この『平和の鐘』は竹富島の高那マツさんの八十五歳の生年を祝賀して息子たち三人、大盛廣吉・高那三郎・大盛英信氏らによって1974年に建立され、
竹富公民館に贈られたものです。
32年を経て鐘楼が老朽化したのでこの度、木造に改築致しました。
梵鐘には、大盛英信氏のふる里への想いが刻印されています。

○梵鐘讃歌
この鐘の音が西塘の森から四方に鳴りわたるとき
すべての争いが止み 諸人の浄き平和の祈願が叶えられ
心に理解と融和と安らぎが生まれますように
夕げにおとずれ この鐘の音をきくとき 老たる身にも病める心にも
静かなよろこびが生まれますように
この島を往き来するすべての者が 安全で健やかで楽しい日々でありますように
そして この世に風と光と緑と人間が久遠にあるかぎり この島は栄え
平和と愛と敬母の梵鐘讃歌が鳴りわたりますように   合掌

昭和49年
大盛英信建立

 



コメント(0)
トラックバック(0)

聖なる島 竹富島へ
2010/12/31 08:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

いよいよ後しばらくしたら 新しい年を迎えます。 晦日の昨日〔30日〕に駆け足で

 お世話になっている 新田観光のあかばなぁさんへ年末の御挨拶にお伺いしました。

 スタッフの若いお姉さんの爽やかな笑顔も久しぶりです。<img src="http://blog.ti-da.net/img/face/119.gif" alt="サクラ"/>

  あかばなぁさんへ御挨拶を終えたら、必ず立ち寄るのが、目前にある 水牛ステーションです。

  いました。いました。 出勤スタンバイしている水牛ちゃんや一仕事を終えて、のんびり一休みしている水牛ちゃん達。

 うとうとと気持ち良さそうにお昼寝の水牛ちゃんのまつ毛の長い事。美形です。 その後ろに立っている水牛ちゃんの背中に

 カラスが乗っかって動きません。水牛ちゃんの背中は、暖かくて居心地が良いのでしょう。

 

 晦日の慌しい中なので 早足で神の島 竹富島の集落内を少しだけショートトラベルしました。民家の庭先には、巨大化した

 ポインセチアの木があり 2メートル余も背丈がグンと伸びきっていて、こぼれんばかりの鮮やかな冬の花 ポインセチアが

 咲いていました。南国の聖なる島は、植物達もエネルギッシュです。

 

 ほんの一昔の正月を目前にした石垣島では 浜辺から白砂を運び、家の庭や道路に 白砂を敷き詰め、新しい年

 を迎えました。世持お嶽の敷地内で白い砂山を見て当時を懐かしく思いました。

 正月前の庭の新しい白い砂により 空気が清々しく 祓い清められた神聖な気分。八重山の原風景です。

 

 集落内の小さな森で森のこびとたち ツチトリモチを見つけて また歓喜してしまいました。

 準絶滅危惧植物のツチトリモチ 小浜島にもあるのだろうか?  しばらくツチトリモチ追跡は続きます。<img src="http://blog.ti-da.net/img/face/125.gif" alt="ぶーん"/>

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)