八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
石垣島でもベロタクシーが
2011/03/29 16:09:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

市内の目抜き通りでベロタクシーが駐輪していました。

 人々が、無駄に電気を使わないエコに目覚めた今 注目されつつある未来型のタクシーです。

 石垣島市内観光や市内の交通手段としての利用がメインらしくて 初乗り300円と表記されていた。

  ベロタクシーとは、人と環境に優しいドイツ生まれの自転車タクシーの事。



コメント(0)
トラックバック(0)

小浜島 ヒハツモドキもどき?
2011/03/29 10:22:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

小雨降る小浜島の集落内を散策していたら、民家の石塀にヒハツモドキにそっくりな植物を

 発見しました。 穂は細長く下を向き、葉をちぎって匂いを嗅いでみると ほのかにヒハツモドキ独特の

 香りがします。 植物の名前は判りませんが、ヒハツモドキに似ているので ヒハツモドキもどき と

 勝手に ネーミングしました。

  ★ヒハツモドキ 沖縄独特の香辛料の原料となる植物で 民家の石塀などよく見かけられる 沖縄では

   身近に植物です。 実を乾燥して炒って粉にしたものを 「ピパーチ」 「ヒバーチ」として沖縄そばには

   欠かせない香辛料。 沖縄の「そば屋さん」には、必ずという程テーブルに置いてある必須香辛料です。

   若葉を天ぷらにしたり、ジューシー〔炊きおこわ〕の薬味に使われます。

   民家の石塀に這った ヒハツモドキは、古き沖縄を知る原風景。

   ヒハツモドキの香辛料〔ピパーチ〕は、先人から継承された沖縄の食文化です。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

小浜島 野のお花畑
2011/03/27 14:56:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
uppic 小浜島の のどかな 田園風景を眺めながら プチお散歩♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪ 夏至の頃に葉っぱの半分が白くなる ハンゲショウ がちらほらと 白い葉っぱに変容してました。 人気のない道端に 枯れかかった ナンバンギセルの花を見つけました。 一足遅かった ナンバンギセルの花見です。

コメント(0)
トラックバック(0)

明和の大津波の碑にて
2011/03/26 14:29:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

東北地方太平洋沖地震による大津波から引きずって福島原子力発電所の甚大な被害 二週間経過

 致しました。一日も早く復興されて被災地の人々の明るい笑顔を取り戻す日を願っています。

 先日お友達と 明和の大津波の碑に行き、お祈りをしてきました。明和の大津波で亡くなった方への供養

 そして今後 日本や世界各地にて自然災害の起こらないように と祈りを捧げる。

 

 しばらくして、他にも祈りをする方達がやって来ました。 島でも自然災害へ人々の意識が向けられて

 島の神々へ祈る人々が活動を起こしている…と聞く。一人が万人の幸せの為に祈り、万人が一人の

 幸せの為に祈る。 どうかその祈りが天に届きますように

 

 明和の大津波の入り口に大きな岩山があり、そこの主のような崇高な面立ちをした仙人山羊がいて

 ジッとこちらを見つめる。 人気のない場所だったけど最近人の往来が激しい と思っているでしょうね。

 明和の大津波 1771年4月24日に発生した大地震は およそマグネチュード7,4。地震による大津波

 は八重山地方に多大な被害をもたらしたという。

 下記はウィキぺディアより抜粋

 地震動による被害はなかったとされている。しかし、地震により大津波が発生し、宮古・八重山両列島で死者・行方不明者約12,000人・家屋流失2,000戸以上という惨事になった。耕作可能地の多くが塩害の影響を受け、農作物の生産が低迷。明治時代初頭の人口は地震前の1/3程度にまで減少した。

石垣島での津波の最大波高は40メートル、最大遡上高は80メートルとも言われている。多良間島の津波の遡上高は18メートル程度と推定されている[3]。宮古島北西にある下地島など地域の島の高台には、津波で打ち上げられたと伝えられている帯岩などの巨石(津波石)が残る。島が一つ津波に飲み込まれて消えた、という伝承があるが真偽は不明。

 

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

ヒスイカズラ 宝石のような美しさ
2011/03/25 00:11:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

ネットで見たヒスイカズラの美しさに魅せられたのが5年前。 その花が我が家に咲く…花の美しさに

 歓喜しつつ、たくさんの人にその喜びを分かち合いたく思い、八重山毎日新聞に記事依頼をしちゃいました。

 23日の記事のタイトル 「宝石のような美しさ」のインパクトのある記事のお陰で、たくさんの方がヒスイカズラ

 の花をご覧になるために我が家に訪れました。 八重山毎日新聞さん、有難うございます。

 

 つるを這わせた八重山黒檀の枝に さらに花穂を見つけたので、枝を切り落とし花穂を吊り下げる。

 

 お花見に来たお友達が、八重山黒檀の枝に朽ち果てた メジロの巣を見つけてくれました。

 色褪せて朽ち果てた巣は、去年のものと聞きました。我が家にも平和があったんですね。^o^V

 宝石のようなヒスイカズラ 百花繚乱の石垣島 八重山の島々にもたくさん咲く日をいつの日か

 と夢見つつ。公園や街路樹に艶やかなサガリ花などと競い合うように咲く日を想う。

   島在住でヒスイカズラの花に会いたい方へ

 お花に会える家→大川 洋食屋りたーん亭の斜め向かい 門に天使の置物があるのが目印です。

 家人が留守でも 御遠慮なさらずに お花見されて下さいね。きっとヒスイカズラも喜ぶと思います。

            お問い合わせは 090-8294-0777 花城まで

 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]