八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
石垣島 大浜の津波石
2011/08/31 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


石垣島 大浜の集落 崎原公園内に 津波石と名称される巨石があります。

 高さ6m、幅12m 重さは、600tの巨石には、劣化した急勾配の階段があります。

5,6年前に 名古屋から来たお友達と津波石の階段をおそるおそるよじ登ってみた。

津波石の上は、ほぼ亜熱帯の原始林の茂る小さな山のようです。 琉球石灰岩にくいこむように

根を下ろす強靭な生命力の南の島の植物達が、長い年月をかけて原生林の小山を作っていた。

津波石明和の大津波により海から流されてきた巨石と言い伝えられていたが、近年になって

この石のサンゴ化石は、2000年〜3000年前で 明和の津波以前に現地に流されたと推測されました。

津波石のある崎原公園辺りの地下は、大き名鍾乳洞で形成されている と大浜の古老達の伝承です。



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島百花繚乱 黄色いアザミの花は
2011/08/29 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



知人から譲ってもらった 黄色いアザミの花。 トゲトゲ葉っぱには、ふさわくない柔らかな黄色い花を

 咲かせていた。 ネットで判った 黄色いアザミの花の名前はチカローテ。

 アメリカ南西部〜メキシコ砂漠地帯のケシ科の一年草。


 アステカ時代 天国では、死者はこの花を食べて暮らしていたという伝説があり、地上では 種子は
 赤痢の妙薬に 葉はシップ薬として 葉から抽出した液は、目薬に 花びらは、鎮痛剤として珍重
 されたという。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島の聖地
2011/08/29 09:44:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



先日に知人から教えて戴いた 目前に美しいエメラルドグリーンの太平洋の海が見える

海辺の近くの聖地。 八重山の島々の竜宮の神様を繋ぐ〔サクラ口龍宮〕と教えて戴きました。

先日、久しぶりにその地を訪れると、各香炉に字が刻みこまれていました。

中央の古い琉球石灰岩の石碑の前には 牛の子龍宮〔沖縄では南方を牛の子ウマノファという。〕

南方に鎮座する龍宮の神様という事です。

 他の香炉に刻まれていたのは 九九火の神  関帝王 七離島 宮古島張水御通し、糸満白銀道御通し

  みるく 白龍、黒龍、はがま石 さくら口龍宮 水神 

 という神々の集結する 聖地のようです。

 どなたが、崇拝されて管理しているのかは、判りません。
  

 



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島百花繚乱 夜来花 イェライシャンの花
2011/08/24 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



近所のお庭で見つけた 甘い香りを放つ 夜来香〔イエライシャン〕の花。

 よく夜香木と勘違いされるが、 夜来香の花は、黄色で朝顔のようなつる性の植物でした。

 夜から明け方にかけて花が、甘い香りを発する。夜9時後には、幽玄な香りを放つらしい。

 東南アジアでは、花を料理に用いるようです。

 

 お庭には、夜来香とよく間違えられる夜香木の花も競うように咲き誇る。

 

 また香水シャネルの原料のイランイランの花も咲いていた。

  
 会いたかった夜来香の花が 灯台元暮らし こんなにすぐ近所に咲いていました。

 夜になると香りの花々が一斉に甘い香りを放つ ご近所のエリアを 一夏のお散歩コースにしたい。

 


 



コメント(1)
トラックバック(0)

パパイヤ 台農5号
2011/08/23 12:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



近年、野菜パパイヤとして台湾から導入された 台農5号。 
 
 今年になって、台農5号が、遺伝子組み換えの未承認の品種である事が判り、急遽 県内の農家に伐採

 を呼びかけた。 栽培は違法らしいが、石垣島では、よく見かける紫色した葉柄のパパイヤの木。

 

 市内の雑草の茂る空き地でみつけた台農5号は、小さな細長い実をつけていました。

 下記は、八重山毎日新聞 5月31日掲載を一部抜粋

  パパイアの「台農5号」が農林水産省の調査で未承認の遺伝子組み換えパパイアと分かり、県八重山農林水産振興センターと石垣市は伐採するよう協力を求めている。

 市では農家の一部で栽培されている実態を確認しているほか、家庭菜園などでも栽培されている可能性があるという。県や市は、伐採や抜き取りに対して代替苗を提供することにしている。
 県内の種苗店が2006年7月に台湾の種苗会社から購入した台農5号の種子(未販売)を検査した結果、陽性の結果が出た。4月下旬、農水省から連絡があった。
 台農5号は、未承認の遺伝子組み換えパパイアで国内での栽培、流通は許可されていないが、県内では流通の実態があるという。厚生労働省は、毒性や摂食による危害につながる情報は認められていないとの見解を示している。

 未承認の遺伝子組み換えパパイアを栽培した場合はカルタヘナ法に、流通させた場合は食品衛生法に違反する。
 台農5号は、他の品種と比べ、葉柄が紫・赤色。両性株と雌株があり、果実は両性株が楕円(だえん)形で、雌株が丸形となっている。
 問い合わせは市農政経済課(82-1307)、八重山農林水産振興センター普及課(82-3497)。


 



コメント(1)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]