八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
怪獣レッドキングの名前は、オヤケアカハチから
2011/09/30 21:01:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



特撮映画 ウルトラマンに出てくる怪獣レッドキング。その名前の由来が、八重山の英雄として今でも崇拝されている

 オヤケアカハチと最近知りました。 ウルトラマンシリーズの中の 特にウルトラセブンも当時はヒーローとして

 子供達の憧れでありました。 ウルトラセブンの脚本を書いた沖縄出身の金城哲夫が、レッドキングの名づけ親。

 彼は、宇宙人と地球人の関係を 沖縄の立場によく似ていると悩んでいたようです。

  オヤケアカハチの活躍は、およそ450年前。長い歳月を経過しても 八重山の英雄として、今なお彼の拠点であった

 大浜地区では、毎年 春にオヤケアカハチ祭りを開催して、英雄のオヤケアカハチを偲ぶそうです。

 大浜にお嶽の集結する聖域があり、その中央に地域を守るがこ゛とくの 熱気盛んの風貌をしたオヤケアカハチの銅


 像と怪獣レッドキングの容姿は、全く異なります。オヤケアカハチの名前をモデルとした と特筆せねば、島のオヤ

 ケアカハチファンは、喜ばない事でしょうね。
 
☆怪獣レッドキングの画像は、円谷プロのHP 怪獣図鑑から


下記は、ウィキペディアより抜粋

オヤケアカハチの生誕地は波照間島で、幼少の頃から豪傑としての頭角を表していたという。その後渡海し、石垣島の大浜村に居を構えて、石垣島内の有力豪族として勢力を広げていった。そして、石垣村の豪族・長田大主の妹の古乙姥を娶り、長田大主と義兄弟の契りを交わした。しかし、宮古諸島の仲宗根豊見親と対立したことで、沖縄本島首里の尚真王の介入を招いた。このことが王府に反旗を翻したとされ、1500年に王が派遣した征討軍3,000人との戦いに敗北し、討ち取られた。これを、オヤケアカハチの乱と言う。


 

 


 



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 いにしえの名残りは 続き
2011/09/28 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 先日 投稿した竹富島のいにしえの名残り。 琉球石灰岩の石塀の仕切りのある構造から

 幼い頃に石垣島で見た家畜小屋に似ていたので、家畜小屋と決め付けていましたが

 どうやら そこは、倉庫小屋として作られていたようです。

 15年前に修復した時の写真を入手しました。竹富島は、土壌が肥沃でないので畑や田は不向き

 だったらしく、遠く西表島や由布島に舟で渡り田や畑作業をしていたそうです。

 そのため、島には農作業の馬はいなかったらしい。現在も島に馬は、いないのでしょうか。

 島の原風景 いにしえの名残は、静かに人の営みを見続けているようです。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

蝶豆の花 バタフライビーンズ
2011/09/27 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 石垣島 民家のフェンスに綺麗なブルーの花をよく見かけます。

 最近、その花が食用である事を知りました。

 

 JAゆらてぃく市場の野菜コーナーに陳列されていた。

 蝶が青い羽根をひろげているのに見えるので、蝶豆。東南アジア タイでは、

 バタフライビーンズといい、ライスを青く染める染料にしたり、ティーやお菓子

 に飾りつけに利用しているようです。

シンプルなマカロニサラダの飾りつけにしてみました。

 初めて食べる蝶豆の花 ふんわりと柔らかい食感。無味と聞いていたか゛、ほんのり

 と甘く感じました。

 

 



コメント(1)
トラックバック(0)

石垣島百花繚乱 オウゴチョウ
2011/09/26 21:00:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



沖縄の三大名花の一つ オウゴチョウ 黄胡蝶。 赤い色の花は、よく見かけますが、

黄色い花は、珍しい。 花柱が長いのが、特徴のマメ科の植物。

沖縄の三大名花は、オウゴチョウ、サンダンカ、デイゴ。



コメント(0)
トラックバック(0)

今日の夕景
2011/09/25 20:22:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



石垣島のサンセットの人気ポイント 富崎灯台へ久しぶりに行ってみました。

 

 連休を利用して島を訪れる観光客で賑わっている人気のサンセットポイントです。

 

 岩場の二人連れの後ろ姿が、神々しく思えました。

 日本のはるか南の島 石垣島から眺める夕日へ 恋人達は、寄り添って歩む未来へと

 思いを託したのでしょうか。

 

 

 階段を登り、高台から眺める 茜色のゆったりとして沈んでいく夕日も絶景。

 

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]