八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
西表そばで焼きそば♪
2012/02/27 23:27:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



市内の大型スーパーで最近見かける西表島産の西表そば。普通のタイプと西表島特産の黒紫米を

 混ぜ込んだ 黒紫米そばの二つのバージョンです。

  久しぶりにに作る焼きソバに西表そばを使ってみました。 洋風なソースやケチャップが苦手なので、焼きそばも

 塩焼きそばが定番です。 画像がぼんやりとしているのはピンぼけでなく、出来立てほやほやの湯気の成せる技。^^;

 もやしをたっぷりと入れ、ヘルシーな厚揚げ豆腐、長ねぎ、海老にさっぱりしたヒレ肉の具材を加えた西表焼きそば。

  麺は、油っぽさがなくあっさり仕立ての島そばでした。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

お花の芸術 コウトウヒスイラン展示会
2012/02/27 22:48:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



メイクマンで蘭愛好家によるコウトウヒスイランの展示会と講習会がありました。

  展示されているコウトウヒスイランの花の種類の多さには、ビックリ!

 

 自然の造詣とは程遠い、美の競演が会場を埋め尽くし、人を惹きつけてしまう。

 会場では、蘭愛好家の方による講習会も開かれていて、蘭好きな人たちが、熱心に
 講話を聴いていました。



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島百花繚乱 カショウクズマメ
2012/02/25 00:58:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 少しずつ春に向かっていく石垣島。雨模様の日々を打ち消すように自然の植物が春を告げる。

  先日の竹富島プチトラベルでワニグチモダマに会い、かすみ草のような繊細な春の花 浜ボッスも

 見つけて歓喜した。 我が家のヒスイカズラもたくさんの蕾を膨らませ、花開くのを静かに待機中です。

 去年の春にカショウクズマメという名の花を初めて知り、花探しをしたのも懐かしい思い出です。

  今年の開花もそろそろでは…と 初めて出会った場所に行ってみたら、カショウクズマメの花が満開に

 咲き誇っていた。お久しぶりの花 去年は、4月の出会いでした。

 土手の近くにひときわ目に付く火焔木の黄色い花も満開。 石垣島 いい季節を迎えました。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

マルシェの石垣の塩ロールケーキ
2012/02/25 00:27:48 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



お気に入りの行きつけのお店は、離島ターミナルの近所にあるケーキ屋さんの「マルシェ」

 

 お目当ては、クッキーシュー一筋です。パリッとした食感の中は、とろけるようなソフトクリームの味をした

 シューが、たっぷりと入っていて、一口食べるだけで虜になってしまうスィーツ。

 先日いつもの如く、マルシェにお決まりのクッキーシューを買いに行くと、店内で気になるポップが目に

 付きました。

  ☆新宿伊勢丹百貨店のバイヤーをうならせた 石垣の塩ロールケーキ。 沖縄物産展で催事の一週間で
    3000個を完売! 

   有名デパートのバイヤーが絶賛 しかも物産展でも大人気のスィーツ 石垣島に住むものとして、こんな嬉しく
 
 誇りに思う事は、ありません。早速買って、帰りました。

 食べてみると、 しっとり感と柔らかさのスポンジに生クリームが甘さ控えめの 八重山のコバルトブルーの海を

 閉じ込めた 石垣の塩の味が、かすかにするような洗練された上品なスィーツでした。

 日本のはるか南の八重山の小さな島々から素晴らしい特産品が数多く生まれ、外へ進出していく。

  八重山の島々に底知れぬパワーと明るい未来を感じた。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 イソフジ 
2012/02/22 20:34:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



小雨降る中の竹富島 ショートトラベル。今回の旅は、島に自生する植物探索です。

 海岸沿いを歩くと、浜ボッスの花が、春を告げていた。 久しぶりにイソフジの数珠玉のような

 鞘をたわわに垂れ下がっている姿を見つけました。黄色い花の時期は、終わっていた。

 去年の暮れに偶然見つけたワニグチモダマ 威勢良くツルを伸びきって花を満開に咲かせていました。

 下記は、yahoo辞書からの転載

 イソフジ(いそふじ) [ 日本大百科全書(小学館) ] 【磯藤】

[学名:Sophora tomentosa L.]

マメ科の低木。葉は奇数羽状複葉、小葉は対生で15対内外、やや多肉質、長さ3センチメートル、幅約2センチメートル、灰白緑色で裏面に毛を密生、多少異臭がある。花序は総状で長さ約15センチメートル、花は黄色。豆果は長さ約15センチメートル、種子が入っていないところでくびれて念珠状となっており、黒く熟し、裂開しない。海岸に生え、奄美(あまみ)諸島以南、沖縄、小笠原(おがさわら)、台湾から熱帯アジアにかけて分布する。海流散布によって広がるものと思われる。

[ 執筆者:島袋敬一 ]

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]