八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
石垣島の道路元標
2012/04/22 00:53:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



先日の原付バイクのエンストで八島のバイパスから家まで歩いた時に、少しお勉強しました。

  歩く途中に道草を食って目新しい植物探索をしたりして二号線を歩いていた。途中に

 洋風な石柱の辺りも探索しました。八重山博物館に隣接していて、町並みの景観を引き立てる

 ためのおしゃれなオブシェと今まで思っていたが、新しい発見があった。 

 

   道路元標…道路の起終点を示すもので、大正9年設置された。

 八重山蔵元跡の道路元標は、最近復元されたものです。



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 百花繚乱
2012/04/20 00:20:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



竹富島 港近くのゆがふ館入り口に艶やかな朱色のデイゴの花が咲いていた。

 海がすぐ側にあり潮風で、たっぷりとマリンミネラルの養分を吸収したせいなのか、花びらが普通サイズの倍も

 ありました。 集落へと続く道のデイゴ並木の花は、ちらほらと咲き緑葉が威勢良く茂っていた。

 集落内の白砂を敷き詰めた古道に 道沿いに咲く清楚な鉄砲百合がよく映える。


 

 去年の暮れのサプライズ出会い ワニグチモダマの咲く古道へとテクテク歩く。

  以前よりもツルが威勢良く伸びきり、花にも会えました。蕾もたくさんついていた。

 ワニグチモダマ 別名 ミドリモダマ ヒスイカズラと同じマメ科 トビカズラ属
 熱帯性植物でツル性の常緑大木 生育環境は、海岸に近い原生林

  レッドデータブック〔絶滅危惧種〕に準ずる。

 

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 新田観光あかばなにて
2012/04/19 11:54:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



竹富島観光といえば、白砂を敷き詰めた古道を水牛車に乗り、ゆったりまったりと集落内を散策です。

  きっと日々の忙しい暮らしで、すっかり忘れてしまった 何か〔心〕を取り戻してくれますでしょう。

  竹富島を筆頭に八重山観光に長年、貢献している水牛車観光の新田観光さん。

 水牛車観光の〔新田観光〕の観光土産店 あかばなさんには、ずっとお世話になっています。

  マーメイドのオリジナル商品 アクセサリーと石鹸を置いて戴いてます。 ☆☆感謝☆☆

 新田観光さんのスタッフ ブログ担当の住田さんとショップのスタッフの方の写真を撮らせて戴きました。

 

  新田観光さんのブログによく話題となる島バナナの生育状況。手塩にかけて育てて、いよいよ立派な

 実となり黄色く色づき完熟した島バナナで住田さんの奥様が〔島バナナパウンドケーキ〕を作ったそうで

 嬉しそうな笑顔の住田さんから島バナナケーキをお裾分けして頂きました。 奥様手作りのケーキは、

 濃厚なバナナの香りがする豊かな味わい。バターも贅沢に入っていた。遠慮して一個だけ頂いたけれど

 もっと貰えば良かったぁ…とお店を出た後に後悔しちゃった。
 
  住田さんのブログにマーメイドの石鹸を紹介して下さいました。☆感謝☆ 有難うございます。

 新田観光のブログは→http://www.nitta-k.net/

 あかばなさんのお店を出て、水牛ステーションを見渡すと、水牛さん達 お仕事中でお留守のよう。

 

 敷地内には、水牛の形に選定された木が目につきました。可愛いアートの世界です。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 都市伝説
2012/04/18 23:49:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



ようやく北の国の問題が、納まり元通りの平穏な日々に戻った八重山の島々。

 平和な島に戻った事に感謝しつつニライカナイ 桃源郷と繋ぐ異空間をイメージ

 する西桟橋からコンドイ浜辺りのビーチを散策しました。

 波打ち際に白い波の花が、寄せては返す波にゆられて、無数に咲いていた。

  

 波の花と戯れていたら、不思議なモノに遭遇した。 岩肌むき出しの海岸にコンクリートブロックを

 半分からカットしたものをコンクリートボンドで固定してあります。 ブロックの穴に海水が長い間溜まって

 いたのか、緑色の藻が生えていた。

 

 いったい何のために 静寂な海辺にコンクリートブロックを固定したのか?  摩訶不思議。

 すぐ近くにはニーラン神石があり、年に一度ニライカナイから神々が船に乗りやってきて、ニーラン神石に

 船を繋ぐという。 設置されたコンクリートブロックも他の船で到来した神々の船を繋ぐため?

 

  ん〜! 島の摩訶不思議を赤いハチマキしたシーサーと一緒に考えよう。



コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島 昭和の赤いポスト
2012/04/18 00:50:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


日本最南端のお寺 喜宝院の目前にレトロな赤いポストがあります。

島の人が、大切にしているのでしょう。ピカピカに手入れされていました。


 

竹富島行きの八重山観光フェリーに乗る前にポストに入れるはずだった封書

慌しく船に駆け込んだので、ポストに入れるのを忘れてしまった「島人ぬ宝プラザ」への

封書を竹富島のレトロな赤いポストに投函して、一人微笑む。^o^V。

発送先の沖縄離島専門店「島人ぬ宝プラザ」は→http://www.6105-shop.com/



 


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]