八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
石垣島都市伝説 ハブ取りキのお店
2012/06/30 00:26:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



島の静かな住宅街の一角に 不思議な看板があり、いつも気にかけていた。

 「ハブ取りキ」の看板と「手相占い・人相占い」の看板

 

 でも外からお店の中を覗くと、ウキやペットボトルの編み込みしたのが吊り下がっていたり

 大黒様の置物が飾ってあったり… とレアな物の集大成。

 

 おまけに入り口には、ビックサイズのペットボトルの中に赤いミニトマトらしいのが満杯に詰めてあったり

 看板とかけ離れている珍しい手作り商品が、ビッシリと陳列されていた。摩訶不思議なお店。

 いつも通りかかる度に不思議に思っていた。入り口の赤いトマトのようなのの正体を知りたくて、

 お店に入ってみた。奥から年配の小柄の女性が出てきたので、ホッとした。 不思議なお店の雰囲気を

  知りたくて、あれこれ洪水の如く質問したので、躊躇したかもしれませんが、丁寧に教えて戴いた。

 赤いミニトマトのようなのは、ヤラボ〔テリハボク〕の実を赤くペイントしたらしく、ノレンを作る予定らしい。

 看板にあったハブ取りキ も説明してくれた。ご主人の手作りのハブ取りキ 持ち手に長い

 ハブを捕獲する仕掛けがあった。 島で他に販売している店もなく売れ筋商品らしい。

 手相・人相占いは、温厚な女性店主が担当。人の顔を観るとその人の全てを察知すると話されていた。

 物静かな小柄な女性でしたが、占い師独特の滲み出るオーラを放つのが不思議。

 お店の名前もない一見普通の住宅のような、奥の深〜い不思議な島のお店の一つです。

 

 

 



コメント(2)
トラックバック(0)

ワニグチモダマの花
2012/06/29 00:20:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



薄緑色した美しい花 ワニグチモダマを初めて石垣島で見た時に感激したのが、つい昨日のように思えます。

 竹富島 島の古道をテクテク歩いている時に出会ったワニグチモダマ 思いもよらない場所に咲いていたので

 ビックリ 感動した事も懐かしい思い出です。島を訪れる度に通う ワニグチモダマの秘密の花園。

 八重山地方は、暑い夏本番を迎え、花は少なくなっていて、葉っぱが威勢良く伸びきっていた。

 ワニグチモダマ 南西諸島の海岸沿いに自生するツル性植物。絶滅危惧種

 



コメント(4)
トラックバック(0)

竹富島ショートトラベル
2012/06/28 00:28:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



新田観光 あかばなさんへ納品がてらの 久しぶりの竹富島ショートトラベル。

 竹富行きの乗船が、昼2時30分という遅い時間だったので、今回のショートトラベルは、

 集落内のプチお散歩でした。 まず港から竹富島観光のバスに乗り、集落内のなごみの塔

 で降りるのが恒例です。竹富島のシンボルなごみの塔を見上げて、島を訪れた事を実感。

 なこ゛みの塔は、相変わらず観光客で賑わっていた。

 

 新田観光あかばなさん前にて 若い女性二人連れにツーショットの写真を撮る事を頼まれて、

 ついでに私のカメラでも撮らせて戴きました。愛知県からのお客様 島に着いたばかりで

 これから集落内を観光されるようで、嬉しそうに足早に去って行った。

   ☆どうか楽しい島旅を…☆

 

 白砂を敷き詰めた古道を観光客を乗せた水牛さん のんびり、ゆったりと歩く。

 白砂を敷き詰めた古道には、ゴミ一つ落ちていません。勤勉な島の人たちが毎朝、道を

 掃き清めているようです。

 

 道沿いに可憐に咲く 天人菊の花達 〔ようこそ竹富島へ…〕とささやいているようです。

 

 琉球石灰岩の石塀の上には、びっしりと熱帯果樹 ドラゴンフルーツの蕾がたわわに

 覆いかぶさる。

  

 民家の庭先によくバナナの木も見かける。バナナの大きな葉が、風に揺らぎそよぐ 原風景。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

野菜バナナ
2012/06/27 12:02:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



東南アジアでは、主食のイモのようにして食べられる野菜バナナ〔ベジタブルバナナ〕を

 親戚の農園から頂いた。 

 

 レンジで蒸し焼きにして食す。 蒸す事により、甘味の風味が凝縮されているようでマイルドな味。

 一つ食べたら満腹感があり、ダイエットにもよさそうな野菜バナナです。



コメント(4)
トラックバック(0)

リュウキュウハンゲ またもや灯台元暮らし
2012/06/27 11:47:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 ネットで知ったリュウキュウハンゲ アンスリュームにもよく似た不思議な花の画像を見たら、

 どうしても花に会いたくなった。原野を探索してみても、なかなか出会う事もなかった植物。

 先日、小浜島の実家の庭に群生していたのを見て驚いた。灯台元暮らしです。

 庭から株を抜き大切にビニール袋にしまっていたら、次兄が呆れ果て〔どこにでもある雑草を植えてどうする?〕

 と真顔で話していた。^o^V

 

 雑草でも、ビロードの貴婦人とも言われている花に会いたい。 5月から10月が開花時期。

 先日、以外な場所で遭遇した。家のすぐ近所 車の往来の激しい道路のガードレールの下に密生していて、ホント

 見るからに雑草でした。ずっと探していたリュウキュウハンゲ 以外と近場にあり、またもや灯台元暮らし。

 ☆リュウキュウハンゲの葉は、ハブの咬傷に効く民間薬草で、ハブに咬まれた傷口に葉をもみこして塗り毒消し。

 葉を煎じてお茶にして毒消しの薬効効果があるようです。



コメント(2)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]