八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
南の島 海辺の公園
2012/08/20 23:16:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



市内 真喜良小学校南に隣接する 海辺の公園。公園のライトグリーンの芝とぬけるような青空 その先に拡がる

 エメラルドグリーンの色のコントラストがよく映え、眺めるだけでも気分が爽快になる。

 


 大きな木の枝がアーチ型になっていたので

 

 遊び心で、こんな写真を撮ってみた。

 公園の近所に住むという、真っ黒に日焼けした男の子が木登りして遊んでいた。

 

 公園のシンボル 鳩を上に掲げた男の子と女の子の像。像のタイトルは〔愛と勇気〕

 

 終戦後から昭和47年 本土復帰の年まで、この公園は、アメリカ政府が統治していて

 島の人は〔アメリカ民政府〕とよんでいた。周囲を鉄線で張り巡らされ、立ち入り禁止の場所でした。

 唯一当時の名残りは、公園入り口の門と日本庭園の跡らしきものです。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

迷い犬 チャラの思い出
2012/08/20 00:18:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



今年の1月の出来事です。家の近所をリードをつけたままのダックスちゃんがウロウロと走り回っていた。

 家に戻る事が出来ず不安気なまなざしをしていたので、一晩家で預かる事にしたけれど、ダックスちゃん

 とても甘えんぼさんで、ずっと私のそばから離れずにいたし、興奮していたのでこちらも気になり、ほぼ徹夜してしまった。

 翌日に飼い主さん探しに界隈を歩き、ようやく飼い主さんの家までたどり着きました。

 ダックスちゃんの名前は〔チャラ〕で放浪癖があり、しばしば家から脱走する と飼い主さん、話していた。

 家に飼い主さんが訪れて、チャラを引き取りに来た。私は、チャラと一夜限りのお付き合い しばし涙ぐんでいたが、

 チャラは、私に目を会わす事もなく、飼い主さんにシッポを振って甘えていた。

 それからしばらくチャラの家の前を通りかかり〔チャラ男〜。〕と呼びかけるのも幾たびか…ストーカーまがいの私でした。

 先日、チャラ男がまた脱走して、短い足で道を駆けてい行く姿を見かけた。〔チャラ男〜〕と呼びかけても、完全に無視

 されてしまった。 今、思うとチャラ男の逃亡癖を知らずに私は保護のつもりが、拉致してしまったのか…と悩んでしまう。

 保護か拉致なのか、真実はチャラ男しか知らない謎です。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)