八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
石垣島 星見石
2012/08/27 22:57:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



石垣島 桟橋通りを北へ 八重山農林高校からさらに北へ行くと 給油所があり、その向いに
 〔星見石〕があります。 星見石を表示する説明プレートもないので、多分それが何であるか…
 と知らない人も多いでしょう。

 石垣島は、夜空に満天の星の輝く島。いにしえより人々の営みに星は深く関わりを持っていました。

 暦のない時代に 農耕の種まきや収穫など 時節の変化を夜空に煌めく星を目印にして農作業をしていた

 ようです。星を目印に から必然的に星見石が出来たようです。

 下記は、ウィキペディアより

 八重山では、星の観測すなわち「星見」が漁業や農業に利用されており、農業については播種などの農作業の時期を特定していた。原初的な形としては、山を基準として星の位置を観測し、観測の対象とした星が特定の時間に特定の位置に来ることを季節の指標として、播種などの作業を行っていたと考えられている。
 
星見石は、山に代わるより精緻な基準として用いられたものである。星見石には、立石状のものと、方角を刻んだ方位石のものがあり、立石状のものには穴が開けられたものと、穴のないものがある。方位石は立石状のものより後の時代のものとされる。
 
立石状のものの場合、穴のあるものでは穴を通して、また、穴のないものでは頂点を基準として、星を観測した。方位石の場合には、中央の穴に竿を立て、その先を基準とした。星見石と組になる背の低い石を用い、2つの石を基準とすることでより正確な観測を行ったものもある。
 
観測対象の星としては、群星(むりぶし、ぶりぶし)と呼ばれるすばる(プレアデス星団)や立明星(たつあきぼし)と呼ばれるオリオン座が用いられた[1]。

 

 小浜島の星定め石は、竹富町の指定文化財の一つです。竹富島の星見石は、島の観光スポット なごみの塔の敷地内に移設

 されて、現代の人々へ星見石の存在をアピールし続けています。八重山の島々には、現在どれだけの数の星見石が残っている
 
 のでしょうか。

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

ニャンコにパソコンジャックされて
2012/08/27 13:33:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般




 大型台風15号が、沖縄本島を通過のニュースにホッとした。気になるのは、台風の爪跡。
 被害が甚大でない事をただ願うばかり。 当地八重山地方も現在、台風14号の迷走に緊迫しています。

 自然の摂理に敏感な動物達 台風の影響により天気が悪くなると、家族の一員 ペット達は、ずっと寝てばかり。

 我が家のニャンコ ハッピーもひたすら爆睡中ですが、ここのところハッピーは、パソコンにピタッとくっついて寝てばかり。

 気持ち良さげに寝ているのを起して、移動も可哀想だし…と最近パソコンを開く時間も少なくなってきた。

 ハッピーのパソコンジャックの行為は「パソコンを開く時間があれば、マジメに仕事したら?」と 厳しい愛の鞭かも。

  ごもっともでございます。 どなたかの名言は Time is moneyでしたね。^o^V

 

 とある日のハッピーは、ビロ〜〜〜ンと警戒心もない 悩ましい寝姿…そんなあられもない格好の写真を とまたハッピー
 に猫パンチくらうかも。

 


 

 



コメント(0)
トラックバック(0)

リュウキュウハンゲの蕾 開花近し
2012/08/27 00:52:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 リュウキュウハンゲの花をある方のブログで知り、写真にアップされていた妖しい美しさに たちまち

 魅せられて、その植物探しをしたのか゛6月でした。 島の東へ 西へと、原付バイクを走らせながらの

 リュウキュウハンゲ探しの日々が続き、以外や灯台元暮らし 小浜島の実家の庭、近場の桟橋通りと身近な

 植物だったのには驚いた。 6月に小浜島に所用で行った時に採取したものを我が家のガーデンの仲間入りに

 して、花を咲かすのを待ちわびる日々でした。 それから2ケ月余、やっとこさ、蕾らしきものが細く長く息吹いて

 きました。明日、明後日には、憧れの花に会えるようなので、ワクワクしています。

  リュウキュウハンゲの花 別名 ビロードの貴婦人という。誰が名づけたのか、粋なお方です。

   開花期は5月から10月まで 日本の分布地域は、鹿児島から南下琉球列島

 リュウキュウハンゲの特徴:
 草丈15〜30cmの多年草。
 球茎があり、葉は2〜5個が根生し、広卵形の矢じり形で3裂、長さ5〜15cm。葉柄は10〜30cmになる。
 仏炎苞は紫褐色〜暗紫紅色で、長さ10cm程度。筒部は狭卵形で、舷部は口辺部より上が急に広がり、先は尾状になる。
 付属体は尾状で帯紫色、長さ8〜15cm。仏炎苞の上に飛び出る。

 

 

 



コメント(0)
トラックバック(0)