八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
沖縄の正月 床の間飾り
2013/01/04 20:47:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



沖縄の正月 床の間飾りに一つ一つ意味合いがあるようで、一年間家族の幸せと無病息災
 の願いを込めて飾ります。
 
 新しき年を小浜島の実家で迎えました。実家の床の間も伝統的な沖縄の正月飾りになっています。

 正月用の生花は、松、竹、菊など。 手前の赤い重箱は ハナングミ〔花米〕

 

 お重にこんもりと盛ったお米の上には、木炭、昆布、みかんが添えられています。

 ウフグシ〔お屠蘇を入れる飾り瓶子〕

 2006年の八重山毎日新聞の元旦号 正月飾りの記事を転載させて戴きました。
 判り易くイラスト入りの飾りきりを細かく紹介してあり、貴重な資料です。

 お屠蘇の入った盃を手に 年頭の御挨拶を済ますとひとかけらの塩を箸でよそって頂き、
 口に入れます。 元旦の祓い清めの意味合いでしょうか。

 

 新年早々 縁起がいい。幸せを運ぶ鳩が、年頭の挨拶に訪れました。


 
 



コメント(1)
トラックバック(0)