八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
海辺のお花畑 ナンテンカズラ
2013/02/20 01:32:21 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



石垣島 水ぬるみ、陽が暖かくなると、野の花の百花繚乱。自然界の花々が一斉に咲き誇る。

 海辺のお花畑のナンテンカズラも色鮮やかな黄色い花をこぼれんばかりに咲き誇り、春の到来を祝福している。

 花の香りが潮風に乗り、爽快な甘いジャスミンのコロンのようで、心地よい。

 

 ナンテンカズラ マメ科 ジャケツイバラ属
           屋久島以南の南西諸島、熱帯アジアに分布。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

アリマウマノスズクサの花
2013/02/20 01:11:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 アリマウマノスス゛クサの花に初めて会いました。 管楽器サクスフォンのような形状が個性的。

 一見、食虫植物のようだけれど、小バエを匂いで誘い込み、筒状に幽閉し受精させる特異な植物である。

 

 島の原野にオーシャンブルー〔野朝顔〕のツルと競い合うように茂っている。

 ウマノスス゛クサ属 蝶の食草植物で変異変種が多く、分類がはっきりしない。
 アリマウマノスズクサ、コウシュウウマノスズクサ、オオバウマノスズクサ、ホソバウマノスズクサなどの種類がある。

 リュウキュウウマノスズ クサは、花のめだつ部分(ぶぶん)が、黄緑色(きみどりいろ)とえんじ色が波 (なみ)のように
 まざりあった模様(もよう)をしている。ところが、このアリマウマノスズ クサは、花の外側(そとがわ)がえんじ色。
 内側(うちがわ)が黄(き)色と完全(かんぜん)に分(わ)かれています。
 



コメント(1)
トラックバック(0)

ヒスイカズラの花咲く季節となりました。
2013/02/18 00:22:49 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 宝石の翡翠のような色をした美しい花 ヒスイカズラ。 大切に育て花が咲くようになったのは、3年前でしょうか。

 去年の開花は、3月5日頃で、何故か元気がなく花房も少なく開花期も短かかった。

 今年は、暖冬のせいか去年より開花が早いようです。

 

 美しい翡翠色と花びらの形状が鳥のクチバシにもやや似ていて個性的な花を朝一番に眺めては、うっとり。

 仕事の合間の一休みにまた眺めてはうっとり と魅せられて、ささやかな癒しの空間です。

 

 たくさんの長い花房が垂れ下がり、しばらくはお花見を楽しめそうです。

 ☆ヒスイカズラ 宝石の翡翠の色をした美しい花 ヒスイカズラの自生地は、フィリピン諸島のルソン島やミンドロ島などの
   限られた地域の熱帯雨林地方です。 マメ科の植物で花房は1メートル以上も垂れ下がる。



コメント(1)
トラックバック(0)

朝焼け 小浜島にて
2013/02/17 01:46:28 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



15日〔金〕 小浜島の東の空を茜色に染め、ゆったりと朝日が登る。

  

 実家の満開に咲き誇る桜の花の背景に朝焼けがよく映える。

 久しぶりに眺める朝焼け。 昔から朝焼けは、雨の降る兆しと言い伝えられるが、やはり当日は
 雨模様の1日でした。



コメント(0)
トラックバック(0)

石垣島百花繚乱 サキシマツツジ
2013/02/13 23:50:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 八重山地方 水ぬるみ、春の訪れを告げる頃は、野山は百花繚乱。 たくさんの花達が咲き誇る。

 サキシマツツジの花 あまりにも朱の色がまばゆくて、ひときわ目立つ存在。

  〔在来の種〕と教えて頂いた。 植物に関して、知識を持ち合わせないけれど

 〔在来種〕 〔絶滅危惧種〕という言葉には、すぐさま反応してしまう。 早速サキシマツツジのお花観察です。

 

 長い花芯 花びらの一片のみに 紫色の小さな斑点があり、細長い葉に触れてみるとザラザラとした感触でした。

 サキシマツツジ→ 石垣島、西表島に分布する固有種で常緑低木。
             沖縄県版レッドデータブックによると 絶滅危惧?類
 

 



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 3 件を表示 ]