八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
大浜の豊年祭
2013/07/30 01:07:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 夏の風物詩 四ケ字の豊年祭を終え、また元の平穏な島に戻ったのもつかのま…
 1日おいて 29日には、大浜の豊年祭でした。
 八重山の神々と八重山人は、お祭り大好き。♪ 毎日のようにお祭りで とても得した気分
 になってしまいます。

 大浜のたくさんの御嶽が並ぶ 神の道は、祭りの群集で埋め尽くされていました。
 夕方には、各団体の奉納巻き踊りがユックリズムで時が止まったように延々と続きます。
 奉納巻き踊りが、ようやく終わると、いきなり場の空気が変わり、島の風土のエッセンス
 を凝縮したツナヌミンと大綱引きが始まります。

 夕闇の中、たいまつが点り、男衆の指笛、歓声、喧騒の中ツナヌミンのスタンバイ。
 かつて450年前に八重山の貧しい農民を救おうと立ち上がった英雄 オヤケアカハチの
 ゆかりの地 大浜人にはアカハチ魂が引き継がれているのか 祭りに素朴と逞しさの気
 が伝わってくるようでした。東西二手に分かれて、無数のたいまつが掲げられた光景は
 圧巻です。熱気溢れるクライマッマスを迎えた祭りを中央で鎮座する大浜の英雄アカハチの
 像も静かに見守っているようです。ツナヌミン、大綱引きと祭りは人の熱気で溢れ、絶好調。

 大綱引きも熱気溢れる喧騒の中、時が止まったように思えたのも不思議です。
 八重山の島々は神の島。 あます事なく人と神が一つとなり、願う事全て叶えたり。

 
 



コメント(0)
トラックバック(0)

豊年祭
2013/07/29 00:28:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


 

 夏の風物詩 四ケ字の豊年祭を昨日終え、祭り一色で活気づいていた市内も一夜明けると
 また元の平穏な街に戻りました。

 祭りを終えた人々の心には、祭りの残像と興奮がまだ余韻として残っている事でしょう。

 感動した祭りの光景は…
 辺りがすっかりと暗くなった頃は、祭りの最高のクライマックス。 ツナヌミンの始まる前に新川地区
 の旗頭が東西に分かれます。旗頭には、ぼんやりと灯りが点り、幻想的な光景です。
 その灯りを見た人には、幸せが訪れると昔から言い伝えられているそうです。

 人は旗頭のその灯りを眺めては、一年間の思い出が走馬灯のように駆け巡り、
 来夏世への幸せを願う。 島の夏はまだ長く続きます。

 八重山の豊年祭は
 八重山スビリッツ〔魂〕の集大成 いにしえから大切に継承されてきた厳かな祭り。
 神と人を繋ぎ、人と人を繋ぐ 全ての人が一つとなる豊年祭は、来夏世〔くなつゆ〕の五穀豊穣
 を願い、人々の無病息災と幸せを願う祭り。



コメント(0)
トラックバック(0)

四ケ字豊年祭 ムラプール
2013/07/28 01:23:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



八重山の島々の最大の夏の風物詩 豊年祭のクライマックスはも四ケ字のムラプールです。

 

  新川、石垣、大川、登野城の四ケ字 各地域のシンボルの旗頭が集結して、天高く風になびく
 光景を見ると、去年の豊年祭から一年経過 平穏無事に過ごしてきた事を島の神々に感謝。


 
 

 旗頭の先陣をきる男達も八重山スピリッツで血湧き肉踊り 一年間の駆け巡る想いを祭りのの場で
 燃焼させるけれど、女性達も男性に負けず劣らず生き生きとした、いい表情で奉納舞踊をします。
 ご当地 大川婦人会の方達の巻き踊り。



 登野城婦人会も後から共演 懐かしい顔が (*^_^*)。 



こちらは新川婦人会 ここにも懐かしい顔です。(*^_^*)
 



コメント(0)
トラックバック(0)

豊年祭 ツナヌミン
2013/07/28 01:14:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



 豊年祭 終焉の大綱引き前にはツナヌミンがあり、豪傑な武士の殺陣は、観衆の心を
 ふるいたてます。今年はラッキー♪ すぐ目前でツナヌミンを見る事が出来ました。
 たいまつを持つ男衆の中での凛々しい殺陣に、女性の黄色い歓声 〔かっこいい〜〕
 を何度も連発。 武将達も心の中でマンザラでもなさそうかも… でもお役目柄 険しい
 顔をしなければいけません。つい最近まで ツナヌミンの事を〔牛若丸と弁慶〕とよんで
 いたけれど。 ツナヌミン 島の方言だけど意味合いは判りません。
 大綱引きの前の演舞だから、ツナヌミンかな。?


 子供旗頭 大人顔負けにしっかりと旗頭を支えています。未来のツナヌミンの武将です。


 まだまだ現役で登野城の旗頭を持つ 永遠の青年会のおじさんもいた。



コメント(0)
トラックバック(0)

豊年祭 大浜、神の道は
2013/07/27 14:51:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般



八重゛山の島々は、各地で豊年祭で熱く燃え上がっています。
昨夜は、宮良の豊年祭を観て、その後に大浜の神の道 たくさんの御嶽の
集結する公民館前の道路に行ってみました。豊年祭の大綱が祭りの時を向かえ
闇の中に静かにスタンバイしています。

 

傍らには、大綱を見守るようにアカハチの像、そして煌々と照らす月が幻想的な光景でした。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]