八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
 
石垣島の美しい自然 エメラルドグリーンの海 緑なす大地に風が優しくささやく 石垣島に住み、自然に接するだけで心安らぐ。  そんな思いなどを投稿しています。
沖縄の原風景 ヒンプン
2013/09/02 01:54:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般




八重山地方の民家には、沖縄独特の古い風習 ヒンプンがあります。

ヒンプンとは

 【ひんぷん】 琉球建築の民家における典型的な様式のひとつで、門と母屋との間に設けられる「目隠し」をいい、中国語の屏風(ピンプン)に由来するといわれている。「魔除け」という役割もあるが、通りからの目隠しと、南風が屋敷へ抜けていくように設計されているという。


島の住宅街を散策しながら、よそ様の家の門構えやヒンプンを見てみると、サンゴ石灰岩の石積みや粟石、現代的なコンクリート構築
など 個性的な造詣が面白い。
平得地区の民家のヒンプンは、満開に咲くコウシュウカズラの花がヒンプンを美しく着飾っていた。古民家の赤瓦の屋根によく映えて
いる沖縄の原風景です。

コウシュウカズラ ツル性常葉植物で、日本では沖縄県に自生。



コメント(1)
トラックバック(0)