ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
石垣島釣り 石垣島シュノーケル 
ウバザメをご存知ですか? マコトの好きなサメのはなし。
2014/12/23 15:22:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般


こんにちは!石垣島マリンタイムです!


今回のお話はちょっと石垣島のスケールからは離れてしまう話です。


スタッフである僕が、好きなサメについてみなさんにご紹介したいと思います。

そのサメは、ウバザメです。


uba2


ウバザメは、ネズミザメ科の一種で、

ジンベイザメに次いで2番目に大きな体を持つサメです。


最大で12m以上だとか。動きは大変に緩慢で、

近づく船やダイバーなどにも寛容な性格です。ジンベイザメと同じく、

プランクトンを海水ごと飲みこんで鰓でろ過して採取しています。


uba


非常に大きな口と、鰓を持っています。

回遊性が高く、世界各地の海を渡っています。


秋から冬の間はプランクトンもいなくなる時期に当たるので

その時は深海で冬眠状態になるそうです。

 

性別による社会的グループを形成して生活し、

仲間とのコミュニュケーションは

視覚的合図で行っていると考えられています。


目はその大きな体と比べてもとても小さいのですが、よく見えているようで、

似たような形の船を同族と間違えて認識することもあるのだそうです。

 

ウバザメは、その温和な性格、ゆっくりとした動きから捕獲されやすく、

人々の生活で数多く利用されてきました。


食用にしたり、脂分は燃料として、分厚い皮は皮製品として使われてきました。


しかし、現在ではその個体数が激減したため、

捕獲を制限もしくは禁止している国が多くあります。

 

ウバザメは温和で、船が近づいても逃げようとしないので、

ダイビングなどのツアーでも人気のようです。

ダイバーたちの周りを旋回してくれることもあるみたいです。

 

 

また、ウバザメの死骸はとても原形をとどめないくらい朽ちるので、

過去の未確認生物として話題になったネッシーだったり、シーサーペイントだったりと

間違って認識されたこともあります。


今ではそのDNAがウバザメのものと分かっています。

確かにこれだけ大きな生物の死骸を発見したら、驚き物ですよね。

 

世界のダイビングなどでもしかしたら見ることが出来るかも知れない、

ジンベイザメに次いで大きなサメ、ウバザメ。その温和な性格とゆっくりとした動きが

とても愛らしいサメです。

ぜひ皆さんにも覚えて頂きたいと思います。




コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。