ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
生活費を入れなかった場合の離婚の慰謝料
2013/03/16 02:56:36 ブログカテゴリ 失恋 | 書庫 全般
離婚の原因として、生活費を入れなかった場合というものがあります。
そのようなケースとしましては、慰謝料というものを取れる可能性があります。
不貞行為などでは慰謝料を取れるイメージがあるのですが、生活費などにつきましてはあまり知られていない部分でもあります。
離婚を計画中の方は注目をしていくべき部分です。
そこで生活費を入れなかったということですが、共働きではないようなケースによくおこります。
旦那さんが家に給料を入れなくて全部自分で使ってしまうというようなこともあり得るのです。
生活などが行き詰ってしまうことがそういった事でもあり得ますので、注意をしていかれるといいのではないでしょうか。
ちなみに、そのような生活費を入れなかったというような場合ですが、経済的な責任の放棄というものになります。
経済的な責任はしっかりと背負っていかなければいけないのが結婚生活です。
それを放棄してしまうことは、慰謝料を支払わなくてはいけない対象になります。
その場合の慰謝料ですが、相場にはいろいろな基準があります。
基本的に50万円から300万円の範囲内が妥当といわれています。
ただし、長期的な経済的な責任の放棄がありますと、その範囲を超えるようなこともあります。
長い期間にそういった待遇を受けてしまった方は、慰謝料を多めにいただける可能性が高いというわけです。
悪意の遺棄という原因に分類をされますので、そのような経済的な責任の放棄をされてしまった経験がある方は、相場についてもう少し詳しく調べてみてもよろしいでしょう。

コメント(0)
トラックバック(0)

慰謝料を請求するのも難儀
2013/03/15 01:18:12 ブログカテゴリ 失恋 | 書庫 全般
夫、または妻の浮気、された方は完全に相手が悪いと決めつけて、慰謝料を請求して、お金を得ることができると決めつけているケースが多いようです。
しかし、浮気をしたからといって、すぐに請求ができるわけではないのです。
日本の離婚は、協議離婚がほとんどです。
慰謝料を話し合いにて、支払うケースも多いようです。
ですが、浮気された夫、または妻に対して金額を完全に取れるかというと、そういうわけでもありません。
相手の収入により、その金額が違ってくるのが相場です。
収入が少なければ、裁判をいくらしても賠償金はそう支払われません。
納得しなければ、話し合いです。
離婚に対しては、慰謝料というのはどのくらいでどれだけ支払わなければならないという決まりはありません。
さらに、証拠がないのに浮気をしていると決めつけても、それは裁判にかけても慰謝料は取れません。
証拠がないと、請求が完全にできないのです。
ラブホテルへ入った瞬間の写真を撮ったからといって、これが証拠になるかというと、裁判ではならないケースが多いのです。
そう、当事者が相手の具合が悪かったから、仕方なく休ませたと言い張ればそれまでです。
裁判所では、それがまかり通るのです。
さらに、浮気をしたという証言録音も、返って脅迫したとされて、返って訴えられる場合もあります。
肉体関係を示唆する証拠写真がなければ、決定できません。
そういう時役立つのが、興信所です。
徹底的にするなら、この手が一番です。

コメント(0)
トラックバック(0)