ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
アフィリエイトで重要なのが継続力
2013/07/30 09:00:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 アフィリエイト入門編
ブログを始めてみると分かりますが
こちらからアクションを起こさない限り
アクセスなんて、更新しなければ“毎日ほぼゼロ”が普通です。

1週間もすればなれますけどね。
「あ、今日更新してないからアクセスないや〜」
なんてね。

毎日更新して100記事くらいになってくると
少しずつ訪問数も上がってくる感じですね。
なので最初の3ヶ月はひたすら作業です。

じゃんじゃん、記事をかきつづけます。

何の見返りも求めずに、我慢の日々を続けましょう。


記事を書けば昔と違い、
1記事あたり5ユーザー〜10ユーザーくらいは見に来ることが多いです。

ソーシャルを活用すれば
いきなり多くのユーザーを閲覧させることも可能ですが、

そもそもコンテンツの少ないサイトに来てもらっても

離脱するだけです。


であれば、初期段階では

とにかく記事を書くのです。


モチベーションは下がりますが頑張りましょう!





そこで、モチベーションの下がらないワンポイントアドバイス


・サイトの広告の張り方を考える
・広告を選定しておく

です。


ピックアップしておくことで、
サイトの加速性が違いますからね


コメント(0)
トラックバック(0)

Google Adsenseからの終了告知でアフィリエイターパニック??
2013/07/28 14:57:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 アフィリエイト入門編
こんにちわ。よく沖縄出身ですか?といわれるくらいの顔立ちです。
『ハルカ』です。 

まいりましたね。googleからのこんな告知

GoogleAdesnseの変更のお知らせ
https://support.google.com/sites/answer/3156640?hl=ja

このツールはある程度稼げているサイトではかなり有効なものだったのですが・・・

何か大体ツールはあるのでしょうか?

8月末までに設置しておくことで、以降も利用できるとのことなので、
頑張って作っていくか。


コメント(0)
トラックバック(0)

アフィリエイトは時間がかかるオシゴトです
2013/07/26 10:06:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 アフィリエイト入門編
こんにちわ。よく沖縄出身ですか?といわれるくらいの顔立ちです。
『ハルカ』です。 


さて、アフィリエイトを始めて誰もが気にする「報酬」

これって、いつぐらいから稼げるようになるのだろ?。・゚・(*ノД`*)・゚・。

って、思いますよね。
正直、いつになったら稼げるというものはないに等しいです!

そうなんです、
アフィリエイトで報酬が発生するようになるには時間がかかります。

そのため、「継続性」 が重要です。

よく、アフィリエイトの収入は二次関数に例えられますが、
始めはいくら頑張っても中々報酬が発生しません。


でも、その壁を乗り越えた時、普通の仕事とは違って、
2倍、3倍に報酬が膨れ上がって伸びていくビジネスです


一回でも稼げるようになったら、あとはその繰り返しです。

繰り返し、繰り返しで相乗効果でグングン伸びていきます
そして、一般的なサラリーマンの月収を超えられるようになるのです


アフィリエイトは費やした時間だけ稼げます((*´ゝз・)ノ゙お疲れ様♪


1日最低1時間。

私は、どんな忙しい時でも最低2時間は没頭していました!


忙しくて毎日できないのであれば、
週末、休日などにやるとして
1週間で7時間はアフィリエイトに時間を使いましょう。




やり続ければ、必ず報酬が発生するようになりますから( ´,_ゝ` ) 


コメント(0)
トラックバック(0)

Webからの売上を増やすために使える行動心理学(前半)
2013/07/23 23:52:57 ブログカテゴリ インターネット | 書庫 ユーザーの心理について
こんにちわ。よく沖縄出身ですか?といわれるくらいの顔立ちです。
『ハルカ』です。 


あつくてお買い物もいけていません。
もっぱらおうちの中でダラダラしています

お買い物といえば、
なぜ、どういった経緯で購入までこぎつけるのでしょうか?

そこには、「購買心理」というのが働いているようです。
そこをちょっと考えています


ウェブ上の購買心理について

こんなに多くの同じようなウェブサイトの中からあなたのでサイトでの購買をするわけです。
またはしてもらうわけです。

他のサイトで、
◆キャッチコピーに凝っている
◆デザインに凝っている
などありますが、売上を上げてもん勝ちです!

では、どんな行動心理があるのか見てみましょう( ̄∇+ ̄)


1.アンカリング効果
アンカリング効果とは、最初に提示された数字(値段、割引率etc)や条件が頭に刷り込まれて基準となり、それ以降は刷り込まれた基準に合わせて意思決定をしてしまう心理的現象です。

料金表ページやキャンペーンページ・メルマガでのライティングを行う際に活用します。


2.バンドワゴン効果
バンドワゴン効果とは、そのサービスを購入・利用する人が多ければ多いほど、一人ひとりの顧客の満足度や安心感が高まっていく心理的現象の事です。流行している空気を醸成できれば、そのサービスに対する支持をより強める事ができます。

つまり、ガンホーが出している『パズル&ドラゴンズ』が累計1,500万ダウンロードを突破!といったプレスも、新規ユーザーの獲得だけでなく、既存ユーザーの満足度向上、ひいては継続率の向上に貢献している訳です。


3.単純接触効果
単純接触効果とは、繰り返し目に触れると好感度や印象が良くなる心理的現象の事です。ザイオンス効果とも言います。

メール配信や継続的な広告出稿時に効果を発揮しますが、やり過ぎは禁物です。特にメール配信はスパムと思われないように注意しましょう。


4.スノッブ効果
スノッブ効果とは、他の人とは違ったものが欲しい思う心理的現象の事です。ある商品の希少性が増すと欲しくなり、逆に一般に出回れば欲求は減退します。

ユーザー向け課金サービスではあれば、希少性の高いアイテムやダンジョンを作りにいきます。


5.アンダードック効果
アンダードック効果とは、不利な状況にあるサービスなどに対して、人が同情を寄せる心理的現象の事です。負け犬効果とも言います。


6.ヴェブレン効果
ヴェブレン効果とは、購入するサービスや物が高価であればあるほど、顕示的欲求を満たす割合が増え、それに従い購買意欲も増える心理的現象の事です。

価格を下げる事によって、逆に需要を減らしてしまう可能性があるので、価格設定の見直しの時はご注意下さい。


7.ディドロ効果
普段の服装や持っているものに加えて、より水準の高い(高級、オシャレ etc)ものを持った場合、新しく持った水準の高いものに元々持っているものを統一しようと思う心理的現象です。

この理論はサイト内のアイテム販促で活きます。アバター、ソーシャルゲーム等のアイテム課金サービスであれば、服装や装備の一部だけ高価なアイテムをプレゼントするのも一つの手です。


8.カリギュラ効果
禁止されると、逆に興味を持ってしまう心理的現象の事です。

「中を見てはいけません」「買ってはいけません」。このように禁止されるとどうしても興味が湧いてしまうもの。ランディングページやメルマガの序文として使ってみましょう。


9.ハロー効果
何かを評価する時、特徴的な一つの指標に引きずられて全体的な評価が良くも悪くも歪められてしまう心理的現象の事です。

有名人や好きなモデルが出演しているCM・商品に好感を持ってしまうのも、このハロー効果のせいです。


10.初頭効果と親近効果
第一印象で形作られる考えを初頭効果と言い、複数回会っているうちに形作られる考え方を親近効果と言います。

Webサービスでも、1回でもそのユーザーにバグがある使いにくいサービスだと感じられると、その印象は初頭効果により中々消えませんので注意しましょう。





まだまだ、心理についてはたくさんあります。
ちょっとの事に気を使うだけで大きく売り上げも変わってきますので、
いろいろチャレンジしてみてください1


コメント(0)
トラックバック(0)

コピーコンテンツは絶対だめ!人間的にですよ!
2013/07/21 22:28:35 ブログカテゴリ インターネット | 書庫 アフィリエイト入門編
コピーコンテンツは絶対だめ!人間的にですよ!

初心者アフィリエイターさんのやりがちなミスとして、堂々のナンバーワンは
「まったくのコピーコンテンツ」
だと、考えています。


SEO的に最悪な結果を生む

コピーコンテンツの最悪を発揮するところとしては、googleからインデックス登録を削除され、検索結果に表示されなくなる可能性が多いになる。ということです。

これは、googleの公式ブログでも書かれているもので、ユーザーに対して検索結果で無駄な時間・不利益な情報としてとらえられているためだと思います。確かにいろいろなサイトで全く同じ内容の記事が書かれていたらユーザーとしては無駄な時間ですよね。

結果、どんな記事を書いても、どんなに多く書こうが、日の目に触れなくなる可能性がありますのでご注意ください。


コピーコンテンツにならない方法

アフィリエイトの記事に限らず、デーマが同じであれば、もちろん内容も結果的に同じになってしまいますよね。言い回しや書き方が異なるだけです。

では、コピーコンテンツと見なされないためには、何が必要なのかというと
『オリジナリティ』
です。
記事にしようと考えていたテーマで他の人に先に公開されてしまった。なんてことは、一般的になってきましたし、知らないだけでどこかに同じような記事はあるはずです。

ただ、他の人とテーマが同じでも、捉え方や説明の仕方は個人で異なるはずです。そこをうまくオリジナリティあるものにし、自身のみのコンテンツとして仕上げるのです。

写真の使いましはどうなの?

コピーというと写真のダウンロードも含まれるのか?という質問もいただきます。
個人撮影した写真であり、「このサイトのすべてにおいての著作権は制作者にあります」などという記載ないにしても、オリジナルのもは基本的に本人にあるようです。
しかし、現在「フリー写真素材サイト」というものも多数あり、その分別が難しくなっているようです。

争いごとなく平和的にアフィリエイト活動、サイト制作を行うのであれば素材サイトからきちんとダウンロードしましょう。


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 4 件を表示 ]