八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
くりすますのこと
2006/12/26 12:36:13 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 一夜あけてクリスマスの雰囲気がすっかりなくなり、今日からは年末年始に向けて大いそがしの日々が続きます。

「サンタが届けるクリスマスケーキ&オードブル」も、ホワイトクリスマス150台、ブッシュドノエル100台、オードブル30台、その他ラウンジヴィルゴでも店頭で150個のプチケーキを完売し、忙しいクリスマスも終わり、担当のラウンジヴィルゴのスタッフもようやく肩の荷がおりたようで、今朝はすっきりした顔で接客していました。(モチロン普段もさわやかな笑顔でお迎えしてますヨ・・念のため言っとく)

今年は私も配達要員としてサンタに扮し、石垣島の子供たちに夢を与える義務感に燃え配達の最中にそこいくガキンチョをつかまえては、ポケットにいれたキャンディーをえさにホレホレとおびき寄せ、まるで自分が人気者になった錯覚を感じたり感じなかったり・・・

ガキンチョと言えばここ石垣島でもぶっそうなヤツはいるもので差し出すキャンディーに本能的に手を出したと思ったらあわてて引っ込める。はっとして尋ねると「うん、知らない人からモノもらっちゃいけないって言われているから・・」なんて寂しそうに言う割には好奇心旺盛でサンタに群がるガキンチョをみてちょっと複雑な心境に・・

ま、しょうがないか、なんて気を取り直して再び配達にいくと、ある家庭では到着前に玄関でお母さんが待機し、「コレを渡して欲しいんです」。渡されたプレゼントにはたくさんのおもちゃに、ちゃっかりと勉強道具が混ざっていて、本人の要望とお母さんの希望がうまくミックスされた内容で構成されていました。

喜ぶ顔を想像しながら玄関を開けようとすると「渡すときに言ってほしいことがあるんですが」、「何ですか」、「プレゼントあげるからゴハンをいっぱい食べるんだよって」。

サンタとプレゼントはこういう使い方もあるんだナ。
あっぱれお母さん、そのこころしかと受けとった。

ガラガラガラ〜(引き戸の開く音)。

「タカシく〜ん(仮名)。メリークリスマース!」
ちょっと英語風なイントネーションをおりまぜ大声で登場すると、よろこぶタカシくんが興奮気味で奥から登場!

お母さんの期待よろしく
「プレゼントをあげるから、かわりにいっぱいいっぱ〜いゴハンを食べるんだよ!」。
「うん、うん、たくさん食べる」。
うなずく頭の先では、まだ渡していないプレゼントをしっかりと右手で握っていました。

任務完了〜!
満足感いっぱいの配達はこうして幕を閉じました。

以上クリスマス報告でしたっ。


写真上【ホワイトクリスマス/左 ブッシュドノエル/右】

ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com



uppic uppic

コメント(1)
トラックバック(0)

お詫び
2006/12/24 14:13:08 書庫 スタッフ便り一覧
(12/19ブログ「アイランダー」)”にコメントをいただいた方へ

スミマセン。不適切なコメントの削除の際に間違えていっしょに削除してしまいました。

管理者「やどかり」


コメント(3)
トラックバック(0)

なれないコト
2006/12/24 13:30:01 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 今日はクリスマスイブ。

ホテル日航八重山ではイベント化している「サンタが届けるクリスマスケーキ」なんてものの準備でバックヤードは混雑気味。

そんな中、レストランや宴会関係の事務所では大掃除らしきことをドタバタと、掃除やかたづけの途中で冷蔵庫やテレビを動かして模様替えに発展したりして・・。
しばらくすると、一番奥のエライ人まで、「おおオレも何かする!」なんてバツ悪そうにゴミ袋をもちだし動き出しています!

しかし、わたくしヤドカリなんぞ普段からやりなれないことをするものだから、冷蔵庫を移動している最中にコンセントをぶっ壊し、施設の管理をしている設備グループのニイチャンに、年末の忙しい時期に面倒をかけることに。m(_ _)mスンマセン。

かたづけの方はと言うと、目の前のものをどんどん倉庫に持っていくもんだから、事務所の見た目はかたづいていくケド、反比例に倉庫が乱雑になっていく。

こんなもんです(笑)


ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com


追記(12/25):
八重山ファン様ご指摘ありがとうございます。
文中「かたずけ」を「かたづけ」に訂正いたしました。

管理者やどかり

uppic uppic

コメント(2)
トラックバック(0)

裏イベント
2006/12/21 16:45:21 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 昨日の青空(相当ひさしぶりだったんですけどね〜)から一転、今日は朝から激しい雨と風。
海は5mの波のシケでグラスボートも欠航し、観光の予約も変更や取り消しが相次ぎました。
プチ台風状態です。。。

こんな日に、ホテルでは“裏”イベントが2つありました。

ひとつは、社内救急講習会。
以前、消防の方を招いてホテルスタッフ向けに救急の講習をして頂いたのですが、新しいスタッフもいるし、以前受けたスタッフも実践の機会がないまま時間がたっています。
八重山病院の看護士の方がボランティアで出張講習会をして下さることになり、少人数ですが、宴会場でAEDを含む救急の講習を受けているわけなのです。
まぁ、できることならずっと実践の機会に当たりたくないですけどね。。。

もうひとつは、ベッド譲渡会。
一部客室のベッドの入れ替えを行うことになり、おニューのベッドがやって来ました。
お払い箱になるベッドを廃棄処分とするのは“エコポリシー”に反する!ということで、全部無償譲渡しちゃえということになったわけです。
よっ、太っ腹っ!
2日がかりで約100組のベッド(ベッド台とマットレス)が大浴場の下の広場に運び出されました。
新聞に小さな広告を打って迎えた当日は、前述どおりのあいにくの天気。。。
さて、どれだけ人が来るかね〜、なんて思っていたらなんのその。
「13時〜16時 なくなり次第終了」と広告していたのに、12時くらいからチラホラ地元の方が集まりだして、13時前にはすでに30名くらいが、風吹きすさぶ中でベッドを選んでいました。
13時になった途端、あっという間に完売(?)です!
最近急増した民宿に、高校の寮に(離島には高校がないので、地元3高校はすべて寮があるのです)、自分のおうちに・・・と、需要はけっこうあるようです。
「捨てる」のと「もらってもらう」のでは気持ちがずいぶん違いますので、ヨカッタヨカッタ♪

それにしても。
八重山タイムって、こんなときには前倒し時間になるんだなぁ。。。とちょっと感心したやどかりなのでした。

ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com



コメント(0)
トラックバック(0)

アイランダー
2006/12/19 12:30:01 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 今日の八重山毎日新聞の1面トップには、「石垣波照間線 来年11月に休止へ」の大見出し。
あれ、RAC(琉球エアコミューター)の波照間線って、来年3月までの運航って言っていて、つい先日波照間住民が路線継続の住民総決起大会をやっていたんじゃなかったっけ。
しかも、元々は今年の3月で廃止って言っていたのを、町と県との補助で1年延びていたはず。

日本最南端の路線を飛ぶ飛行機は“アイランダー”と呼ばれるとってもかわいい飛行機です。
全長は10.86m(←バスよりちっちゃい!)、9名乗り(←ハイエース並!)でスッチーのお姉さんもいなけりゃトイレもありません。
国内の定期路線を運航する飛行機の中では、一番小さい飛行機です。
搭乗前には全乗客が荷物を持ったまま体重計に乗せられ、飛行機が傾かずに飛べるようにバランスを考えて席割をされます。
そんな感じでワクワク(ドキドキ?)しながらいざ飛行機に乗ってみたらば、短距離低空飛行で眼下にはサンゴ礁の海が広がっちゃっていたりするわけです。
そりゃもう、最高の気分なわけです。
(席は選べないので、バッチリ窓がある席になるかどうかは運次第ですけどネ・・・)

しかし、石垣波照間線の正規片道運賃は7360円。
どんなにがんばっても1回の飛行で6万円ちょっとの売上げにしかならず、天候不良で飛べない日もあります。
そりゃ、赤字にもなります。
赤字になれば路線廃止にしたいというRACの気持ちは痛いほどわかりますし、需要が多くはなくても必要だという地元の気持ちもわかります。
ましてや、近年は大人気で宿もお店がどんどん増えている波照間島なわけですから。

そんなこんなでRACが廃止の意向を示しても、財政出動でなんとか路線をつないで来ていたのですが、来年の11月でアイランダーのパイロットが退職してしまうので、まぁそれまでは運航するけれども今度こそホントに無理なんだからね・・・ということのようです。
廃止ではなく「運航再開時期未定の“休止”」としているところに、RACのやるせなさを感じるような気がするヤドカリなのです。。。

RACのパイロットさん達はお仕事で石垣にステイする日はうちのホテルに泊るので、やどかりもドライバーがお休みのときにお迎えに行くことがありますが、車内ではどのパイロットさんもほとんどずーっとゆんたくです。
「散歩しながら帰るよ」と途中のスーパーで下車してから、「ただいまー、みんなでおやつ食べて」なんて言ってフロントで“たけのこの里”を1箱置いていってくれる人もいます。
みなさん、気さくでやさしいオジサマ達です。
アイランダーはコックピットが個室ではなくただの運転席なので、ドライバー・・・じゃなかったオジサマパイロットが「今日は天気が良いから海がきれいに見えますねぇ」なんて言いながら乗り込んで来ることもあって、それもやっぱりなんとなく微笑ましくて楽しいのです♪

ちなみに波照間島に行く方法は、3つあります。
? 飛行機(所要25分・7360円)
 珍しい体験と景色を望むなら、ピカイチです。
? 高速船(所要1時間・3050円)
 毎日数便出ているので、便利。波のある日はジェットコースター気分を楽しめます!
? 貨客船(所要2時間・2080円)
 週3便なので長期節約旅行の方にお勧め。クルーの方が甲板で三味線を弾いていたり、トビウオが跳ぶのを眺めたり、のどかな船旅気分が味わえるかも。

あ〜、波照間島に行きたくなってきました〜o(><)O
来年の11月までにお金を貯めて、アイランダーで波照間に行きたいなぁぁぁ。


ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]