八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ヤエヤマホタル
2008/05/14 10:14:01 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 4月のおわりごろ、今はヤエヤマホタルが見ごろ…ということで、エコツアーショップOpa(オーパ)さんのスペシャルナイトツアーに参加させて頂きました!

大人でも小人でも自然が好きで興味がある方向けのツアーです。小さなお子様も大喜びする?ハズ!!
ヤエヤマホタルの時期が終わっても、星空&海辺&畑などなど、夜のフィールドは盛りだくさんあり、夜に見る事ができる生き物を詳しくご案内して下さいます♪

ここで【ヤエヤマホタル】のことを少しご紹介しますネ!

・日本で一番小さいホタル(体長約1〜1.5cm位)。

・「ヤエヤマヒメホタル」と同じ。以前はどちらの名前も使われていたが、
 ここ近年「ヤエヤマホタル」で総称していく傾向にある。

・チカチカとイルミネーションのように光りながらふわふわと飛ぶ。
 飛んでいるのはオス。メスは下の方にうずくまっていることが多いそう。
 オスがメスを探す求愛活動で飛び回るので、オスはメスを見かけたらシュッ と急降下する。
・日没後約30〜40分くらいの間で発光する。
 ヤエヤマホタルの発光が終了する位の時間にまた別のホタルが光り始めます。(この日もツーッ、ツーッという長めの感覚で発光するホタルが飛び始めていました。)
 これはホタル同士の間で光る時間帯を決めているから。
 点滅→求愛活動(種の保存活動)であり、違う種類が同じ時間帯に一斉に光ると間違えて求愛してしまう為。
 その光る順番もホタル同士の力加減で決まったそうです。
(@o@)/へえ〜!!

その日は19時にホテルを出発、オーパさんのとっておきのポイントまで車で移動し、そこからは山道を徒歩でゆっくりと歩きます。
この日は19時11分が日没だったので、歩き始めはそんなに光っていませんでしたが、しばらくするとかなりの数のホタルが光りはじめました。
まるでクリスマスのイルミネーションの光のようにチカチカ光りながら、ゆっくりふわふわ飛ぶホタルはとーっても幻想的でした。
やどかりは数年前に見たきり2度目のホタル体験だったのですが、それでもまたしても感動しちゃいました(^o^)画像も試みましたが…うまく撮れずゴメンナサイ。。。

その後、車で移動し、農道を入り辺りはほとんどさとうきび畑という場所で下車。そこから海に抜ける道までの畑〜防風林が生い茂った道〜名もない小さいビーチまでが秘密の??次のポイントでした。

星の名前、木々の名前、水たまりに生きる生き物(おたまじゃくしやカエル)、夜出てくるオカヤドカリや寝ているオオゴマダラ、クモ、ホタル、海で寝てるサカナやなまこ、エビやカニなどなど。その場で見えるもの全てを詳し〜く説明してくれました。

2つの画像は携帯からのでブレブレなのですが(涙)

むかって左:「寝ているオオゴマダラ(蝶)」…かなり近くに近づいても全くしらんぷりで寝ていました(^^;)
むかって右:「水たまりで首だけ出していたイシガメ」…首だけ出している姿は「???」でした(笑)
 
自然を大事にしながら、自然を楽しみましょう!という感じのツアーでした♪

このツアーのお申し込みは、ツアーデスクまでお願いしま〜す(^o^)/
※ヤエヤマホタルの時期はちょうど今で、そろそろ5月下旬になってしまうと数も減ってきますのでお急ぎ下さいね〜!!

ホテル日航八重山
http://www.nikko-yaeyama.com
uppic uppic

コメント(2)
トラックバック(0)