八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
母の日のヌチグスイ
2006/05/23 19:58:09 書庫 スタッフ便り一覧
uppic 去る先週の日曜日に、わがホテル日航八重山で母の日特別公演がありました。
毎年母の日には、世のお母さん(八重山在住限定・・)たちが喜びそうな企画をさせてもらっているのですが、
今回は、全国的お母さんキラー「正式にはオバチャンキラーといいます」のかの氷川きよしクンに匹敵したのではないか
・・と思えるほど、公演中は声援が飛び交っていました!!

ハハ〜、こりゃすごい。

笑い声まじりの声援が、曲の流れいてる途中途中から聞こえてくるので、なんだろうと会場の中に入ってみると、
「は〜なわらび〜 は〜なわらび〜」の唄でおなじみの曲に合わせて舞台に登場しているかわいい女の子たち・・
    ※ここ沖縄、とくにオバチャンたちには有名な演舞団なのデス!

その女の子たちのかわいいしぐさがなんとも言えず愛くるしいんです。
ふつうプロが踊るものと内容は一緒なのですが、小さいだけあって人形のようにも見えるその子たちが、大人顔負けの流し目線をしたり、腰をくねらせたり、首をかしげたりで・・

あ〜モ〜可愛すぎてたまらなくなったのは、オバチャン・・失礼、お母さんたちだけではなく
お母さんを連れてきていたご主人、息子さんや娘さん、はてはこの企画をしたホテルスタッフまで同様で歓喜のルツボと化していたようでした。
花銭(ティッシュや紙などに小銭を包んで舞台へ投げ込むご褒美!) も飛び交うかと思いきや、
紙幣を割り箸にはさみ舞台近くまで近寄ってきて、そのかわいらしいしぐさをする女の子の腰帯に差し込む興奮状態のお母サン!まで登場!
 ※後に判明、この興奮状態のお母さんは黒島の有名な方だそうで・・・・・・・
  黒島のヒトの披露宴ではこのようなかわいい子達の余興が始まると、割り箸にはさんだ紙幣の花銭を持った行列ができるのだそうデス。

そんな楽しい公演も無事終了し、帰っていくお母さんたち。
中にはもう中年と言えるヒトたちが孝行にと連れてきていたおばあちゃんたち。
帰り際に「ヌチグスイやさ、ヌチグスイやさ」と言って帰っていくその方たちのコトバを聞いて、
この企画を成功させたわがホテルのスタッフも、充実感を覚えたのでした。

 ※ヌチグスイやさ=命の薬だね〜 とても素晴らしいコトバです。

ちなみに今回の企画。昼、夜と2回公演をしたのですが両公演とも400名程、計800名近いお客様に来場していただきました。
チケットを購入していただいたみなさま。素晴らしい公演をしていただいた花わらびのみなさま、
今回のブログには出ていませんでしたが、司会とショートコントをしていただいた泉&やよいのお二人。

みなさん。ありがとうございます。

ホテル日航八重山ホームページ
http://www.nikko-yaeyama.com

uppic uppic

コメント(0)
トラックバック(0)