ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
今の日本語
2007/04/16 14:44:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
「若者ことば」の定義

* 同じと見なしている仲間同士でのみ用いられる。
* フォーマルな場面では使われない。
* 話し言葉である。
* ものによっては、かなり年輩の年齢層でも用いられているようだ。この限りにおいて「若者〜」という命名はどうか、とも思われる。
* 言語を習得したばかりの幼児や、小学生の使うことばの中に含まれるか?
* 一つの語彙が様々な意味を併せ持つのが一つの特徴となっているようだ。
* その場の雰囲気、いわゆる「ノリ」が大切にされる言い回しである。これも、「仲間うち」で使われるということを象徴している。
* 若者ことばとして定着するには、「語の意味の深さ」「使用場面の広さ」が必要である。この場合、定着というのは、高年齢層にも使用されたり、少なくとも意味が理解されていることを示す。
* 読み書きとは関係ない事柄について用いられる。
* 若者ことばとして定着するのには、2つの場合がある。一つは、テレビ、漫画、雑誌などのメディアを通して普及する場合、もう一つは、全国的に自然発生的におこった場合である。前者は由来を簡単にさかのぼれるが、後者はよくわからない場合が多い。
* 若者ことばを使う環境では、(すくなくとも言葉遣いの上では)上下関係が存在しない。

キモい

* 意味
o 「気持ち(が)わるい」の短縮形。「わるい」という、否定的な、意味ある要素を省いてもなお「わるい」意味が存続しているのは興味深い。
o 若者ことばとしての意味は、1) 形状などが不快である 2) 気分がすぐれない、特に、これといって苦痛をともなうのではなく、単にだるいというニュアンスで用いる。深刻な気持ち悪さにはむしろ使わない。
o 『現代用語の基礎知識』では、1990年に採録。1990年代前半から一般的に使用されている。
o 「きもてー」「きもけー」「きもわるい」などということもある。なお、関西では、「気色悪い」からの「きしょい」もあり、ほぼ同じ意味でもちいられる。ただし、こちらは気分の悪さには使わない。
o 一部、「きもちいい」の略語として用いられることもあるようだが、少数派である。
* 英語
o grotesque/ gross (スラング)
o nasty (That’s nasty)
o feel bad
o creepy

#
逆ギレ

* 意味
o 「キレる」からの派生語で、「逆にキレる」こと。
o はじめに「キレられた方が今度は逆にキレる」という意味で使われ、次の段階として、相手がキレていなくても、たとえば穏やかに注意されている場合でも、言われているほうが急に逆上することも含むようになってきている。
o 突然に起こる、というのが「キレる」のもつ主要な特徴だと思われる。そして、逆の方向である「逆ギレ」には、さらに突発性がともなっている。さらに予測不可能ということからの意外性、当面の対処に困るという状況も付随的に発生する。
o 『現代用語の基礎知識』1999年度版に掲載。「キレる」に比べてかなり新しい言葉だといえる。
* 英語
o snap at someone for doing something
o snap back at someone for doing something
o backfire

#
ソッコー

* 意味
o 『現代用語の基礎知識』(自由国民社、1992〜1996年度版)では、「即刻」が略されて「ソッコ」、語末が長くなって「ソッコー」が形成されたとされる。一方、『知恵蔵』(朝日新聞社、1997年度版)では、「速攻」からであるとの記述がある。現在では、特に本授業受講学生を中心に「速攻」から来たとの解釈がほとんどである。
o 若者ことばとしての意味も、即刻、すぐに、という副詞的な意味と、(すぐに)終わらせるという「攻め」の意味をともなった場合がある。「速攻」からの派生を考えた場合、「攻める」のは、到達すべき目標であり、つまり、「ソッコーで来い!」という場合は、指示された場所にたどり着くことに対しての「速攻」なのである。
o 使用時期は、上記掲載の年鑑等より、1990年前後頃からと考えられる。なお、コミック「SLAM DANK」(1990〜1995、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載)で、バスケットボールの攻撃の場面で頻繁に使われた表現であって、このことが「ソッコー」ということばを流行らせた一因であるとも考えられる。
* 英語
o rapidly
o quickly
o straightaway
o dash down

#
ドタキャン

* 意味
o 「土壇場でキャンセルする」の意味で、「ドタ」は「土壇場」、「キャン」は「キャンセル」の略である。ただし、略さない、「ドタンバキャンセル」などという語は存在しない。
o その行為には悪意が感じられる。だから、止むに止まれぬ理由でのキャンセルに対しては使うことができない。
o ワイドショーなどで使われる場合、むしろコミカルなニュアンスがつきまとう。
o 普通は丁寧に断ることはなく、なにかの直前に何も言わないで逃げてしまうことが多い。
* 英語
o be canceled suddenly
o break off
o get the latest cancel
o throw away promise

パクる

* 意味
o 1. 店先の商品などをかすめとる。かっぱらう。金品をだましとる。2. 他人の作品、作風をまねる。
o 全体として「盗む」という意味であるが、、街中の好きなアイドルポスターを取ったり、友達に借りた本やCDを返さずそのままにしていたりなど、比較的程度の軽い「盗み」を指す。「ちょっと拝借する」といった感じである。
o 上の2. の意味でも「盗作」といった深刻な意味ではなく、法に触れない程度の「まね」である。
o 「パクる」は、旧制高校でも使われていた。この場合はドイツ語の’packen (つかむ)’ が語源ではないかとされる。また、山形県、兵庫県などには方言として「パクる」が存在する。
o 言葉自体、旧制高校で使われていたように、かなり古い。ただ、一度すたれてから再び使われるようになったようで、おそらく1995年ごろから若者の間で使われ始めた。(H. I.)
* 英語
o fetch
o filch
o pilfer

ばっくれる

* 意味
o 意味は、1) しらばっくれる、とぼける、2) 大事な用(学校の授業やアルバイトなど)をさぼる、それから逃げ出す、という二つが考えられる。
o 使用時期は、漫画の記述から、それを中心に1980年代中頃から。
o 「サボる」との違いについて。たとえば、上司、先生からの呼び出しをくらった。それに対しては、「サボる」とは言えないが、「ばっくれる」とは言える。「ばっくれる」は当然しないといけない事柄や状況下であってもそこから逃げ出す、ということである。
o 使用年代は、漫画の影響などから、中学生から高校生が圧倒的。年齢とともに使用が減る。これは、社会的責任とともに「ばっくれる」ことが許されなくなるからではないか?
* 英語
o sneak away
o slip out
o skip
o play innocent
o cut ←「授業をさぼる」意味のスラング

ハマる

* 意味
o 主に、次の2つの意味がある。(1) 似合っている。(2) 熱中する。凝る
o (1) の場合、特に異質なもの同士であるとか、意外性があるといった、特異性が意味素性としてある。例えば、「あいつは、背広に7:3分けさせるとハマるよな。」と言った場合、その表すスタイルが異様であるというニュアンスがあるのである。
o (2) の場合、永続的、あるいは、習慣的と言うよりは、一次的、一過性の興味である様子を表している。これからは、「おたく」とか、「マイブーム」といったことばが連想される。
o もともとの「はまる/はめる」には、「穴にはまる」「罠にはまる」など、マイナスのイメージがある。これは、その状態に否応なく引きずり込まれる、という強制力が働くためであり、自分の力以外の力にコントロールされているイメージがある。故に、英語にする場合は、受動態を使うべきであろう。
o また、このもとのことばには、「しっくりする」「ぴったりあてはまる」といったプラスのイメージも合わせ持つ。このことからは、心地よい調和や協調ということが印象づけられ、そこから若者言葉としての「ハマる」が派生したのだろう。
* 英語
o be absorbed in 吸い込まれる
o be addicted to
o obsess 心がいっぱいになる
o make a fetish of
o fit

マジ

* 意味
o 「まじめ」がもとで、それが略された形であることはほぼ間違いない。しかし、意味はもはや「まじめ」ではない。
o 例えば「マジ?」というのは、「まじめに言ってるのか?」から派生したのだろう。
o では意味はどうかといえば、およそ次の2つとなろう。 1. 強調。非常に、の意味。例:「マジ疲れた!」「マジうまい!」 2. (驚きと共に)本当?本気? 例:「あいつ、宝くじ1等が当たったって---マジ?」
o いずれの場合も、ただならぬほど真剣に、とか、本気で考えて、といったニュアンスがある、ということでは共通しており、そこらあたりから英訳を考えたい。
o マンガ、コピーなどで、「真剣」「本気」の字を当てることがよく見られる。
* 英語
o seriously 真剣に、ただならない
o really
o terribly
o You’re kidding ←kid こども、子供っぽい、冗談 はやめろ!
o no way
o so


コメント(1)
トラックバック(0)

65億人の生活の変化で大化けする株は?
2007/04/16 14:28:40 ブログカテゴリ | 書庫 全般
uppic 二極化の進む展開
2006年7月以降相場を主導してきたのは鉄鋼や三菱重工などを典型とした重厚長大型産業の株や世界中でゲーム人口を増やした任天堂などです。

前回もお伝えしたとおり、世界人口65億人の内、13億人の中国や10億人のインドなどを筆頭とした国々の経済成長が鮮明になってきています。これにより数十億人の生活が劇的に変化してきていることから生じるビジネスチャンス・投資チャンスが沸き起こっているのです。

コメント(0)
トラックバック(0)

伝統文化
2007/04/16 14:20:23 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般
uppic 空手は、徒手空拳で、拳足を用いた打撃技を特徴とし、現在では世界各地で有効な武道、格闘技、スポーツとして親しまれている。その空手が沖縄で大きく発達するきっかけとなったのは、尚真王(1477年〜1526年)の中央集権化による「禁武政策」と、薩摩の琉球侵攻(1609年)であると言うのが定説として今日に伝わっている。その後、いわゆる「近代空手」として体系化され発達していくのだが、それには首里手(ティー)の「松村宗棍(1809年〜1899年)」、泊手の「松茂良興作(1829年〜1898年)」、那覇手の「東恩納寛量(ひがおんなかんりょう1853年〜1915年)」などの中興の祖によるところが大きい。

 明治後期(1908年)、「糸州安恒(1831年〜1915年)」によってまとめられた「唐手十ヶ条」が沖縄県学務課に提出され、唐手は学校体育の現場にも取り入れられるようになり、「一子相伝の秘密主義」から社会性をもつようになった。

コメント(0)
トラックバック(0)

ニュース
2007/04/16 14:09:36 ブログカテゴリ ニュース | 書庫 全般
uppic 投票まであと1週間となった参議院補欠選挙。中盤の情勢は保守系の島尻安伊子さんがやや先行し、革新系の狩俣吉正さんが追い上げています。

朝日新聞社と沖縄タイムス社は14日と15日の2日間、県内の有権者を対象に電話による情勢調査を実施。調査はコンピュータで無作為に電話番号を抽出し、906人から有効回答を得ました。

その結果、今回の選挙に『大いに関心がある』と答えた人は全体の22パーセントで、『少しはある』との回答を合わせると81パーセントでした。また、投票に『必ず行く』と答えた人は76パーセントで、『できれば行きたい』を合わせると94パーセントに達しています。

注目の『誰に投票するか』については、保守系の島尻さんがやや先行し、革新系の狩俣さんが追い上げています。保守系の金城宏幸さんは苦しい戦いです。ただ、投票態度を明らかにしていない有権者が3割以上いて、終盤に向けて情勢が変わる可能性があります。

詳しくはきょうの沖縄タイムス、朝日新聞の朝刊をご覧ください。

コメント(0)
トラックバック(0)

インターネット
2007/04/16 13:52:05 ブログカテゴリ インターネット | 書庫 全般
uppic 現在インターネット上には約8,000万のサイトが存在する。


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 2 件を表示 ]