ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
超確立絞っていると噂のDQMスーパーライト
2014/02/08 03:40:17 ブログカテゴリ ゲーム | 書庫 全般
自分もアプリ落として少しやっていたのですが、もらったゲーム内課金P使ってガチャやっても弱いキャラしか引けなかった。 

そして課金も視野にP購入を見たら、価格設定がアホでゲーム終了。 
そもそもこれやるんなら配信後に出る予定の3DSのDQMイルルカ買った方が良いという事に気がつく人は少なからずいると思うんだが。 

最近思うのが、ゲームとしての曖昧さ。 
スマホやケータイでお手軽にやれるというのはいいんだけど、気がつくとコンシューマのソフト買うよりひどいことになっていて、気軽というレベルを超えている状況に陥っている。 

気が付いていると思うけど、スマホでやれるアプリはしょせん時間潰し程度の内容。 
コンシューマソフトの足元にも及ばない内容のものを配信し、時間と金を搾取し続けるシステムは、はっきりいって害悪そのもの。 
やってることはパチンコやらとなんら変わらないと思います。 

もちろんしっかりと作りこまれたアプリもあると思いますが、そういったものは本当に少ない。 
アイマス系統のアプリはゲームではなくて、昔のムシキングとかそういったカード集める系のコレクションツールだと思う。 
好きなキャラのカードを集めたい衝動に駆られる人の心理を突いた恐ろしいものである。 
というか、配信されている日本製アプリの半分以上はそんなゲームだろうね。 

自分はスマホでゲームなんてそこまでやってないんですが、いまだに天ガレ以上のものが見当たらない。 
スマホでやるゲームで重要なものが、 

・起動がはやい 
・短時間で操作が終わる 

自分はこの2点が重要かと思います。 

蒼穹ガレは、いちいち起動させるのが面倒・大戦の参加がいちいち面倒・そもそも天ガレとやってることがたいして変わらない。 
蒼穹から始めたらそれで完結すると思うんですが、自分はいろいろ不満点があるのでもうやってません。 

こう言ってはなんですが、スマホでやるゲームなんて時間つぶしにやるものなのでサッとやってサッ終わるのがスマホのゲームとしての正しい形だと思います。 
スマホのゲームを家でやる、というのは考えてみると不思議な感じがする。 

正直スマホで超大作ゲーム誕生してどんなに内容が濃くても、パズドラのような手軽にやれるゲームには勝てないでしょうね。 
戦う土俵が違う、という点で勝てない。 

てか、天ガレって実はすごいんですよ。 
新カードでて環境が変わっても死にデッキがそんなに出てこない。 
そこまで死に調整しない、というか、あまり手を加えないのが逆に良いのかもしれませんが、完成されたデッキが数多く生存できているのってすごいと思いますよ。 

どっかの数少ないカードプールで死に調整して使えるデッキの幅を狭めて自分の首絞めてるスクエニって会社は少しは見習った方が良い。 

あ、ドラクエ10は恐ろしいほどに平和すぎてほんとに同じ会社なのかってレベル。 
やってる内容は本当にたいしたことないんだけど、続けてやれる環境になっている。 
初期の1.1は何やるにしても面倒でかなりやばい状況だったけど、ユーザーがすごしやすい環境を整備して実装した点でリカバリーしたと思います。 

ぶっちゃけ4アカでWiiU/Wii計4台・テレビ3台・毎月アカウント料金払っても長期的な散財額は減っているという。 
仕事終わってからや、土日は引きこもっているという点で金使ってないだけですが。

一方、LINEのゲームはどうだろう。
最近では、LINEパーティーラン、LINEクッキーランなどのようなゲームをリリースしている。
ここのLINEクッキーランの攻略サイトを見ると、クリスタルを使って新規のクッキーを手に入れると書いてある。
ドラクエ同様、ガチャのようなものなんだろう。
私は、ゲーム業界のこの課金システムがいつまで続くのか?と疑問に思っている。


コメント(0)
トラックバック(0)