ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
人が亡くなると必ず起こる遺産相続の手続きの流れ
2013/03/20 13:12:32 ブログカテゴリ 悲しい | 書庫 全般
人は生まれてきていつかは必ず亡くなります。
そして人が亡くなると必ず起こるのが遺産相続の問題です。
そして遺産相続とは亡くなった人が所有していた現金、預貯金、不動産などの遺産を法律の定めに従って包括的に承継することを言います。
そして亡くなった人の遺産を包括的に承継する人のことを相続人といい、相続人は誰であるのかということは法律で決められています。
そして遺産相続を手続きの仕方ですが、まず亡くなっていた人が所有していた財産をリストアップすることから始めます。
その後に亡くなった人の相続人を確定させるために亡くなった人の出生から亡くなった時までの期間の戸籍、除籍、改正原戸籍などを取得します。
そして戸籍、除籍、改正原戸籍を見て亡くなった人の相続人を確定することになります。
そして亡くなった人の相続人が確定できたら、相続人全員で話し合って誰がどの財産を相続するのかということを話し合って決めることになり、この相続人全員での話し合いのことを遺産分割協議と言います。
そして遺産分割協議をして誰がどの財産を相続するのかが決まったら遺産分割内容を明確にし、後の各財産の名義変更の手続きのために遺産分割協議書を作成することになります。
そしてその後に亡くなった人の各財産の名義を亡くなった人の名義から各財産を相続することになる相続人の名義に変更する手続きをすることになります。
その後遺産が多くて相続税を納付する義務がある相続人は相続税を納付することになります。

コメント(0)
トラックバック(0)