ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
30歳を前に遺産相続をすることになりました
2013/03/21 12:50:32 ブログカテゴリ 悲しい | 書庫 全般
遺産相続なんてことは、29歳の自分にはまだまだ縁のない先の話だと思っていましたが、父が病気で突然亡くなってしまったので、30歳を前にして遺産相続を行うことになってしまいました。
父の名義の土地、家屋などの不動産、預貯金の動産、それらを母と兄と私の妹で相続をすることになりました。
父は突然亡くなったので、「遺言」などというものはありませでしたし、私たち家族も突然亡くなったことがショックで、葬儀の間、そして49日が済むまで、そんな事は考えてもいませんでしたが、先日無事に49日法要が終わった時に、宅建主任者の資格を持つ叔父が「きちんとしないといけないな」と言ったので、最初は何のことかわからなかったのですが、それが遺産相続をどうするかという意味だったのです。
どうするか?と言われても、父の名義の土地、家屋は今住んでいるこの自宅だけなので、この自宅に私と妹の名義を入れては、結婚した後などに面倒な事になっては困るので、この自宅の名義は母と兄の名義にする事にしました。
母は「私は何もいらないよ」と言っていましたが、法律では父の遺産相続は母が半分、兄弟で等分となっていますし、兄には母のこの先の面倒を見てもらいたいという気持ちが私たち姉妹にあったので、自宅は2人の名義にしたのです。
自宅に母の名義を入れたのには、他にも理由があり、兄が今後結婚した時には、お嫁さんにも母を大切にして欲しいという気持ちがあるからです。
そして預貯金の動産は、法律通り、母が半分、私たち兄弟で等分しようと兄がいってくれましたが、不動産を遺産相続した兄にはそれなりの税金がかかってきますので、兄弟分は、兄が半分、そして残りを私と妹で等分という形になりました。
今、叔父が手続きをしてくれていますので、もうすぐ父の遺産相続が完了します。

コメント(0)
トラックバック(0)