ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
ファクトチェックのススメ
2021/08/31 13:18:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ
*この記事は、私が所属している連盟の月刊誌編集委員会に依頼され寄稿したものです。9月号に掲載されました。
===============

ネットを気軽に見ていたら、

「真実は隠されていた!」

「医師が衝撃の事実を告発!」

などのキャッチ―な見出しが目に飛び込んできて、そのサイトを開いてみたら、他のメディアが語っていない衝撃的な内容に驚き、のめり込んでしまった・・。
友人や家族から、コロナやワクチンに関してショッキングな内容の動画やリンクが送られてきた・・。

このような経験はないでしょうか。
もしおありでしたら、是非一呼吸おいて、丁寧にその情報について考えていただきたいのです。
みなさんの教会では、様々な感染症対策をしながら、一日も早いコロナの収束のために日々祈っていることと思います。
それと同時に、情報の取り方についても各自でしっかり検討する必要があるのではないかと思わされます。
情報の中には誤った内容のものも数多く紛れ込んでいます。
どうすれば洪水のように流れてくる情報の中から取捨選択できるか考えてみましょう。
ここでは特に不安の源となっているコロナやワクチンに関する情報について特化してみます。

あなたが今持っているコロナやワクチンに関する情報はどこから手に入れたものですか。
知人や家族の誰か?
テレビや新聞?
ツイッターやフェイスブック?
YouTube?
では、その情報は元々誰が発信したものか把握していますか。
研究者や専門家でしょうか。
影響力のあるジャーナリストや人気のユーチューバーでしょうか。
その人は何を根拠にその情報を発信しているのか、考えましたか。
もしそれが科学論文やデータ、もしくはその解析であれば、あなた自身もその一次資料に目を通しましたか?

恐らく多くの人たちが持っている情報は、又聞きの又聞きのそのまた又聞き・・だと思います。
「どこそこの誰々がこう言った」という類いのものです。
これは、いわば壮大な「伝言ゲーム」です。
伝言ゲームでは、最初に受け取ったお題を、伝達者が次の人にいかに正しく伝えるかを競いますが、伝達の途中で誤ったメッセージに変換されることがしばしばあります。
コロナやワクチンに関しても、私たち自身がいつのまにか誤ったメッセージを伝達する当事者になっていることがあるのです。
しかも下手をすれば命に係わる問題にもなり得ます。
誰かに伝える前に「本当にそれは事実なのか?」とシビアに考えるべきです。
この事実を確認する作業をファクトチェックといいますが、是非、以下を参考にしながら皆さんもやっていただきたいと思います。

1.ファクトチェックサイトを利用する:世界的に拡散されているデマ情報は、ほとんどの場合プロ集団である第三者機関がすでに真偽を確認済みです。
根拠も明確にしていますので、あなたが信じている言説が誤ってないか、まずはそれらのサイトをあたってみましょう。

2.元ネタ(一次資料)を調べる:伝言ゲームで言えば、最初のお題が何かを調べてみることです。
ネットで関連単語を入力して検索にかけて根気良く調べればほとんどのことは分かります。
英語など他言語の場合は翻訳機能が使えます。

3.権威者の話の引用には注意:元ネタを確認してみると、実際には本人が発言していなかったり、全く違う文脈で語られていたりするケースが見受けられます。
権威ある人の話はうっかり信じやすいので、ビッグネームだからといって鵜呑みにしないようにしましょう。

4.ゼロか100かで考えない:ワクチン接種に関して特にこの白か黒かの議論が多いです。
ワクチンは100%感染や重症化を防ぐものではないですが、だからといってやる意味がないと考えるのは極論です。
津波を完全に防げるか分からないから堤防は必要ないと言うのと同じで、完全には防げなくても堤防は必要です。(もちろん接種するかしないかは各自の判断に任されています。)

5.政治的思想やイデオロギーとは分けて考える:医学的・科学的に正しいかどうかということと政府が信用できるか否かを混同すべきではありません。
政府の発言が、その道の大多数の専門家や研究者の成果と一致している場合においては信頼していいと思います。

コロナやワクチンについてはまだ分からないことがあるのは事実で、将来のことで不安になり、選択したことが間違っていたらと疑心暗鬼になる気持ちは理解できます。
信仰を持って癒し主、助け主である主に寄り頼みながら、賢く知恵を得てこの困難を乗り切っていきたいものです。



コメント(0)
トラックバック(0)