ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
反ワクチン動画への反論(2)
2021/10/26 18:53:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ

そしてその次にルイさんがこうおっしゃってます。
「・・ですが、18歳未満の方は最近になって接種が始まったところなので、公平な比較をするために、この表から18歳未満を除外してみてみると、先ほどとは全く違う結果が見えてきます・・」

え、また除外?
12歳〜15歳までのグループは確かに8月から接種が始まりましたが、イギリスで16歳以上の人に接種が始まったのはかなり前です(資料9ページ)。
でも、そこは目をつむりましょう。
問題はこのグループを「公平な比較をするために(?)」除外するという意味です。
「ちょっと何言ってるか分からない(サンドイッチマン風に)」です、申し訳ないですが。
公平どころか、不公平な比較にしかなっていないのではないでしょうか?
当然ルイさんはそのような操作を経て後、反ワクチンに有利な数値を導き出していますが、ご自分に都合の良いようにデータをいじくりまわせば、そりゃあご自分が出したい数字は出せるでしょう。
しかし、このような分析はとても科学と呼べるものではありません。

2つ目のデータはコロナに陽性反応を示した後28日以内に入院した人に関するものです。
先ほど同様、グループをハイリスクグループとそうでないグループにカテゴライズし、18歳未満グループは除外しないでその割合を計算すると、

(1)ハイリスクグループ 38.8%   (2)ノンハイリスクグループ 61.2%

となり、意外にもコロナで入院した人は、ワクチンを2回接種したグループの方がそうじゃないグループより多いという結果になりました。

次に、3つ目と4つ目のデータは、それぞれ陽性判定後28日以内に死亡した方の数と60日以内に死亡した方の数です。
上と同様にグループ分けをし、ハイリスクグループとそうでないグループで比較すると、

(陽性判定後28日以内)
(1)ハイリスクグループ 21.8%     (2)ノンハイリスクグループ 78.2%

(陽性判定後60日以内)
(1)ハイリスクグループ 22.3%      (2)ノンハイリスクグループ 77.7%

となり、死亡者のデータは二つとも、2回接種者のグループが8割近くを占めるという結果になりました。

ルイさんが動画で独自の計算方法で出している数値ほどではないにしろ、このような結果から見ると、「ワクチン接種はやはり意味がないのか」「いや、むしろ毒なのではないか」という結論を出しそうになるのは分からないでもありません。

しかし、ここで効いてくるのが、ルイさんが意図的に分析に用いなかった元々のデータに書かれてある右側の2列です。
なぜこれが重要かといえば、単純な数値の比較ではなく、「ワクチンを2回受けた人10万人あたりの中に占める入院者数(死者数)の数」と「ワクチンを受けていない、または1回しか受けていない人10万人あたりの中に占める入院者数(死者数)の数」という風に、分母を正しくそろえた上でその割合を比較する数字だからです。

分かりやすく考えてみましょう。
仮に100人のうち80人が接種し、20人が未接種だとします(接種率80%)。
接種したグループからも接種していないグループからもそれぞれ5人ずつが感染したとすると、感染者に占める接種者と未接種者の割合はちょうど50%ずつです。
しかし、実際に接種した人は80人もいて、感染した人はその中の5人ですから、接種者に占める感染者の割合は(5/80)×100=6.25%ですが、未接種者の場合は(5/20)×100=25%となり、未接種者の方が4倍感染率が高いということになります。
接種率が上がれば上がるほど、感染者に占める接種者の割合が上がるというのはそういう意味です。

ということで、実はワクチンの有効性を知るのに一番大切な数値は、ルイさんが無視した右側の2列の数字ということになり、それを比較してみたら、結論は一目瞭然です。

感染者:(1)2回接種者10万人あたり6188.3人(48.1%)  (2)未接種者10万人あたり6600.4人(51.6%)

入院者:(1)2回接種者10万人あたり111.1人(26.5%) (2)未接種者10万人あたり308.3人(73.5%)

死亡者(28日以内):(1)2回接種者10万人あたり64.7人(25.7%) (2)未接種者10万人あたり187.5人(74.3%)

死亡者(60日以内):(1)2回接種者10万人あたり80.6人(26.3%) (2)未接種者10万人あたり225.5人(73.7%)

感染者数が2回接種者と未接種者(又は1回のみ接種者)との間でほとんど差がないのに対して、入院者数や死亡者数は2回接種者の方が圧倒的に低い割合であることが分かります。
つまり、ワクチンを接種しても100%感染を防ぐことはできないが、入院率や重症化率、致死率を下げる効果がある、というこれまでに何度も聞いてきた結論にたどり着きます。
この結論については、実はこの報告書に丁寧に書かれていて、余計な色眼鏡をかけずにシンプルにデータを分析したら導き出せる内容です。
また、ルイさんが紹介してないページには、上記結果の年齢ごとの棒グラフが書かれていて、ワクチン効果について一目で分かるようになっています。(でも無視されています)。

今回かなり詳細に私なりに調べてみましたが、ルイさんの動画は多くの人に視聴されていて、おおくの「いいね」が付き、さらに肯定的なコメントで埋め尽くされています。
ほとんどの人が元ネタを調べない、データの読み方に慣れていない、語っていることに疑問を持たないことをよくご存じの上で、確信犯的にこのような動画を出しているものと思われます。

これまで何度も書いてきましたが、ネットリテラシーを高めることがいかに大切かを痛感させられます。(終わり)


コメント(2)
トラックバック(0)

反ワクチン動画への反論(1)
2021/10/26 18:46:46 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ
昨日挙げたブログ記事の一部を、今日はさらにぐ〜〜〜んと膨らませてみます。
「イギリスにおける感染者増=ワクチンは意味がない」派に対するより強めの、そして確実な反論です。

フェイスブックで繋がっているある方(めっちゃ反ワクチン派)が下記の動画のリンクを貼り、反ワクチンについて語っておられました。


最近はYouTubeのデマ動画に対する規制が厳しくなったので、隠語を使ったり直接表記しないようにしつつ生き残りを図っているようです。

久しぶりにこの手の動画を見てみました。
突っ込みどころ満載なので、遠慮なく詳細にそうさせていただきます。

自称「自然療法士」のルイさんは、イギリスで毎週発表している公式データを基に「分析」を試みています。
このデータはUK Health Security Agency(イギリス保健安全局)という国の機関がウェブ上で公開している資料で、この動画では42週目の資料(9月20日〜10月17日のデータを扱っている)について説明しています。


資料の説明に入ると、最初に
「・・12ページまでは、『お注射』の説明や、『お注射』の有効率は100%ではないからしかたがないなどの言い訳が説明してありますが、この政府機関が『お注射』推奨派なので、文句は言わずに無視しておきます・・」
と悪びれもなくおっしゃっていますが、

「えええっ??そこ大事じゃん!」

と私などは思うわけです。

「『お注射』(以降、ワクチンと書きます)推奨派だから無視する」って、「自分は反ワクチンの言うことしか聞こうと思わないし、動画を見ているあなたたちもこういったのは無視していいんだよ。」と堂々と宣言しているわけですよね。
そうだとは思ってはいましたが、まさかそうやって正面切って言われるとは・・
それにこの説明部分は後述するようにデータから必然的に導き出される内容なので、「言い訳」でもなんでもありません。

その後、資料13ページの表の説明に入ります。
各項目を説明した後で、またもやこのように言われます。
「・・そのお隣二つは、10万人あたりの接種と未接種の人数を書くことで『お注射』に効果があるとアピールするためのものとなっております。重要なのは、陽性と診断された方の接種状況が大事なので、関係ない人まで含めている右側2列は無視してお話しします・・」

いやいや・・・

そこ無視するんですか?(笑)
実数じゃなくて、両者を比較検討するために分母をそろえる必要があるわけです。
なので「ワクチンに効果があるとアピールするためのもの」という説明がそもそも誤りですが、実は大変残念なことをなさったなと思うのは、この右側の2列はむしろ反ワクチンの唯一の正当な攻めどころのはずなんです。
なぜなら、ある年齢層以上だと、10万人あたりの陽性者数は接種者の方が非接種者より多いというデータになっているので。

さらに、「分かりやすく」という理由の元に、もともと1回目接種者と2回目接種者を3つのグループに敢えて分けてカウントしているのを、「接種者」と一くくりにしてしまっています。
ワクチン接種を勧めているほぼすべての専門家や医療者は、2回目の接種後14日経つまでは、十分な抗体が産生できていないことを何度も繰り返し強調しています。
1回だけの接種はむしろ未接種に近い状態で、感染リスクは未接種者同様に高いという認識です。
なので、1回だけ接種した人や、2回目接種後14日経っていない人が感染してもブレークスルー感染とは呼ばないわけです。
ルイさんはそのことを十分ご存じの上で、このような恣意的な印象操作をなさっていると私は感じます。

そこで、(1)感染リスクの高いグループ[未接種者+1回接種後20日以内の人+1回接種後21日以上経過の人]と、(2)感染リスクの低いグループ[2回目接種後14日以上経過した人]というカテゴリーに改めて振り分けてカウントした場合、それぞれの人数と割合は次のようになります。(以降、私はこの方法で計算を進めます)

(1) 感染者全体の57.5% (2) 感染者全体の42.5%

ルイさんの分け方では、それぞれ51.9%と48.1%でしたので、ハイリスクグループが若干高めになりました。
それでも、思ったより差がないというのが実感ではないかと思います。

実はこれがイギリスの感染拡大における問題点として指摘されているところで、その理由については前回のブログで説明しましたし、このレポート自体にもきちんと解説がなされています。(続く)


コメント(0)
トラックバック(0)

イギリス・イスラエル・シンガポールのコロナ最新事情(2)
2021/10/26 11:24:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
8月にTwitterで出回っていたあるグラフを紹介します。



一見すると、ブースター接種(3回目の接種)と死者数の増加との間にあかたも相関関係があるかのような印象を受けます。
しかし、これは事実ではありません。
ブースター接種は100人あたり何人に接種したか(つまりパーセンテージ)を示しているのに対し、死者数は100万人あたりの数です。
「万」がついているかついていないかの違いはまさに天地の差です。
せめて2軸にして左右にそれぞれの単位を記せばいいのですが、わざとそうしていないのでしょう。
さらに言えば、ブースター接種は累積の数値ですが、死者数は一日当たりの数値です。
これを強引に一つのグラフに乗せることに何の意味があるのでしょうか。

こうして一部のワクチン反対派の方々は、ワクチンと感染者増や死者数増との間に相関関係があるかのように見せるために、確信犯的に印象操作を行っていると結論せざるを得ません。
そしてグラフの読み方が得意でない方はコロッと騙されてしまい、反ワクチン思想が強化される結果になります。
それと、さらに決定的なことですが、100歩譲って、両者の間に因果関係を認めるとしましょう。
しかし、5月1日〜10月20日まで範囲を広げてグラフを作ってみるとこうなります。



Our World in Dataに公表されているデータを基に個人作成) 

最初に示したグラフはたまたま形がよく似ているところ(グラフの中の赤枠の部分)だけを都合よく切り出して、あたかも関連性があるように見せかけているだけだということがよくわかります。

グラフが示すように、現在はピーク時の1/3にまで感染者が減少しています。
これについては反ワクチンの方々はどう説明されているのか気になります。
イスラエルは世界に先駆けていち早くこういったことに取り組み、他国はその結果も見ながら自国の取り組みの参考にすることができるのでありがたいです。

3.シンガポール
10月24日付の報道によると、10月23日の新規感染者は3,598人で死者が6人となっています。
死者6人のうち、4人が未接種者で2人が接種済み、全員が基礎疾患を持っていたそうで、さらに過去28日間に亡くなった方のうち、31.2%が完全にワクチンを接種しており、68.8%が未接種または部分的な接種であったということです。


現在人口の85%が2回目の接種を終えているシンガポールで、感染者数の多さが大変気になりますが、それは徹底した検査を行い、多くの無症状者を拾っているから(全体の9割以上)とも伝えられています。

感染者の人数に比して死者数は低く抑えられているのもそのことを物語っています。
しかしここでも注目すべきは、ワクチン接種者と未接種者の死亡率の違いです。
15%しか未接種者/部分的接種者がいないのに、死者の70%近くがそのカテゴリーの人たちという事実は、ワクチン接種が明らかに死亡率を押し下げているかということを示しています。
余談ですが、シンガポールでは国内在住者の3割が外国人労働者であるというお国柄を反映して、地域住民(シンガポール国民)と移住労働者に分けて数値を比較しています。

シンガポールはアジアの中でも早い段階で非常に厳しい規制を敷き、かつワクチン接種を推し進めてきた国です。
それが功を奏して、ここまで感染者や死者数共に低い水準に抑えてきましたが、デルタ株の出現により様相が一変しました。
しかし、ワクチンの効果によって重症化がかなり抑えられていることから、イギリス同様、規制緩和を行って社会を回していく政策にシフトしています。
同時に医療従事者から始まって3回目のブースター接種を行い、上手にウィズコロナで乗り切ろうとしています。

======================

これらワクチン接種を早くから進めてきた代表的な3国に共通することは、ワクチンによって重篤化や死者数増加が圧倒的に抑えられているという事実です。
それを各国の保健当局や担当部署がしっかりと把握しているからこそ、ブースター接種を含めたワクチン接種を3か国とも同様に奨励し続けているわけです。
反ワクチン派の方々が主張するように、本当に危険なものであったり効果の薄いものであれば、多大な労力と時間とお金をかけてわざわざ国民の命を危険にさらしていることになり、それこそ国の存亡の危機へまっしぐらとなるでしょう。
ほんとうにそのような馬鹿なことをする国のリーダーがいるでしょうか。

日本では2回接種者が7割に達しようとしています。
スタートが出遅れたことと、ワクチンに対して慎重な意見や懐疑的な意見が多く聞かれたことで、この先大丈夫かと思っていましたが、メディアの大々的なPRが功を奏し、多くの人が常識的な判断をしていることに安どしています。
当初かなりの陰謀論に入れ込んでいた人が、途中で間違いに気づいてワクチンを接種したという話もSNSで多く流れて来るようになりました。

社会毒の変(*陰謀論から離れた人の話が紹介されています)

一方で、ますます根拠の薄い非科学的な論にのめり込み、周りの注意や警告を全く受け付けない「岩盤層」もやはり一定数存在します。
これも世の常かなと思っています。
今後ますます二極化が進むのでしょうか。
はたしてどうなるやら・・


コメント(0)
トラックバック(0)