ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
新型コロナワクチンは安全か(3)
2021/03/19 17:37:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
ワクチン接種は安全か?について。

別のテーマに移ろうと思っていましたが、気になる動画を見つけたので、それについて言及をしたいと思います。
ワクチン接種の危険性について、新潟大学医学部の岡田正彦名誉教授が、かなり強い口調で警告をされている動画です。

昨日紹介した動画は専門家とは言えない方(失礼!)の動画でしたので、私でもそれなりに勉強すれば反論可能な内容でした(高校生物レベル)。
一方、上記の動画は、ある意味でその道の専門家による「科学的な裏付け」を伴った警告動画です。
説明している内容そのものは大変分かりやすくて理解できるものですが、深く突っ込まれると、当然私のようなレベルではとても太刀打ちできるものではなく、水戸黄門様の前にひれ伏す下衆の面持ちであることを告白させていただきます。

そのような立場の違いを重々わきまえた上で、動画の説明で気になったポイントをあげてみます。(他にもありますが、現時点で私が調べるには限界があります。)
かなり危ない橋を渡っています・・

1 脂質粒子の膜(PEG)が重大なアレルギーを引き起こす(ノルウェーで高齢者36名が死亡、アメリカで16名が血小板減少症など)

⇒岡田教授は断定調でお話しされていますが、ノルウェーの死亡例とPEGとの因果関係を示す資料が他に出てこず、むしろ多くの研究者が因果関係を否定しています。
アメリカでの例はPEGとの関連性が指摘されていますが、それでも接種者全体との比率からすれば極めて少ないと言えます。
というより、そもそもPEGに対するアレルギーを持っている方は接種対象者から除外されています。
PEGそのものは化粧品や歯磨き粉をはじめいろいろな用途に日常的に使われているので、そこまで悪者扱いするのはどうなんでしょうか。

2 ワクチンのRNAは分解されないように改造されている。

⇒詳細は分かりませんが、RNAのキャップ構造(RNAの先端部分)を世界に先駆けて発見した日本RNA学会の古市泰宏先生のレポートでは、安定化のため「改良」しているとしていて、必然的な改良であると見ています。
「改造」という否定的な言葉の響きとはだいぶ違います。
ちなみに古市先生はmRNAワクチンの安全性に太鼓判を押しています。

3 開発に携わった担当医師が会社の重役を兼務し多額の供与を受けた。ファイザー社は過去に論文不正があって懲罰金を支払ったことがある。原理を発見した二人の研究者は莫大な特許料を得た。

⇒これは、科学的分析とは関係ないです。
研究者や会社の問題ゆえに、このワクチンは信頼すべきでないという論調ですが、唐突にこの話題を振って来ることに逆に違和感を覚えます。
会社の不正については、ファイザー社に限らず製薬会社全体の問題と言えます。(日本の製薬会社も含めて)
さらに言えば、開発に貢献した人が大金を手にするのはある意味当然です。

4 ブラジル、英国、南アで発生した変異ウイルスはアストラゼネカのワクチン接種が原因ではないか。

⇒ワクチンメーカー別のマップを見てみると、アストラゼネカ製を承認している国はとても多いのですが、南アはアストラゼネカではなく、ジョンソン&ジョンソンとインド製の2種類しか承認していません。
ブラジルもファイザー製やインド製などを承認していて、そもそも仮説の前提条件が成り立っていません。

5 動画の最後に呼びかけている岡田教授の警告。
「最近は、政府の説明だけが正しいので、巷の情報に惑わされないように、という呼びかけがなされるようになりました。異論を許さない雰囲気があり、これではまるで太平洋戦争当時の大本営発表ではありませんか。テレビや週刊誌が政府に忖度し、真実を伝えなくなったのも由々しき事態です。ジャーナリズムの矜持を失ってしまったのですか。専門家と称する人たちが、ワクチンしか道はないと述べていることも大問題です。(中略)感染リスクのほとんどない健康な一般市民に、安全が全く保障されていないワクチン接種を強要するのは、もう犯罪でしかありません。皆さんの賢明な判断に期待しています。」

⇒かなりご立腹の様子です。
しかし、「政府の説明だけが正しい」とは聞いたことないですし、むしろ政府の説明に納得していない人が圧倒的に多いのではと思います。
「異論を許さない雰囲気」というのは、賛成派・反対派どちら側にもある程度言えると思いますので、「大本営発表」に譬えるのはいかにも大げさに感じます。
「テレビや週刊誌が政府に忖度し」ということは本当に起こっているでしょうか。
私がメディアをチェックする限り政府に批判的な論調も多いと感じます。
ワクチンの安全性を伝えている医療者は、医療的見地からそう述べているのであって、政府に忖度する必要もメリットもないのではないでしょうか。
「安全が全く保障されていないワクチン接種を強要するのは、もう犯罪でしかありません」という言葉に至っては、いろいろと極端すぎます。
これら最後の言説は科学的云々は関係なく、多分に先生個人の主観が強く出ている気がします。

私は常々その道の専門家の意見に耳を傾けることが大切であると思い、ブログではたびたびそのようなことを申し上げてきたわけですが、考えてみれば専門家の間でも異論があることは当然ですね。
また専門家の方々にもそれぞれ思想信条があり、データの解釈に影響を与えることがあることも念頭に入れる必要がある気がします。
結局のところ、できるだけ数多くの意見に接するということが大切になって来ると思います。

ちなみに岡田教授は、がん検診や高血圧の薬を否定する著書をお書きになっていますので、医師の中でも変わり種なのかなあ、と考えてしまいます。
EM菌で一躍有名になった琉球大学の比嘉照夫教授のような?

次のブログでは間違いなく、宗教的理由によるワクチン接種拒否の問題点を見てみます。


コメント(0)
トラックバック(0)

愕然
2021/03/02 16:08:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
渾身の記事を書いたのに、間違って削除してしまいました・・
気を取り直して、もう一度書き直し。
ぽちっと投稿ボタンを押して、ほっとしたのもつかの間、タイトルが変だったので、修正をして投稿し直しました。
そしたら、まさかの本文が消えていました・・

茫然自失

3回目書こうかどうか迷っています・・


コメント(2)
トラックバック(0)

気長にのんびりと
2021/02/15 17:08:31 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
先日このブログが敬愛する水谷潔先生に「発見されて」以来、たびたび先生のフェイスブックページに紹介をされるという目に遭い(笑)、恐縮しつつも、もしかしてめちゃくちゃ期待値が上がっていないだろうかと、内なるプレッシャーも感じていたりしなくもない今日この頃です。

本当に有難いことですが、私としてはあくまで自分のペースを考えながら、書きたいテーマが出て来たときに自由に書くというスタンスはキープしたいと思っています。
なので、そのうちパタッと筆が止まる可能性が68%くらいはあるかも。

こんな拙ブログを読んでくださっている方には感謝のしようもありませんが、くれぐれものんびりとコーヒーでも飲みながら、長い目で気楽にお付き合いいただけると幸いです。

と言いつつ、次のネタ準備中です(笑)


コメント(1)
トラックバック(0)

終末論(イントロ3)
2021/02/09 23:24:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
イントロの最後です(ほんとに長いですね💦)

獣の刻印の話題を続けますが、今まで「これこそが666だ」「これが獣の刻印だ」として候補に挙がったのがいったい幾つあったことでしょうか。(一説では666個くらいあるとか?(笑))
今の流行りは、ID2020、量子タトゥー、マイクロチップあたりでしょうか。
ちょっと前まではURLの一部に使われていたWWW(World Wide Web)、バーコード、クレジットカードなどの磁気リーダー、コンピューターそのものなどがそれじゃないか、と言われていました。
エナジードリンクの「モンスター」のロゴが666だと教えてくれた友人もいました。
アメリカの元大統領ロナルド・レーガンは、英語の綴りが「Ronald Wilson Reagan」と全部6文字ずつだから、彼がそうだとも言われたことがありました。
16世紀に宗教改革が行われたときには、マルチン・ルターはローマ教皇こそが獣だと言い、ローマ教皇は「それは、お前じゃ!」と反論したそうですが・・。

・・・で、どれなんですか?

冗談っぽく言いましたが、これらはそれぞれの時代や文化の中で真剣に議論する中で出てきた説です。
なので、決して茶化すつもりはありません。
しかし、そもそも論として、大切な何かが抜け落ちてないでしょうか。
それは、聖書の文脈の中で読み解くという、基本中の基本です。
「獣の刻印」「666」が書かれている当該箇所にはほかにどんなヒントが書かれてあるのか。
また著者がこれを書いた時代背景はどうだったのか?
著者自身はそもそもこれを何だと思っていたのか?
多くの学者によって、黙示録は紀元1世紀後半のローマ皇帝ドミティアヌスによる教会大迫害の時代に書かれたとされていますが、その真っただ中でこの書を読んだ人たちは、この言葉から何を連想したのか?

「終末論」という言葉から、私たちはついついこれから起こる未来の出来事だけに焦点を当ててしまいやすいですし、私たちが生きているこの時代こそが終末であると考えるなら、現代社会の中にその答えを見つけようとする試みは間違いとは言えません。
しかし、たとえ未来の出来事を含む預言書といえども、著者の意図や歴史を無視した自分本位の解釈は、生きた神の言葉に対する冒とくと言うと言い過ぎでしょうか。
いみじくも、聖書自身が語っています。
「聖書のどんな預言も勝手に解釈するものではないことを、まず心得ておきなさい。預言は決して、人間の意志によってもたらされたものではなく、聖霊に動かされた人たちが神から受けて語ったものです。」(第二ペテロ1:20−21)

ならば、文脈上どんな解釈をすべきなのでしょうか?
今回はイントロなので、具体的なことはこれからブログの中で書いていこうと思っています。
でも、一つだけ申し上げます。
当該聖句にはこう書いています。

「ここに、知恵が必要である。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。それは人間を指すのであるから。その数字は六百六十六である。」(ヨハネの黙示録13:18)

「人間を指す」ってはっきり書いていますよね?

当たり前です。
文脈上「獣」は反キリストですから。
なので、私的には〇〇チップとかはどう逆立ちしても人間じゃないので即アウトです。(ちなみに、今ポテトチップスを食べながら書いてます( ´∀` ))

「コロナウイルスのワクチンは獣の刻印なので、私は絶対に打たない」と宣言している人が何人もいます。
打つ打たないはもちろん個人の自由ですから、とやかくは言いませんが、聖書の解釈上あり得ない言説をYouTubeなどで脅迫まがいに拡散するのはあまり感心しません。(⇐かなり控えめに言ってます)
もちろん、副反応に対する不安があるので、打つかどうか迷っている、という話は医学的な話なので、話が別です。

*反論・異論など、冷静に真剣に議論したい方なら大歓迎です。


コメント(0)
トラックバック(0)

議会乱入の顛末
2021/01/07 14:24:15 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
今朝飛び込んできたニュースには、驚きを通り越して、がっかりと憤りが入り混じった何とも言えない気持ちになりました。
デモ隊同士の衝突が起きるのではないかという懸念はしていたので、前に1月6日の首都デモが平和裏に行われるようにと書いたばかりでしたが、まさか議事堂に乱入する事態に発展するとは。
世界の民主主義をリードしてきた偉大な国がこんな醜態を見せるとは、本当に残念です。

乱入したのは映像を見ても動機という観点からしても、トランプ支持派であることは疑う余地がありません。
この日に向けてトランプさんやその熱心な支持者らがこの日の首都集結を盛んに呼びかけ、何が何でもバイデンさんが大統領になるのを阻止するようにと訴えていましたから、トランプさんの責任は重大です。
熱心な支持者たちは、まさしくトランプさんの呼びかけに答えて行動したと言えるのではないでしょうか。
英語ですが、こちらの論説にある通りです。

この乱入事件を受けて、幾つかのリアクションがありました。
昨日のジョージア州決選投票で、民主党のワーノック牧師に破れた共和党のローフラーさんが、この事件に抗議の意思を込めて、バイデンさん当選支持を決めました。
元々彼女は100人を超える共和党議員と共に、当選無効を訴える議案に賛同していたのです。
潔い人だと感じました。
他にも共和党議員の中から、トランプ大統領を罷免すべきだという声が出ているというニュースもあります。
ツイッターで盛んにトランプ愛を告白していた人たちが急に静まったようです。
これを機に、扇動的な言説に惑わされていた人たちも、冷静に現状を分析し、今一度アメリカが一致の方向に向かうように行動していくことを願います。

しかし、見逃せない動きもあります。
今回の暴動は、トランプ支持者によるものではなく、極左であるアンティファがトランプ支持者を装って起こしたものだという陰謀論が一部で拡散されているということです。
この期に及んで、あり得ない言説を広めるような人こそ、ディープステートではないかと思ってしまいます。
最も、早速このアンティファ陰謀説に対するファクトチェックが行われて否定されています。(こちら
その中で、証拠として拡散されていた画像に写っていたのは、アンティファではなく、熱烈なトランプ支持&数々の陰謀説で知られるQアノンであることが明確にされています。

BLM運動が広まった5月以降、暴動を誰よりも糾弾したのはトランプさんやその支持者でした。
確かに一部で暴動があり、略奪行為、暴力行為がありました。
それは糾弾されるべきことですが、ほとんどのBLM運動が極めて平和裏に行われたデモであったということを彼らはあえて無視して、過激な部分だけにスポットを当て、「民主党は暴力的だ」「バイデンが大統領になるとアメリカは無法状態になり警察が機能しなくなる」などと盛んに煽り立てました。
実際には、まさしくBLM運動に乗じたアンティファらによる過激行動だったわけですが、今回の議事堂乱入事件の首謀者をアンティファであると決めつける人たちは完全な自己矛盾に陥っているわけです。
なぜって、もしアンティファがバイデンさんを支持する側であれば、バイデンさん当選を決める議会運営を阻止する理由が何もないからです。
サンドイッチマン風に言えば、「ちょっと何言ってるのかわからない」状態です。

クリスチャンとして、牧師として、この件で何ができるかというと、まったく心もとないです。
ただ、無駄に人を傷つける行為がこれ以上行われないように、民主的に憲法にのっとって政権移行がなされ、アメリカが正しくリーダーシップを発揮し、他国と協力しながら多くの諸問題に一致して取り組んでいくようにと祈るばかりです。

(追記:今議会中継を見ながら書いていますが、ペンス副大統領により開票結果の宣言が粛々と進められています。ペンシルベニア州の開票結果がアナウンスされたところで、早速ある上院議員から動議が提出されました。一つ一つの州の結果に対して、動議があるかどうかを問うシステムであることを初めて知りました。時間はかかりますが、いずれにしてもすべて否決され、バイデン大統領が確定するでしょう。)


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]