ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
3.11に思う
2016/03/11 17:06:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ
2011年3月11日。
あの日、テレビの映像から流れてきた凄まじい惨状は、とてもこの世のものとは思えませんでした。
テレビにくぎ付けになりながら、こんなことが今日本で起きていることに全く現実感を感じませんでした。

その次の日だったでしょうか、一本の電話をもらいました。
ロサンゼルスに住む、古いアメリカ人の友人からでした。
もう十数年も音沙汰のなかった人でしたが、震災と津波の報道を見て何とかして私に連絡をしてきたかったようです。
電話口で彼は日本のために祈っていること、何か支援ができないか考えていることを伝えてくれました。
そして次のようなことを、言葉を選びながら私に言いました。
「巌、これは神さまからの日本に対するメッセージだと思う。」
私は、彼の優しさと気遣いに心から感謝しつつも、「この災害が日本に対するメッセージだと思う」と言う彼の言葉には違和感を感じました。
本心では、「この震災は、イエス様を信じようとしない日本に対する神の裁きだ」と言いたかったのでしょう。

何か悲劇的な災害が世界のどこかで起きるたびに、これは神からの警告であるとか、神の裁きである、と言う人たちがいます。
もちろん、神の究極的な意志は私たち人間にはわかり得ませんから、そのような可能性がゼロとは言えないでしょう。
しかし、苦難にあった義人ヨブであれ、ヨハネ9章に出てくる生まれつき目の不自由な人であれ、ルカ13章のピラトに処刑されたガリラヤ人であれ、シロアムの塔の下敷きになった18人の人であれ、その災いが神の裁きでないこと、つまり彼らの罪や不義が原因でなかったことは明らかです。
昨年4月25日に起きたネパール大地震の時もそうでしたが、このような災害で亡くなる人の中には、あらゆる宗教の人たちが含まれています。
もちろん多くのクリスチャンも犠牲になりました。
神の裁きであるなら、なぜ信仰を持っていた人たちが死に、そうでない多くの人たちが助かるのか説明がつきません。
災害を神の裁きと宣言する時、私たちは被災者を二重の苦しみに合わせているのだと知らなければなりません。
一つだけ言えることは、あらゆる出来事は神の御手の中にあり、神の許しの中で起きているということ、究極的にはその一つ一つに意味があるということです。

2011年の11月に私は宮城県の気仙沼に行き、そこで2か月間滞在して教会を中心に被災地支援のボランティア活動をしました。
被災の現場の凄まじさもさることながら、被災した人々が語る生々しい体験談を聞くたびに、私は心が締め付けられ、涙が流れることもしばしばでした。
「辛かったですね・・・」
本当にそのような言葉しかでませんでした。
なかなか光が見えてこない、明日どうなるかもわからない中で、彼らは呻きながらも必死になって生きていこうとしていました。
私は支援物資を届けたり、支援コンサートのコーディネートをしたり、ささやかなお手伝いをしましたが、いわゆる「伝道活動」はしませんでした。
彼らのことを忘れないこと、祈り続けること、共にいること、それが私にできることではないか、と考えたからです。

あれから5年が経ち、私は本当に彼らのことを忘れなかったでしょうか。
本当に恥ずかしいことに、この1年間被災者のことを思い、彼らのために祈ったことは数えるほどしかありませんでした。
衝撃的な被災の現場を見、被災者の話に幾度となく涙したことすらも、記憶のかなたに押し込まれつつあることにはっと気づかされます。
あの気仙沼で出会った人たちは、どうしているでしょうか。
復興支援屋台村で一生懸命町おこしをしようとしていた人々、幼稚園の園児やご家族、仮設住宅で出会った人々・・
5年経ってもまだまだ復興は道半ばです。
福島第一原発の事故もまだまだ終息していません。
被災地に思いを馳せながら、今日は祈りを捧げる日にしたいと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

イスラム国による日本人人質事件について
2015/01/22 19:24:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ

イスラム国が二人の日本人を人質に取り法外な身代金を日本に要求してきました。
この記事を書いている地点で、支払期限までおよそ21時間ほどしか残されていません。
これまでのイスラム国の残虐極まりない行いを見るにつけ、絶望的な気持ちになります。
願わくは全能なる神の御手が動き、二人の日本人が守られるように。

人質の一人である後藤健二さんについては、一昨日事件が明るみに出てからほどなく、FBなどで彼がクリスチャンジャーナリストであるという情報が拡散されました。
また、私の知人の知人であるということ、非常に尊敬できる人物であることなどが伝わってきました。
とりあえず私にできることとして、教会の信徒に一斉メールを送り祈りの要請をいたしました。
次の日の祈り会では、「クリスチャントゥデイ」の後藤さんについての記事をプリントアウトして出席者に手渡し、皆で祈りの手を合わせました。
また、私の友人が緊急にChange.orgを通して作成した署名要請に応じて署名を行い、FBやメールで私の友人たちに拡散をしました。

小禄バプテスト教会では、常日頃から中東の不安定な政治情勢を覚えて、シリア、イラク、イラン、イスラエル、パレスチナなどの地域にキリストにある平和が来るようにと祈り続けてきました。
イスラム国やボコ・ハラムの残虐性がニュースで取り上げられ、多くの犠牲者や行方不明者が出てからは特にです。
ちなみに、イスラエルのためにも祈りますが、同時にパレスチナのためにも祈ります。
わけ隔てなく祈ります。
これが小禄バプテストの祈りのスタンスです。

今回の後藤さんと湯川さんについては、やはり事件の衝撃が強く、特別に祈っています。

FB上では幾人かのクリスチャンから、「後藤さんがクリスチャンだから祈る、というのはおかしいのではないか?」とか、冷めた言葉を投げかける人が見受けられます。
私たちの教会では前述のように、中東情勢について普段から祈祷課題に覚えているので、仮にそのように批判されても反論できますが、仮に普段祈っていない人が、この緊急事態に後藤さんを覚えて祈ったとしても、いいのではないかと思います。

もし、私の教会で教会に通っている人が大きな事件や事故に巻き込まれたら、すぐさま私はありとあらゆる教会関係者にその人の安全のために祈ってくれるように、要請するでしょう。
私の息子がネパールでバイクにはねられ意識不明の重体になったとき、ネパールの教会の牧師がすぐに他国のバプテスト教会のリーダーに祈りのリクエストを送り、あっという間にその祈りの輪が世界中に広がったのを目の当たりにし、そして神様がその祈りに答えてくださったのを体験し、どれほど私は感謝したことでしょうか。
これこそクリスチャンの特権です。
ただで使える特権ですから、どんどん使うべきです。

後藤さんのご家族や教会の方たちは、今この時も悲痛の中におられ、何とか救われるようにと祈っていることでしょう。
主にある兄弟が危険な状況にあるというのに、祈らずにいられるでしょうか。

主よ、御手を動かしてください。
この困難のただ中で奇跡を起こしてください。
天を押し曲げ降りてきてください。




コメント(0)
トラックバック(0)