ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
ヨハネの黙示録・・・
2014/02/13 13:39:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
昨日の「聖書の学びと祈り会」では、初めてヨハネの黙示録を取り上げてお話しました。
普段テキストとして使っている、日本バプテスト連盟発行の「聖書教育」の聖書日課に基づいているだけなのですが・・・

ヨハネの黙示録はなかなか手ごわいです。
牧師泣かせであります。
でも、この書が大好きな牧師も中にはいます。
もちろん全部ではありませんが、その人たちの一部の考え方、「解釈」の仕方が時として、私とは随分違うなあ、と思うことがあります。

まあ、こんな風に軽く書き始めましたが、本心を言えば、あまりに突飛な解釈については、はっきりと「それ、違うでしょ?」と言いたくなります。
それはヨハネの黙示録に限定されることではありませんが、まあはっきり言ってしまえば、それを含む「終末論」全般についての考え方です。
しかし、現状でそのように私とは違う解釈をする牧師と面と向かって議論することはありませんし、私の本意でもありません。
一応、あの人たちはあの人たちの考え方があるし、私は受け入れないが、まあほっとこう、という風に考えています。

ただし、私の教会でもし、明らかに私が受け入れがたい聖書解釈に惑わされている信徒がいるとしたら、あるいはそのような解釈を広めようとする動きがあるとしたら、話は別です。
もちろん、現在そのような状況はないので安心してますが・・・。
万が一そのような事態が起こった場合には、私は厳として、「正統な」解釈をもって説得、若しくは反論を試みるでしょう。
一牧師として譲れない部分がわたしにはあります。

なんで、こんなことを書くのかといいますと、私もフェイスブック、ライン、ツイッターなどSNSを利用して、クリスチャンやそうでない人たちも含めて、実に沢山の人達と繋がっているわけですが、非常に身近な人たちを含めてかなりの数のクリスチャンたちの意見に、私が簡単に賛同できない内容の投稿が見受けられたりするからです。
ここでは具体的に取り上げることは止めておきますが、どこかで私も意見をまとめて載せることができればと思います。

意見が違う・・・・これはいいことですよね。
神さまは私たちを一人一人違うように作られましたので、意見は違っていて当然です。
私もその意味では、違う意見に極力耳を傾けようと努力しています。(まだまだ足りない部分もありますが)
でも、その違う意見を通して、それを提唱している人たちが神格化されてしまったり、絶対視されている場合、大きな注意が必要ですね。
何か、神様そのものではなく、それを言う人たちの言葉が絶対視されているような・・・
そして、もっと怖いことは、それに反対意見を唱えようものなら、「神の御心に反している!」「神が建てられた器が語った言葉が間違っているとでも?」的なことを言われかねない雰囲気があること。

私も、教会間でキリストにある一致を求めています。
そしてお互いの違いを乗り越えて、交わりを深めていければと思っています。
でも、それにはお互いが歩み寄る事が不可欠ですね。
大多数の意見や最近のムーブメントに取り込まれることが、暗黙の内に強要され、今まで培われてきた意見が見殺しにされてしまうことが、くれぐれも起こらないようにと、部屋の片隅で祈らされています。


コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

礼拝に出席させて頂きたいと思っています。礼拝に出席する教会を探しています。
どうぞ、宜しくお願い致します。
2014/09/18 13:13:39 [ 比嘉明 ]

コメントありがとうございます。
長い間放置しているブログに書き込みをしていただき、大変恐縮です。
現在はフェイスブックのページに情報を流すことが多いですので、よければそちらもご覧ください。(小禄バプテスト教会で検索すると出ると思います。)
礼拝に出席できる教会をお探しとのこと。
ぜひ、小禄バプテスト教会にお越しくださいませ。
午前の礼拝は11時から、夕方は19時からです。
場所はウェブサイトのトップページにありますのでご参考なさってください。
何かわからないことなどがあれば、ご遠慮なくお聞きください。
それでは、お待ちしております。
牧師 東風平巌
2014/09/18 15:00:26 [ 比嘉様 ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。