ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
イスラム国による日本人人質事件について
2015/01/22 19:24:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 時事ネタ

イスラム国が二人の日本人を人質に取り法外な身代金を日本に要求してきました。
この記事を書いている地点で、支払期限までおよそ21時間ほどしか残されていません。
これまでのイスラム国の残虐極まりない行いを見るにつけ、絶望的な気持ちになります。
願わくは全能なる神の御手が動き、二人の日本人が守られるように。

人質の一人である後藤健二さんについては、一昨日事件が明るみに出てからほどなく、FBなどで彼がクリスチャンジャーナリストであるという情報が拡散されました。
また、私の知人の知人であるということ、非常に尊敬できる人物であることなどが伝わってきました。
とりあえず私にできることとして、教会の信徒に一斉メールを送り祈りの要請をいたしました。
次の日の祈り会では、「クリスチャントゥデイ」の後藤さんについての記事をプリントアウトして出席者に手渡し、皆で祈りの手を合わせました。
また、私の友人が緊急にChange.orgを通して作成した署名要請に応じて署名を行い、FBやメールで私の友人たちに拡散をしました。

小禄バプテスト教会では、常日頃から中東の不安定な政治情勢を覚えて、シリア、イラク、イラン、イスラエル、パレスチナなどの地域にキリストにある平和が来るようにと祈り続けてきました。
イスラム国やボコ・ハラムの残虐性がニュースで取り上げられ、多くの犠牲者や行方不明者が出てからは特にです。
ちなみに、イスラエルのためにも祈りますが、同時にパレスチナのためにも祈ります。
わけ隔てなく祈ります。
これが小禄バプテストの祈りのスタンスです。

今回の後藤さんと湯川さんについては、やはり事件の衝撃が強く、特別に祈っています。

FB上では幾人かのクリスチャンから、「後藤さんがクリスチャンだから祈る、というのはおかしいのではないか?」とか、冷めた言葉を投げかける人が見受けられます。
私たちの教会では前述のように、中東情勢について普段から祈祷課題に覚えているので、仮にそのように批判されても反論できますが、仮に普段祈っていない人が、この緊急事態に後藤さんを覚えて祈ったとしても、いいのではないかと思います。

もし、私の教会で教会に通っている人が大きな事件や事故に巻き込まれたら、すぐさま私はありとあらゆる教会関係者にその人の安全のために祈ってくれるように、要請するでしょう。
私の息子がネパールでバイクにはねられ意識不明の重体になったとき、ネパールの教会の牧師がすぐに他国のバプテスト教会のリーダーに祈りのリクエストを送り、あっという間にその祈りの輪が世界中に広がったのを目の当たりにし、そして神様がその祈りに答えてくださったのを体験し、どれほど私は感謝したことでしょうか。
これこそクリスチャンの特権です。
ただで使える特権ですから、どんどん使うべきです。

後藤さんのご家族や教会の方たちは、今この時も悲痛の中におられ、何とか救われるようにと祈っていることでしょう。
主にある兄弟が危険な状況にあるというのに、祈らずにいられるでしょうか。

主よ、御手を動かしてください。
この困難のただ中で奇跡を起こしてください。
天を押し曲げ降りてきてください。




コメント(0)
トラックバック(0)