ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
平和について
2018/06/18 08:20:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 一般
6月23日慰霊の日が近づいてきました。

小禄バプテスト教会では、この日(もしくはその日に近い土曜日か日曜日)に平和学習として戦跡を訪ねるのが恒例になっています。
これまでに訪れた場所は、海軍司令壕跡、対馬丸記念館、平和記念資料館、平和の礎、南風原文化センター、チビチリガマ・シムクガマなどです。
今年度はどうしようかと、数カ月前から思いめぐらしていたところ、地元小禄では沖縄戦の様相はどうだったのかとふと気になり、様々な資料に当たり始めました。
小禄といえば、現在の那覇空港はもともと小禄飛行場と呼ばれ、太平洋戦争を見据えて作られた軍事飛行場であったことは有名です。
そこからほど近い現豊見城市の海軍司令壕跡に日本軍の指揮をする司令室がありました。
小禄はまさにその司令室と飛行場の間に位置していますから、戦闘が穏やかだったはずはありません。
実際に1945年6月上旬から中旬にかけては、梅雨の中まさしく泥仕合となり、米軍、日本軍、地元民の大勢が犠牲になるような阿鼻叫喚の様相が小禄地域を覆いつくしたようです。
これまでも知らなかったわけではありませんが、調べれば調べるほど、小禄での戦闘が他の地域同様に悲惨であったことが、改めて浮き彫りになりました。
それで、今年度はためらうことなく、私たちの足元で平和学習を行おうと思い立ちました。

すでに解散した1フィート運動が1990年代末に調査した資料では、小禄地域だけで24の防空壕が確認されています。
ただ、そのほとんどは宅地造成や安全のために埋め戻され、沖縄戦当時の状況を知ることができるところは今ではごくわずかになってしまいました。
その中で、田原公園内のことぶき山壕と、2回目になりますが小禄に隣接する旧海軍司令壕跡を訪ねることにしました。
併せて教会でビデオを観ながら、みんなで戦争と平和について考えたいと思います。

昨年チビチリガマとシムクガマに行ったある小学生の女の子は、暗いガマの様子が怖かったらしく、今年の平和学習には行かないと言っています。
もちろん、怖がっている子を無理やり連れていくことはしませんが、沖縄戦当時そんな暗くて怖い場所に逃げざるを得なかった年端もいかない子どもたちもたくさんいたわけで、その子にとっても沖縄戦のむごさを知る一つの体験だったのかなと思います。

そんなわけで、よい学習ができればいいなあと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)