ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
すべての時
2020/12/01 11:12:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 教会
今日から12月です。

私の今日の一日は、祈り会でいつもお祈りの課題に挙げられ、みんなで癒しのためにお祈りしていたF姉が天に召されたというラインメッセージから始まりました。
しばし、F姉のことを思い起こしました。
年齢的には、十分に地上での生涯を全うしたと言えますが、もう二度と地上では会えない辛さはどんな時でも悲しく寂しいものです。
F姉は、私の実家があった大宜見村でほぼ毎月行われていた家庭集会に娘と一緒によく来られ、お得意の昆布の煮つけを大量に作って持ってきてくださっていました。
シンプルな味付けでしたが、それが実に素朴でおいしかったです。
特に年々私の頭の毛が寂しさを増していく中で、無駄な抵抗とは知りつつも、私は誰よりもたくさんいただいていました。
そして戦前、戦中、戦後と苦労を背負って生き抜いてきた話、その人生の途上で出会ったイエス様への感謝を繰り返し語ってくださいました。
お顔のしわの数だけ、神様の恵みが刻まれているように思えました。

主の御許に召されて、すっかり平安を得ていることでしょう。
F姉のご家族に神様の慰めが豊かにありますように。

「何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時
植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時
破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時
嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時
抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時
保つ時、放つ時
裂く時、縫う時
黙する時、語る時
愛する時、憎む時
戦いの時、平和の時。」
(コヘレトの言葉3章1−8節)


コメント(0)
トラックバック(0)