ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
クリスチャンの反応
2021/01/07 21:34:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 教会
今日3つ目の投稿・・( ´∀` )

前にこの動画を紹介しました。(預言者たちの声を聞く
この動画の中でトランプが再選すると「神からの啓示」を受けて預言した「預言者」たちは、これからどのような反応をされるのでしょうか。

先ほど、私が登録しているチャンネルのある動画を見ました。(こちら
ラジオ番組のDJをしているマイケル・ブラウンという人はペンテコステ系の神学者です。
実は、この人と、私の神学校時代の恩師であるクレイグ・キーナー先生の共著である終末論に関する本を翻訳中なのですが、ブラウン先生自身は、これまでの動画で何度も自身がトランプを支持していることを明言しています。

ところが、昨日のDCでの暴動を受けて出した動画では、完全にトランプさんに怒り心頭。
「この暴動の全責任はトランプにある!」
「このような形で選挙結果を覆そうとするのは間違いだ。」
「彼は危険な国粋主義者だ。」
「彼が再選すると語った預言者は全員間違っていた。」
と、得意のマシンガントークでトランプさんを完全に糾弾。
すっかり、トランプさんに愛想をつかしてしまったようです。

このように、トランプさんの本性に気づいてそれをSNSでシェアしてくださる人はまだいいと思います。
しかし、そのような人ばかりとも限りません。
ツイッターでは、早速「ペンスはトランプを裏切った」という趣旨の投稿がたくさん見られますし、トランプさんのアカウントを凍結したツイッター社やフェイスブック社に対して、「言論封鎖」だとか「中共の手に落ちた」と言って、この期に及んでなおトランプさんに忠誠を誓う人たちがいることがわかります。

日本のクリスチャンはどう反応するでしょうか。
昨日もある有名なクリスチャン弁護士が、ツイッターで「私はトランプの再選を信じる。神が彼を選んだからだ」みたいな趣旨の投稿をしていて、私はげんなりしました。
なぜ、神がトランプさんを選んだとそこまで自信をもって言えるのでしょうか。
トランプさんのこれまでの差別的な発言、人格攻撃、自己中なふるまいには一切目をつむるのでしょうか。
一国の政治家が誰になるかを、すべて神がお決めになるのでしょうか。

もちろん、自分の支持する政治家が当選するように祈ることも、祈るように呼び掛けることも自由です。
しかし、少なくとも祈った結果として、相手候補が選ばれたならば、なぜそれを神の御心と受け取ることができないのでしょうか。
いみじくも、トランプさんが大統領であった4年間、アメリカや日本の原理主義的クリスチャンが、ローマ書13章1-7節の「人はみな、上に立つ権威に従うべき」を盛んに引用しているのを見かけました。
そうやって、反トランプ的発言をするクリスチャンを牽制してきたのです。
今まさにこの御言葉はブーメランのように、それを発した人たちに帰ってきているのではないでしょうか。
たとえ支持しなくても、これからは新しく選ばれた大統領のために祈っていくべきだと思います。
その上で、もしバイデンさんが正しくない政権運営をしたら、厳しく問いただしたらいいのではないでしょうか。
そして2024年の選挙で共和党候補を応援したらいいと思います。
それが民主主義というものです。

今日一日でだいぶいろんなことを書きました。
偉そうに書いていますが、私も決して政治に明るいわけではありません。
一クリスチャンとして、一牧師として、気づいたこと感じたことを文字にしているだけです。
何か間違ったことがあれば、ご指摘いただければと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。