ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
終末論(イントロ1)
2021/02/08 17:14:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
終末論・・・


さて、どっから手を付けていいやら・・

いきなり「じゃーん!ヨハネの黙示録にこんなことが書いてまーす!」というやり方は、個人的に好きじゃないです。
終末論=黙示録という考え方がそもそも好きじゃない。
聖書は多くの個所で終末について扱っています。
ということは、聖書的終末論を述べようと思えば、旧約聖書の、特に預言書は絶対に外せないし、福音書においてイエス様が語られた言葉や、パウロやペテロなど使徒が記した言葉をまんべんなく拾い上げ、丁寧に読み解いていく必要があります。
その中で、それらが歴史上の出来事にどう符合してきたか、また書かれた当時どう解釈されていたのか、彼らが見つめていた「世の終わり」と私たちが考えるそれとは同じなのか、などは特にじっくり学ぶ必要があります。
この作業だけでもめちゃくちゃ大変で膨大な時間を要します。
なので、ちょこっとその手のサイトを調べて、「要するに終末ってこんなことが起こるんだよね」としたり顔で語る方に対しては、「そんな甘いもんじゃないわ!」とびしっと申し上げたいと思います。

教会の学び会では、まず福音書の記述(マタイ24〜25章のオリーブ山の説教など)からスタートしてそれから黙示録に入り、今も続いていますが、このブログではもっと自由に書き連ねていきます。
特に次の2点に注目したいと思います。

1.終末論って歴史的にどんな変遷をたどり、今どのような考え方があるのか
2.現代の大きな社会問題、特に新型コロナウイルスやワクチン接種などは終末論的にどう考えればよいのか

常にこの順番で秩序正しく書くというのではなく、こういった要素を織り交ぜながら、という意味です。
私はこれでも一応科学畑の出身なので、終末論も論理的・科学的解釈に合わないと途端に拒絶反応を起こすタイプです。
今まさに私のお肌に合わない(?)終末論が、怪しい動画を中心に大輪の花を咲かせています。
私のお肌に合わないだけでなく、私の聖書解釈(きわめて正統な解釈だと思っていますが)とは全く相容れない内容のものがあとからあとから湧いて出てきています。
なぜ、これらの解釈を私がおかしいと感じるのか、可能な限りシェアしていきたいと思います。

願わくは、このブログに目を留める方が、終末論を通して神が計画されている壮大なドラマを知り、神の愛に気づかれますように。


コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

終末=黙示録と考えて、黙示録を「ノストラダムスの大予言」のように読み解くことリーダーが賞賛、支持されるのは、残念でなりせん。ご指摘の通り、終末論の歴史を提示していただくことで、聖書的な終末論に読者の目が開かれることを期待しています。
2021/02/09 14:31:36 [ 水谷潔 ]

水谷先生、またまた投稿ありがとうございます。
仰る通り、エキセントリックなものほど人々は飛びつき、拡散する傾向にあります。
実は、かつての私もそうでした。

地味な作業ですが、終末論の歴史を学ぶことが大切ですね。
2021/02/10 17:24:17 [ 小禄バプテスト教会 ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。