ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
大地震は増えている?
2021/02/14 05:05:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 聖書
昨晩遅く、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震がありました。
何年かぶりの震度6強で、震源地近くの揺れはかなりのものだったと思います。
東北や北関東に住んでいる私の知人が何人もSNSで近況をアップされていました。
現在も広範囲で停電が続いているようです。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

大地震は終末における一つのしるしとして聖書に記されています。
中近東も地震の多発地帯ですが、日本も世界有数の地震国ですから、数年に一度は大きな地震に見舞われます。
そんな中で、このような話を教会内外で聞いたことはないでしょうか?
「地震の頻度は、以前より明らかに高くなっている。」
「最近は巨大地震が増えた。これはいよいよ終末が近いことの証拠だ。」
などなど。

ある有名な牧師は、20世紀が始まるまでの1900年間より、その後の100年間の方が大地震が多く発生している、と言って終末論を熱く語っていました。
これは結構鵜呑みにする人は多いと思います。

しかし、意外に思われるかもしれませんが、実は地震の観測が始まって以来、地震の頻度が高まっているというデータはありません。
地震の研究において最も権威のある米国地質学研究所地震情報センター(英語)の解説では、広範囲な観測網の発達や観測機器の精度の向上によって、以前より格段に多くの小規模な地震まで観測できるようになっているが、M7クラス以上の大地震は年平均16回くらいで、年によってばらつきはあるものの、頻度は統計を取り始めて以来ほとんど変わっていないとのことです。

例えば南極の近くでM8クラスの大きな地震が起きても、日本にいて体感することはありません。
100年前なら、地震が起こっていたことさえ誰も気づかなかったでしょう。
しかし今や、地球のどの地点でどの規模の地震が起きたかという情報はあっという間に手に入ります。
多くの地震の情報に触れることができることで、地震の頻度が高くなっているような錯覚に陥っているのです。

さらに言えば、地震計が発明されるまでは地震のエネルギーの大きさを測る基準がそもそも存在しないのに、19世紀末までに起きた大地震の規模や数をどうやって調べられるでしょうか。
実際に大地震によって多くの建物が倒壊したという記録が残ってたとしても(実際文献は沢山あると思いますが)、その建物がそもそも耐震設計されていませんから、現在と比較しようがありません。

「なーんだ、そうだったのか。終末の一つのしるしかと思っていたのに、心配してしまった。」
と胸をなで下ろしましたか?
終末を楽しみに(?)していた人は、もしかしたらがっかりしたかも?

ちょっと待ってください。
イエス様が語られた言葉をよく聞いてみましょう。

「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、あちこちで飢饉と地震が起こります。」(マタイ24:7)
「それからイエスは彼らに言われた。『民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい光景や天からの大きなしるしが現れます。』」(ルカ21:10-11)

イエス様は、神殿の崩壊と終末についてオリーブ山で弟子たちに語られましたが、決して「大地震の頻度が高まる」とは語っていないのです。
「終末が近づくと(あるいは神殿の崩壊が起こる前には)、あちこちで(大きな)地震が起こります。それだけでなく、飢饉も起こります。疫病も起こります。国同士、民族同士の争いも起こります。これらがサインですよ。」と語られたのです。
これは、そういった出来事の頻度が実際に高まることを言われたのではなく、「そのような情報をたくさん耳にすることになるでしょう」と言われたのだと私は理解しています。

とするならば、今あらゆるメディアを通してこうした情報が絶え間なく私たちの目や耳から入って来る時代は、たとえ大地震の頻度が高まる傾向にあると科学的に証明されなくても、終末の予兆を感じさせるのに十分と言えるのではないでしょうか。
ルカに書かれてある「疫病」など、コロナ禍真っただ中の現代には重く突き刺さります。
根拠の薄い、あるいは誤った科学的データを使って「終末っぽい」演出をする必要はないのです。
むしろ必要以上に終末観を煽ることで、落ち着いた生活から離れさせ、浮世離れした信仰にならないとも限りません。

誤った終末思想の多くは、聖書の読み違いや論理的思考の欠如、思い込みの強さなどがその原因の一部であるように思います。
もちろん、私もその罠から完全に免れることはできませんので、慎重には慎重を期して学びを続けていきたいと思います。


コメント(2)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

地震の翌日にタイムリーな投稿をありがとうございます。早速、拙FBにて、紹介させていただきました。多くの方にお読みいただきたく願っています。
2021/02/14 16:04:03 [ 水谷潔 ]

いつもありがとうございます。
取り上げていただき、また共感していただき恐縮です。
2021/02/15 17:34:18 [ 小禄バプテスト教会 ]


▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。