ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
新型コロナワクチンは安全か(5)
2021/03/31 16:53:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 キリスト教
敬愛する水谷潔先生が、また拙ブログをフェイスブックで紹介してくださり、誠に恐縮をしております。

実は先生が幾つか前の投稿で、「某大御所牧師」の投稿をいわゆる注意喚起のために書かれていましたが(こちら)、その内容と関連した有用な文書をあるサイトに見つけたので、ぜひ紹介させていただきたいと思いました。

文章は「フォーカス・オン・ザ・ファミリー(FOTF)」という大変有名な保守派キリスト教団体が出しているものです。
FOTFは「思い切ってしつけましょう」などの多くの著書がある米国の心理学者でありクリスチャンカウンセラーであるジェームス・ドブソン氏が立ち上げ、米国のみならず日本の教会でも家族・子育て問題の分野において大きな影響を与えています。
また日本のファミリー・フォーラム・ジャパンはFOTFの協力団体です。

FOTFは、聖書を字義通りに解釈する原理主義的信仰をベースに、人工中絶反対(プロライフ)や婚前・婚外交渉反対、LGBT反対の立場を明確に打ち出していることでも知られています。
この団体の医療チームが、新型コロナワクチンと中絶された胎児の細胞株との関連について見解を述べています。
これによれば製薬会社によって細胞株を使っているところとそうでないところがあるとのこと。
日本でもワクチンの種類を選べるようになるそうなので、接種に際して気になる人は参考にするといいのではと思います。
全文を和訳して紹介します。(原文はこちら

さらに、英語ですがFOTFが出しているワクチン接種全般に関しての動画はこちら
下記声明文作成にも関わっている保守派クリスチャン医療者二人にインタビューしていますが、お二人ともコロナワクチンについての見解は、これまで私が紹介してきた医療者同様肯定的です。

*追記:上記動画のサイトには、動画以外にも、ワクチンに関する様々な疑問に答えるコーナーがあります。英語ができる方はぜひご参考ください。

==================

フォーカスオンザファミリーの医療者リソース評議会からの声明

2020年末までに、世界で7400万人の新型コロナウイルス(COVID-19)による感染者が報告され、160万人の人たちが亡くなりました。

この病気についてはまだ不明な点がある一方で、治療や予防の方法についてはいろいろなことがわかってきています。新型コロナウイルスの拡散を食い止め、そして社会を正常な状態に戻すために広く期待されている一つの手段はワクチン開発です。

ワクチンはウイルスや抗原として知られるバクテリアの一部を、免疫反応を刺激するために体内の免疫系統に注入することによって作用します。抗原は、不活化したものや弱毒化したウイルスを直接に、あるいはmRNA のような分子を通し、体内の細胞に抗原を生成させる設計図を用いることで生起します。これらの抗原は、ウイルスなどの侵入者が入ってきたときに免疫系統を活性化し、これを記憶させ、広範囲な防御態勢を築きます。

ワクチンにはまだ多くの疑問があるものの、新型コロナウイルスの拡散を食い止めるの効果が明らかになるものと期待されています。最近認証を受けたワクチンは安全性や効果については保証されている一方、プロライフ(人工妊娠中絶反対派)支持者の間でよく議論される、ワクチン開発の過程における中絶された胎児の細胞株の使用に関する懸念があります。

いくつかの新型コロナワクチンの開発と製造過程で使用されている2種類の胎児の細胞株はHEK293とPER.C6.と呼ばれるものです。HEK293は1972年に中絶された胎児に由来しています。PER.C6.は1985年に行われた中絶から分離されました。(それ以降は、これらの細胞株の維持のために中絶は必要としていません。)

良いニュースは、いくつかの製薬会社は中絶された胎児の細胞株にまったく依拠しないワクチンを手掛けていることです。他の会社は、あるテスト段階でこれらの細胞株を使用することはあっても、細胞株そのものを使ったワクチンは製造していません。モデルナ社とファイザー社それに共同開発社であるドイツのビオンテック社のmRNAワクチンは、研究所で合成され、いずれの細胞株をも使用せずに製造しています。

残念ながら、いくつかのワクチン製造会社は新型コロナワクチンの開発と製造の過程において中絶された胎児の細胞株を使用しています。それらの中には、PER.C6.を使用しているジョンソン&ジョンソンとその子会社ジャンセン、HEK293を使用しているアストラゼネカ社のワクチンがあります(この2社だけとは限りません)。

これらの細胞株の使用は多くのプロライフを信条とする人たちの倫理的懸念を引き起こすもので、胎児の細胞株を使って製造されたワクチンはこれまでも接種を躊躇する人たちを生み出してきました。

受胎をしてから自然に亡くなるまで、人命は神聖なものとして扱われるべきで、決してその価値を貶めることがあってはなりません。ワクチン製造においては、倫理的規範を守ることに全力を尽くすべきで、決して中絶に頼ることがあってはなりません。フォーカス・オン・ザ・ファミリーの医療者リソース評議会は、中絶された胎児の細胞株を使用していないワクチン開発者に感謝を表すとともに、すべての製造会社に対し、命の尊厳を守る方法と技術を用いることを求めます。

(追記 4/9)
*上記文章の翻訳とブログへの掲載はフォーカス・オン・ザ・ファミリーの許可を得ています。
© 2021, Focus on the Family. Used with permission.


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。