ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
日々雑感を書いていきます。無精者なので更新は気の向いた時・・・・ということであしからず!
怪しい「祈祷課題」を斬る(2)
2021/09/21 13:08:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 キリスト教
私はトマスのように疑い深い(?)性格なので、これまで何度も書いてきているように、「本当にその情報あってる?」と確かめなければ落ち着かない性分です。
なので怪しいと思った文章はファクトチェックにそれなりに時間をかけます。

3年前に送られてきた文章で、私がすぐに怪しいと感じたのは、次の3点です。

1)キリスト教が原則禁止されているイラクに229名もの宣教師が本当にいるのか
もちろん調べたわけではなく、あくまで感覚的なものですが、ここで宣教師と書かれているのは一般的な認識だと欧米から来た白人の宣教師でしょう(もちろん韓国をはじめとするアジアの宣教師も一定数考えられますが、あくまで一般的な認識です。)
ただでさえ目立つ白人が宣教を目的として200人以上も潜入しているのはいかにも不自然です(ビザを取るだけでも大変です)。

2)メディアでまったく報道がなされていない
自国の民間人が外国で処刑にされるということになれば、たった一人であったとしてもその国では大騒ぎになり、外交問題に発展しかねません。(ISに殺害された後藤健二さんの例を見ても明らかです)。
数百人の人が今日、明日処刑になるかもしれないという話は国際的な大問題で、それが本当であれば世界中のメディアが大々的に報じるでしょう。
ところが一切そのような報道はありませんでした。

3)アフリカ在住の宣教師がどうしてその情報を知ったのか
情報の発信元がチワワの宣教師JUDITH CARMONAとなっています。
チワワがどこに国の地名かパッと出てきませんが、アフリカであるということは中東についての一次情報を正確に得られる国とは思えません。
又聞きであるか、誤情報の可能性が高いと思われます。

以上のことがすぐに頭をよぎったので、ネットでその情報を調べたところ、それがデマであることがすぐに分かりました。(このような情報は英文サイトが確実です)
同じように情報を疑った人がすでにファクトチェックをしていてネットで公開していたのです。

今回、アフガン情勢の混乱に乗じた形で、再び同じような「祈祷課題」が国名を変えただけで拡散されているわけです。
229名という数字、発信元が同じJudith Carmonaさん(カタカナ表記は微妙に違っていますが)であることから、3年前のものの焼き直しであることは一目瞭然です。
もちろん、これもファクトチェックされていますので、英文ですがサイトのリンクを貼ります。


このサイトによれば、最初にこの情報が出回り始めたのは2009年のことで、幾つかのバージョンを経て今日に至っているとのこと。

これらを拡散している多くのクリスチャンは、普段から良く祈る純粋で献身的な方たちだと思います。
まったく悪気はなく、イラクやアフガンの情勢を憂えて真剣に現地のクリスチャンが守られるように祈っているのでしょう。
それだけに、最初にこのネタを発信した人に私は腹立たしさを感じます。
特に、「今日の午後」とか「明日」と書くことで緊急性を強調し、情報を受け取った人にファクトチェックする猶予を与えず拡散を促しているように思えるからです。
「祈祷課題」と称していますが、これではまるで、昔流行った「不幸の手紙」あるいはいわゆるチェーンメールそのものではないでしょうか。

それではこれを最初に流した人(Judith Carmonaかどうかはともかく)は、不幸の手紙を流すのと同じような愉快犯でしょうか。
私はそうではないと感じます。
恐らくは、イスラム教がいかに悪魔的で野蛮な宗教で、クリスチャンはその勢力と戦っていかなければならないと考え、分断を煽る原理主義的な思想を持った人だと思います。
だから、この人にとってはアフガンでもイラクでもイスラム教の国であればどちらでもよかったのではないでしょうか。
これは果たして宣教と言えるでしょうか。
嘘を拡散させてまでイスラム教徒と対立することを神は願っておられるのでしょうか。

前回のブログで書きましたが、アフガン情勢を表面的な現象だけでジャッジすべきではありません。
タリバンの暴力性や非人権主義は厳しく非難されるべきですが、アメリカをはじめとする西洋諸国の対応や彼らが支援してきた現地政府の汚職や腐敗も同様に非難されるべきです。

キリスト教国やキリスト者は、分断ではなく常に平和と愛に根ざして宣教を志していくべきで、不必要な摩擦や緊張を生じさせるのは宣教とは言い難いものです。
私は完全平和主義・完全非暴力主義では決してありませんが、アフガンの混乱を見る時に、やはりアメリカが仕掛けたアフガン戦争は誤っていたと思います。

結論として、「祈祷課題」が回って来たときにすべてを疑う必要は全くありませんが(そんなことしていたら大変です)、国際的な大きな課題である場合には一呼吸おいて冷静に事実関係を確認する作業は大切だと思います。
その上で、事実であることが分かれば、できる範囲で情報を共有し、心からみんなでその課題を祈ることができればいいのではと思います。
わたしたちの教会でもアフガン情勢についての課題を共有してお祈りしています。


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。